CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > 期間限定!愛知・犬山城下町『木曽川商店』の「金魚すくい」に思わず夢中

期間限定!愛知・犬山城下町『木曽川商店』の「金魚すくい」に思わず夢中

犬山城下町の金魚すくい

画像:木村純子

名古屋駅から名鉄電車で40分ほど、犬山駅からも徒歩10分ほどでアクセスも便利な犬山城下町。プチトリップにはぴったりですね。

筆者もよくふらりと出かけますが、城下町になんと“金魚すくい”ができる新スポットができていたのでご紹介します。

平日でしたが小さなお子さん連れや、女子旅など大人も夢中になって楽しんでいましたよ!

■犬山城下町の散策が楽しい!

犬山城下町の金魚すくい

画像:木村純子

城下町の古い街並みを残しつつ、新しいお店もオープンしている犬山城下町。

“串グランプリ”など食べ歩きを楽しめたり、郷土料理を味わえるところやお土産などが売っているお店が多く並んでいます。

犬山城を観覧した後は、ぜひ城下町の散策を楽しんでくださいね。

 

■手軽に金魚すくい体験

犬山城下町の金魚すくい

画像:木村純子

古民家をリノベーションしてリニューアルオープンした『木曽川商店』。

場所は犬山城から城下町に入ってすぐ、犬山市文化資料館の向かいです。

以前は店頭で鮎を焼いていたので、見覚えのある方もいるかもしれませんね。

犬山城下町の金魚すくい

画像:木村純子

リニューアルしたお店で楽しめるのが金魚すくい。

夜店でもあまり見かけなくなったのでやったことがないお子さんもいらっしゃるかも。

こちらのお店では木の水槽で、ちょっと贅沢な気分で金魚すくいを楽しめます。

犬山城下町の金魚すくい

画像:木村純子

料金もポイ1枚(300円)、2枚(500円)と夜店よりもずいぶんとお手軽価格。

金魚遊びを楽しむだけでもいいし、すくった金魚は2匹まで持ち帰ることもできます。

犬山城下町の金魚すくい

画像:木村純子

金魚をすくうポイは夜店で使っているものより丈夫なので、小さな子でもすぐに破れることなく遊べます。

お店のお兄さんがコツも教えてくれ、この日は7匹の金魚をすくった女子もいましたよ。

やり始めると大人でも夢中になってしまいます。

金魚すくいは10月中旬までやっているので、ぜひ親子で足を運んでみてはいかがしょう。

 

■塩糀のあっさりパフェがおいしい!

犬山城下町の金魚すくい

画像:木村純子

お隣のカウンターで買える『糀パフェ』(各680円)も人気。抹茶・ほうじ茶・ベリーの3種類があります。

なんとタピオカも入っているんですよ!

犬山城下町の金魚すくい

画像:木村純子

筆者は一番人気の『ほうじ茶パフェ』(680円)をいただきました。

口に運ぶと、ほんのり塩味が鼻に抜けてさっぱりしておいしいです。

ほうじ茶と抹茶のぷるぷるゼリーは、お茶屋のお茶を使った自家製のもので本格的な味わい。

タピオカ、こめぱふ、栗、おせんべいなどいろいろな食感を楽しめます。

 

■11月からは熱々の鮎の塩焼きが始まります!

画像:あんみつ姫 / PIXTA(ピクスタ) ※イメージです

11月からは金魚を撤去し、犬山名物“鮎の塩焼き”が始まります。

地元の漁師が受け継いだ串に刺した鮎の塩焼き、 毎年楽しみ食べにくる常連さんもいるそうですよ。

お値段は時価で毎年700円前後だそうです。

犬山城下町の金魚すくい

画像:木村純子

お店の奥は和室のテーブルと椅子も用意されているので、散策のひと休みもできますね。

 

いかがですか? 子どもも大人も楽しめる金魚すくいは10月中旬までです。

秋には紅葉の名所としても有名な犬山城。天守閣からの眺めを楽しんだ後には鮎の塩焼きを味わいに足を運んでくださいね。

<店舗情報>
木曽川商店
住所:愛知県犬山市犬山北古券71
営業時間:10:00~17:00
定休日:不定休
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)

【おすすめ記事】

水・日のランチ限定!瑞穂区にある幻のカレー

『ヤオカネ』の新鮮フルーツサンド&パフェ!

IKEA長久手店の「レジ横」エリアが便利

『ティップス金山校』で始めるテニス(AD)

【画像】
※ 木村純子、あんみつ姫 / PIXTA(ピクスタ)

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。