CUCURU(ククル) > グルメ > 閉店前に完売することも!?SNSでも話題のやみつき絶品パン

閉店前に完売することも!?SNSでも話題のやみつき絶品パン

最近、パン愛好家から注目を集めているパン屋、「3ft(サンエフティ)」。店内にアート作品のように並べられたパンは、噛めば噛むほどに旨味が感じられる深い味わいがあります。季節限定や、その日限りのパンもあり、遠方でもわざわざ足を運びたくなるお店です。

アートギャラリーのような空間に並ぶパン

和歌山市堀止西にある「3ft(サンエフティ)」は、パン職人なかむらたかしさんが手がけるパン屋です。昨今、さまざまな雑誌のパン特集で取り上げられたり、パン好きの方がSNSやブログで紹介したりなど、注目を集めているお店です。

真っ白な壁とコンクリートの床。まるでアートギャラリーのような店内には、パンが一つひとつ作品のようにディスプレイされています。無機質な空間と無骨な手作りパンの組み合わせが不思議とマッチし、一般的なパン屋のイメージとは異なるスタイリッシュな雰囲気です。
3ftのパンは、数種類の酵母を使って長時間発酵させているのが特徴。じっくりと時間をかけて発酵させることで生地が熟成し、小麦の甘みや香りが引き出されるのだそう。噛めば噛むほどに感じられる深い味わいは、毎日でも食べたくなるほどで、県外から車で通って買いに来るファンも多いのだとか。

もっちりとした食感とコクにやみつき。「お角」

こちらは角型の食パン「お角」。一般的な食パン一斤より、少し小ぶりなサイズ感です。バターミルクパウダーを使用していて、キツネ色に焼きあがった耳からは香ばしいミルクキャラメルの香りがします。しっとりした食感と、ぎゅっと詰まったようなもっちり感が特徴的で、食べると、ほんのりとした酸味と小麦本来の甘さが口の中に広がります。軽くトーストすれば、さらに風味が引き立ち、表面はカリッと、でも中のもっちり・しっとりとした食感はそのままに残ります。一度味わえば、普段食べている食パンとは全く違った食感と味わいに驚きながらも、やみつきになること間違いなし。朝食やランチに、毎日食べても飽きのこない美味しさです。

ハード系パンのイメージを覆す柔らかさ。「たわわ」

お店で人気のハード系パンの中でもぜひ味わっていただきたいのが、「たわわ」です。7種類の小麦と4種類の酵母を組み合わせた生地には、レーズン・イチジク・胡桃・オレンジがぎっしりと混ぜ込まれています。硬くてパサパサしていそう、と思われがちなハード系のパンですが、こちらはイメージに反して柔らかな食感で、ほおばるとフルーツのジューシーさと香りが口いっぱいに広がります。胡桃のカリカリやイチジクのプツプツとした歯ごたえがアクセントとなり、食べ始めたら止まらない美味しさ。トーストしてみると、皮は程よくパリッと、中の生地はさらにふんわり柔らく、しっとりとした食感に変化。胡桃の香ばしさやフルーツの香りがより深く感じられます。何も付けなくても美味しいですが、クリームチーズとも相性が良く、ワインのお供にもぴったりです。

限定のパンも見逃せません

ご紹介したパンのほかにも、フランスパンやクロワッサンなどの定番商品から、旬の食材を使った季節限定のパンや、その日限定の「こんにちパン」など、どれも味わってみたいものばかり。
パンはどれも大変人気のため、閉店時間前に売り切れてしまうこともあるそう。訪れる際は、電話またはHPからの事前予約がおすすめです。

スマート会計で支払いもスタイリッシュに

3ftの店舗での会計は、ちょっと変わっています。
現金での支払いは不可で、お店専用のチャージ式プリペイドカードまたはクレジットカードでの会計のみ。プリペイドカードは店頭ですぐに発行、現金でチャージができるので、初めての来店でも安心です。
購入の際、小銭でのやり取りがなくとってもスマート。支払い方法までなんだかスタイリッシュですね。

お取り寄せもできるけど、やっぱり買いに行きたい

パンはお取り寄せもできますが、常時発送はしておらず、週に数回、Instagramで発送可能な商品をお知らせしています。遠方だけど味わってみたい、という方はチェックしてください。

通販もいいけれど、焼きたてや店舗限定のパンも食べてみたい、おしゃれな空間を楽しみたいという方は、是非お店に足を運んでみてくださいね。

writer / カナ photo / 3ft、カナ

※記事の内容(本文・画像など)に関しては、許諾を得て掲載しております。