CUCURU(ククル) > グルメ > 旬のケーキがずらり!名古屋・天白区『パティスリーランコントル』の秋スイーツ

旬のケーキがずらり!名古屋・天白区『パティスリーランコントル』の秋スイーツ

パティスリー ランコントル【名古屋市・天白区】

画像:夏目佳代

今年1月に名古屋市天白区保呂町にオープンしたケーキショップ『パティスリー ランコントル』は、季節の素材を使ったケーキがおいしいと早くも話題になっています。

天白区にある下林交差点のすぐ南、エディオン天白店の向かい側にあるかわいらしいお店ですよ。

■地元で採れたフルーツを使った、地産地消のケーキ

パティスリー ランコントル【名古屋市・天白区】

画像:パティスリー ランコントル

パティスリー ランコントル【名古屋市・天白区】

画像:パティスリー ランコントル

オーナーパティシエが大切にしているのは、地元の素材を使うという地産地消の精神。

使用している巨峰やイチジク、桃、シャインマスカットなどのフルーツは、なんと天白区で生産されているものだそう。名古屋市内でシャインマスカットが作られているとは驚きですね。

パティスリー ランコントル【名古屋市・天白区】

画像:夏目佳代

パティスリー ランコントル【名古屋市・天白区】

画像:夏目佳代

季節ごとに、旬の素材を使ったケーキが食べられるのも、このお店の人気の秘密。

この時期は『和栗のモンブラン』(430円)や『焼きいもタルト』(430円)、『パンプキンタルト』(380円)など、秋のスイーツがたくさん並んでいますよ。

 

■おつまみにもおすすめな変わり種スコーン

パティスリー ランコントル【名古屋市・天白区】

画像:夏目佳代

ケーキのみでなく、スコーンもおすすめです。スイーツというよりも、ワインやお酒に合うようなテイストのものもありますよ。

筆者が訪れたときには、黒胡椒の効いた『オリーブとバジルのスコーン』(300円)や、『イチジクのスコーン』(300円)がありました。時期によっては、桜えびやあおさを使ったものもあるそうですよ。

 

■愛知万博迎賓館でスイーツを担当していたオーナー

パティスリー ランコントル【名古屋市・天白区】

画像:夏目佳代

ショーケースの中には、美しくてワクワクするようなケーキが並んでいます。

ケーキを作っているオーナーパティシエは、名古屋の有名ホテルで料理長を務めたり、愛知万博のときには迎賓館のパティシエを務め、天皇陛下や皇室の方々、各国の要人にデザートを提供されたという経歴の方。

そんな本格的スイーツが手軽に味わえるのは、うれしいですよね。

 

パティスリー ランコントル【名古屋市・天白区】

画像:夏目佳代

かわいい店内には、ケーキだけでなく、焼き菓子も揃っています。

店名になっている“ランコントル”とは、フランス語で“出会い”という意味なんだそう。今までのたくさんの出会いに感謝するとともに、これからもたくさんの出会いを喜び、大切にし、おいしいケーキを作っていきたいという想いが込められているそうです。

お店のドアを開けると、オーナーご夫妻が、とっても優しい笑顔で迎えてくれる『パティスリーランコントル』。ぜひ一度訪れてみてくださいね。

<店舗情報>
パティスリー ランコントル
住所:愛知県名古屋市天白区保呂町2518 エスポア保呂1号
電話:052-875-6377
営業時間:10:30~19:00
定休日:水曜日
駐車場:2台

【おすすめ記事】

大須『辰杏珠』のキラキラ光る飲み物

『ブルースターカフェ』のぶどうパフェが絶品

ダイソーの「ゆめかわ」掃除アイテム4選

「御園座」できいた歌舞伎を楽しむ方法(AD)

【画像】
※パティスリー ランコントル、夏目佳代

※ 記事の情報は2019年9月時点のものです。