CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 【完全版】風水で金運アップ!上手な財布選びのポイントまとめ

【完全版】風水で金運アップ!上手な財布選びのポイントまとめ

毎日幾度となく開け閉めするお財布。ちょっと古ぼけてきたな…と思うまで使い込んでしまうのは、実は風水的にはNG。お財布には適した買い換え時期があり、その時に幸運があるとされるお財布を選び、使い始めることによって金運がアップするのだとか。2020年を素敵な1年にするための上手なお財布の選び方をご紹介します。

財布を買い換えるのに良い時期とは?

財布は、お金を入れておく家のようなもの。家が汚れていたり、窮屈だったりしたら、住み心地がいいとは言えません。だから、お金が逃げていく…。つまり、お財布をいつもきれいにしておくことは、金運アップにも繋がるのです。じゃあ、今すぐ買い換えなくちゃ!と焦ってはいけません。お財布には適した買い換えの時期があるのです。それは春と秋。
春は、「張る」という言葉をイメージすることから、お金が一杯入って張る財布になると言われます。具体的には、立春の2/4~3/4までの時期です。
秋は、果物や野菜が実ることから、お金が実る財布になると言われます。具体的には秋分の日9/23~11/23までの時期です。
また、自分の誕生日の月もお財布のパワーがアップすると言われているので、誕生日に運気が上向きそうなお財布を自分にプレゼントするのもいいかもしれませんね。

また、春・秋とは別に、購入&使い始めに適した日というものがあります。日には、干支と同様の名前がついていて、中でも、「寅の日」「巳の日」は金運が良い日と言われています。
寅は、「千里を行って千里還る」とされることから、旅立ちにいい日。
巳は、財運を司る弁財天に縁があることから、お金にまつわることをするのにいい日なのだとか。

では、2020年の寅の日、巳の日はいつになるか知りたいですよね?
2020年は以下の通りです。

■寅の日
1月:12日/24日
2月:5日/17日/29日
3月:12日/24日
4月:5日/17日/29日
5月:11日/23日
6月:4日/16日/28日
7月:10日/22日
8月:3日/15日/27日
9月:8日/20日
10月:2日/14日/26日
11月:7日/19日
12月:1日/13日/25日

■巳の日
1月:3日/15日/27日
2月:8日/20日
3月:3日/15日/27日
4月:8日/20日
5月:2日/14日/26日
6月:7日/19日
7月:1日/13日/25日
8月:6日/18日/30日
9月:11日/23日
10月:5日/17日/29日
11月:10日/22日
12月:4日/16日/28日

また、暦には、「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」というものがあります。その字のごとく、一粒の籾(もみ)から、万倍もの稲穂が実るという意味。そこから、この日もお金が万倍にも増える金運の良い日とされています。ちなみに、2020年の一粒万倍日は以下の通り。

1月:10日/13日/22日/25日
2月:3日/4日/9日/16日/21日/28日
3月:4日/7日/12日/19日/24日/31日
4月:6日/15日/18日/27日/30日
5月:12日/13日/24日/25日
6月:5日/7日/8日/19日/20日
7月:2日/14日/17日/26日/29日
8月:7日/8日/13日/20日/25日
9月:1日/6日/9日/14日/21日/26日
10月:3日/9日/18日/21日/30日
11月:2日/14日/15日/26日/27日
12月:10日/11日/22日/23日

一方で、買い換えのタイミングはどのように考えればいいのでしょうか?毎年買い換える?それとも、何となく古ぼけてきたなと思ったとき?風水の考え方によれば、3年(1000日)が買い換えの良いタイミングなのだそう。今使っているお財布は何年ものですか?そろそろ買い換えの時期だったら、今度はより運気をアップしてくれるお財布を選んではいかがでしょう。

金運をアップするには何色の財布がいい?

新しいお財布を買おうと思うとき、どんな基準で選んでいますか?ブランドでしょうか。それとも形?お財布には金運をアップする色というものがあります。
次は、財布の色別に金運に関する性質についてご紹介します。

・黒
守る力があるといわれる色。お金を増やすというよりは、今持っているものを守りたいとき、維持したいときに使うといい色。

・赤
火のイメージから、お金を燃やす色と言われます。金運的にはよくないとされますが、勝負をかけて稼ぎたいというときには使うといいという考え方も。

・ピンク
ピンクは女性らしさの象徴。ピンク色のお財布を目にすると幸せな気分になる効果の一方で、お金を育てると言われ、お金持ちを引き寄せ、玉の輿につながる可能性も。

・青
冷静沈着を象徴する色。でも、青は水をイメージし、水は流れてしまうことから、お金を水に流してしまう、お金がたまらない色と言われています。風水では水は財を呼ぶとも言われるので、判断は難しいところ。

・ベージュ
ベージュのほかにも、ブラウン、キャメルなど、茶色系は土を連想させ、お金が好む色とされています。特にベージュは安定したイメージで、お金を生み出す力がある色。

・緑
緑は仕事運がいい色とされています。木の芽が芽吹くイメージから、いったん出て行ったお金も成長して、大きくなって戻ってくるという解釈も。衝動買いを防ぐ色でもあります。

・黄色
黄色は明るい色彩なので、人の気持ちを高揚させます。楽しい気分でお金が使えるのはいいのですが、使いすぎていることに気づかず浪費を避けられないというデメリットも。それを避けたいなら、薄い黄色を選ぶといいでしょう。

・ゴールド
お金と言えばゴールド。金運アップに最適と言われる一方、お金の循環が早いので運気の浮き沈みが激しいと言われることも。ギャンブル好きな人は選ばない方がいいかも。

・シルバー
シルバーは、ゴールドと同じメタリック系ですが、こちらは落ち着いたイメージ。株や不動産などで、自分でも知らないうちにお金がたまるという運気。ただ出るお金が多くなることも。

・グレー
黒に白を混ぜた色であるグレーは、両者のパワーを合わせもつ色。グレーの財布を持つと、無駄遣いをしなくなり、大金は舞い込んではこないものの、少しずつお金を貯めていけるでしょう。

財布の形や素材で金運は変わる?

お財布の色によって金運が左右されるのがわかったら、今度は形や素材です。
お財布は、お金の家なので、居心地のいい家にするのが一番。だとしたら、お札が二つ折りや三つ折りになるのではなく、ゆったりくつろげる長財布が金運をアップさせる財布だと言われています。

素材に関しては、運気アップには、生き物の皮を使った革製がおすすめです。というのも、皮にはその生物のパワーが宿るからです。次にそれぞれの皮ごとの性質をご紹介します。

・牛革
牛は一歩一歩着実に歩むイメージから、お金を確実に貯め込むことができると言われています。

・豚皮
豚は水に属する生物。お金の流れを良くする効果があるのだそう。

・羊皮
羊は火に属する生物。火のように活動が活発になり、人脈を広げられるでしょう。

・蛇皮
蛇皮は金を象徴します。何にお金を使うかという判断能力をアップさせることができます。

・ワニ皮
龍の化身と言われるワニは、金運アップには最適な財布。特にクロコダイルがおすすめです。

・ガルーシャ
近頃注目を集めているガルーシャとは、魚のエイの皮のこと。とても硬い素材で、古くは日本刀の柄にも使われています。きらきらと宝石のような輝きが魅力的で人気も急上昇中。実はエイはラッキーフィッシュとも呼ばれ、縁起のいい魚。ですから、ガルーシャ皮の財布も金運アップに繋がります。

お財布の使い方。やってはいけないNG集

金運がアップしそうなお財布を買い、いい時期を選んで使い始めたとします。でも、そこからお財布の使い方を間違えてしまっては元も子もありません。ここでは、お財布を使っていくにあたって注意すべきことをご紹介します。

・ポイントカードやレシートなど、使っていない無駄なものを入れっぱなしにしない
お金以外のものでお財布がパンパンになると、お金と役割が逆転してしまうのでNG。

・お札の向きは頭から揃えて入れる
頭から入れると、出ていきにくくなるという効果があるといわれています。

・お財布をバッグの中に入れっぱなしにしない
その日使った財布はきれいに拭いて休ませてあげましょう。

・お札、小銭、カードは別々に持つ
レシートもそうですが、カードもお金を使う目的で作られたもの。カードをお札や小銭と一緒に持つのは運気を下げるもとになってしまうので分けて持つのがベスト。お札と小銭も性格が違うものなので、一緒にしない方がいいでしょう。

役目を果たし終えたお財布は?

金運をアップするお財布について、いろいろご紹介してきました。今使っているお財布がそろそろ3年経過するという人は、買い換えを考えた方が良いでしょう。
ところで、使い終わったお財布はどうしていますか?ポイッとゴミ箱に捨てるのではなく、最後に汚れを落としてきれいに掃除し、感謝して捨てた方が気持ちはいいもの。すっきりとした気分で新しいお財布を使い始めるためにも、古いお財布の処分の仕方にも気を遣いたいですね。

writer / Sheage編集部 photo / Shutterstock

※記事の内容(本文・画像など)に関しては、許諾を得て掲載しております。