CUCURU(ククル) > グルメ > ウッディで落ち着く!愛知・碧南市『cafeマグノリアの小径』がとびきりお洒落

ウッディで落ち着く!愛知・碧南市『cafeマグノリアの小径』がとびきりお洒落

碧南市『cafeマグノリアの小径』

画像:花井ゆり

愛知県碧南市に、令和生まれの『cafeマグノリアの小径』が登場!

なんでも遠くからも足を運びたくなるおしゃれなカフェなのだとか。

今回はそんな『cafeマグノリアの小径』を訪ねました。

■愛知・碧南市『cafeマグノリアの小径』

碧南市『cafeマグノリアの小径』

画像:花井ゆり

碧南市『cafeマグノリアの小径』

画像:花井ゆり

『cafeマグノリアの小径』は令和元年6月13日にオープンした、愛知県碧南市のカフェ。

名鉄碧南駅から車で約4分の場所にあります。

 

■おしゃれすぎる内装にテンションアップ!

碧南市『cafeマグノリアの小径』

画像:花井ゆり

碧南市『cafeマグノリアの小径』

画像:花井ゆり

工場の倉庫だった部分を利用し、オーナーさん自ら改装・デザインを手がけたという店内。

洗練されたおしゃれっぷりと高すぎる完成度は、その道のプロの仕事にしか思えません。

碧南市『cafeマグノリアの小径』

画像:花井ゆり

碧南市『cafeマグノリアの小径』

画像:花井ゆり

陽の光に満ちた明るくゆったりとした空間。テーブル席とカウンター席がありますよ。

碧南市『cafeマグノリアの小径』

画像:花井ゆり

碧南市『cafeマグノリアの小径』

画像:花井ゆり

なんとなく置かれているように見えてどこを切り取っても絵になる、センス溢れるインテリア達。ずっと眺めていても飽きない居心地の良さですね。

碧南市『cafeマグノリアの小径』

画像:花井ゆり

オーナーさんが大好きだという浜田省吾さんの歌のタイトルが、店名『cafeマグノリアの小径』の由来なのだとか。

 

■おいしくてお値打ちのブランチ&ランチ

碧南市『cafeマグノリアの小径』

画像:花井ゆり

地産地消を軸にして、新鮮な食材で作られたメニュー達。9:30〜11:00はブランチ、11:00〜14:30はランチが楽しめます。

(1)ブランチ『Aset』(税込680円)

碧南市『cafeマグノリアの小径』

画像:花井ゆり

碧南市『cafeマグノリアの小径』

画像:花井ゆり

サンドイッチ・スープ・ドリンク・ヨーグルトorプチ焼き菓子がセットになったブランチ『Aset』。

ハムとコールスローサラダがたっぷり入ったホットサンドは、食べ応えも十分で遅めの朝ごはんにぴったり。この日のヨーグルトには、ぶどうの自家製酵素ジュースが添えられていました。

(2)ランチ『A.シンガポール風チキンライスset』(税込1,000円)

碧南市『cafeマグノリアの小径』

画像:花井ゆり

碧南市『cafeマグノリアの小径』

画像:花井ゆり

小鉢・スープ・ドリンク・プチデザートがセットになったランチ『A.シンガポール風チキンライスset』。あっさりチキンとたっぷり野菜で、とってもヘルシー!

碧南市『cafeマグノリアの小径』

画像:花井ゆり

ドリンク&プチデザートもついて、食後まで大満足。

なお、『A.シンガポール風チキンライスset』と『B.野菜グリルカレーset』(税込900円)は、日によってどちらか一種類の提供とのことです。

 

■『シフォンケーキset』が絶品

碧南市『cafeマグノリアの小径』

画像:花井ゆり

碧南市『cafeマグノリアの小径』

画像:花井ゆり

ほっこりとくつろぐひとときにぴったりのカフェメニュー。

東京の名店のルセットを学んだオーナーさんが作る、絶品スイーツを楽しめますよ。都度変わるスイーツの内容はボードをご覧くださいね。

碧南市『cafeマグノリアの小径』

画像:花井ゆり

素敵な器でサーブされる『シフォンケーキset』(ドリンク付・税込780円)。この日は“マーブル”と“抹茶”の2種類があり、筆者はマーブルをセレクトしました。

碧南市『cafeマグノリアの小径』

画像:花井ゆり

碧南市『cafeマグノリアの小径』

画像:花井ゆり

独特のふわもち食感は、病みつきになること間違いなしのおいしさ!

 

■ドリンクメニューをチェック

碧南市『cafeマグノリアの小径』

画像:花井ゆり

ドリンクメニューのおすすめは、『マグノリアブレンド』(税込450円)。上質なコーヒー豆を使って丁寧にハンドドリップした、一番人気のメニューなのだそう。

大流行中のタピオカメニューもありますよ。

碧南市『cafeマグノリアの小径』

画像:花井ゆり

こちらは『紅茶』(税込450円)。窓越しの光を映した器の琥珀色と紅茶の水色が描くそのグラデーションは、ずっと眺めていたくなる美しさでした。

 

いかがですか?

みなさんもぜひ、おしゃれな『cafeマグノリアの小径』でおいしいメニューの数々を楽しんで下さいね。

<店舗情報>
cafeマグノリアの小径
住所:愛知県碧南市春日町3-1
電話:080-4223-7555
営業時間:‎ブランチ9:00〜11:00、ランチ11:00〜14:30、カフェ 14:30〜17:00(L.O.)
定休日:木曜日、第1・第3金曜日(月2日不定休あり)
駐車場:あり

【おすすめ記事】

大須『辰杏珠』のキラキラ光る飲み物

『ブルースターカフェ』のぶどうパフェが絶品

ダイソーの「ゆめかわ」掃除アイテム4選

「御園座」できいた歌舞伎を楽しむ方法(AD)

【画像】
※ 花井ゆり

※ 記事の情報は公開日時点のものです。