CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 【関東近郊】本当は誰にも教えたくない!秘密の紅葉絶景スポット<3選>

【関東近郊】本当は誰にも教えたくない!秘密の紅葉絶景スポット<3選>

木々が美しく色づく秋。紅葉を見にいくなら、普段とはちょっと違う角度から楽しみませんか?今回ご紹介するのは、乗り物に乗って楽しめる関東・東北の紅葉スポット3つ。それぞれ、その乗り物からしか見えない特別な光景があり、心に刻まれる瞬間がありますよ。

トロッコ電車で懐かしい気分に浸りながら

電車の車窓から間近に紅葉を眺められる、長野県木曽郡上松町の赤沢自然休養林。かつて林業にも活用された上松営林署赤沢線の廃線跡の一部を利用した、トロッコ列車・赤沢森林鉄道が走っています。
こちらの森林は戦後から国有林に定められ、伐採を免れてきた広大な針葉樹林。深緑色のひのきの木々を背景に、つつじの一種のアカヤシオやドウダンの葉の紅色と、シロモジやミズナラの黄色が間近に迫ります。
レトロなトロッコ列車は小川の清流にそった線路をカーブしながらゆっくり進行。見どころや周囲の歴史を教えてくれる自動音声も心地よく、どこか懐かしさが感じられますよ。
赤沢自然休養林が解放されているのは11月7日(木)まで。紅葉の見頃は10月中旬~10月下旬の間です。

湖面に映る紅葉の美しさに惹かれて

水上で船に乗って紅葉を眺められるのが、千葉県君津市の亀山湖です。1980年に完成した亀山ダムによってできたダム湖を船頭さんの案内で巡る紅葉クルージングは、水上だからこその楽しみ方がたくさん。
湖の周りをぐるりと取り囲んだモミジやイチョウ、クヌギなどの木々が色とりどりに染まり、鏡のように湖面に映る姿は格別の美しさ。徒歩では立ち入ることのできない絶景スポットまで連れて行ってもらえ、運が良ければ野生動物に会えるかもしれません。
見頃は11月下旬~12月上旬。この時期に開かれる亀山オータムフェスティバルも一緒に楽しんではいかがでしょうか。

黄金色の大地を空から見下ろして

ロープウェイに乗り、空から紅葉を望めるのは福島県耶麻郡・裏磐梯(うらばんだい)朝日国立公園内にあるグランデコリゾート。
こちらの紅葉の特徴は、ブナや落葉松によって一面が黄金色に染まっていること。
山麓駅から出発し、木々よりも高い位置へ登っていくと、磐梯山や猪苗代湖をバックに、黄金色の絶景が広がります。山頂駅周辺には足湯もあるので、紅葉を見下ろしながらゆったりとした時間を過ごしてはいかがでしょう。
見頃は9月下旬~11月上旬。ロープウェイの運行期間も11月4日(月・祝)までなので、期間内に訪れてくださいね。

行きたいところは見つかりましたか?今年の秋は、ぜひ乗り物の中から見る紅葉を楽しんではいかがでしょうか。
writer / ゆりか

※記事の内容(本文・画像など)に関しては、許諾を得て掲載しております。