CUCURU(ククル) > グルメ > 黒ごま味も!名古屋駅に誕生した『アラッチョウ』のすっきり飲めるタピオカドリンク

黒ごま味も!名古屋駅に誕生した『アラッチョウ』のすっきり飲めるタピオカドリンク

『Aracho』@名古屋駅

画像:大橋千珠

タピオカ専門店の激戦区名古屋駅西口に、タピオカ専門店『Aracho(アラッチョウ)』が9月にオープンしました。

黒糖タピオカにこだわったドリンクで、ジャスミンティーも入っているので、すっきりした飲み口が心地よいドリンクです。

黒ごまミルクなど他店ではあまり見かけない種類のタピオカドリンクもあって、夜遅くまで開いているのも魅力的。

女性に人気のタピオカ専門店『Aracho』の魅力を伺ってきました。

■名古屋駅西口、シネマスコーレの近く

『Aracho』@名古屋駅

画像:大橋千珠

名古屋駅西口を出たところのビックカメラとサイゼリアの間の通りを西に進むとシネマスコーレがありますが、その角を南に曲がったところにタピオカ専門店『Aracho』があります。

パステルカラーの水色がかわいい外観です。

『Aracho』@名古屋駅

画像:大橋千珠

テイクアウトもできますし、店内にはカウンター席もあるので、飲んでいくこともできます。

 

■こだわりのタピオカドリンクにはジャスミンティーがブレンド!

『Aracho』@名古屋駅

画像:大橋千珠

台湾から仕入れた生タピオカは黒糖でじっくり1時間以上かけて煮込んで作られているので、もちもちで黒糖の味がしっかりします。

『Aracho』@名古屋駅

画像:Aracho

ドリンクはミルクが入っていますが、ジャスミンティーもブレンドされているので、すっきりした後味です。

 

■種類豊富なタピオカドリンク!人気のマンゴーミルクを実食

『Aracho』@名古屋駅

画像:大橋千珠

ミルクとジャスミンティーがベースになったタピオカドリンクで、種類も豊富。

『Aracho』@名古屋駅

画像:大橋千珠

筆者は『マンゴーミルク』(450円/500ml)をいただきました。

黒糖のタピオカとミルク、濃厚なマンゴージュース、ジャスミンティーも入っているので、飲み口は濃厚でありながらも後味はすっきりしているのでゴクゴク飲めます!

『Aracho』@名古屋駅

画像:Aracho

若い子に人気の『苺ミルク』(450円/500ml)や、

『Aracho』@名古屋駅

画像:Aracho

女性に人気の『抹茶ミルク』(500円/500ml)、

『Aracho』@名古屋駅

画像:Aracho

珍しいところで『黒ごまミルク』(450円/500ml)というタピオカドリンクもありましたよ。

上記以外にも、他店ではあまり見かけない『ココナッツミルク』や『パイナップルミルク』や『黒酢ティー』というものもありますよ。

『Aracho』@名古屋駅

画像:大橋千珠

サイズは2種類あって、700mlと500ml。ドリンクによって価格は変わるので、お店の方に聞いてみてくださいね。

 

いかがですか?

名古屋駅西口の激戦区にオープンしたタピオカ専門店。

もちもちの黒糖タピオカとジャスミンティー、ミルクのコラボを楽しみたい方、ぜひ足を運んでみてくださいね。

<店舗情報>
Aracho(アラッチョウ)タピオカ専門店
住所:愛知県名古屋市中村区椿町9-21椿ビル1F
電話:052-898-0772
営業時間:11:00〜22:00
定休日:不定休
駐車場:なし(近隣に有料コインパーキングあり)

【おすすめ記事】

『セーラームーンカフェ2019』が期間限定開催

千種区『覚王山茶寮』の上品な和パフェ

1袋200kcalの「食べきりサイズおやつ」3つ

「御園座」できいた歌舞伎を楽しむ方法(AD)

【画像】
※Aracho、大橋千珠

※ この記事は、公開日時点の情報です。