CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > 名古屋・西区『mozoワンダーシティ』が大型リニューアル!親子にうれしい設備3つ

名古屋・西区『mozoワンダーシティ』が大型リニューアル!親子にうれしい設備3つ

子どもの施設が拡充したmoxo

画像:mozoワンダーシティ

名古屋市西区にある『mozo ワンダーシティ』が、この秋大型リニューアルします!

それにともなって、新たな店舗・サービスを「ボーーン!」と発信する『モゾボーーン!』が開催されます。

特に注目なのがキッズゾーン『こどもぞ』とベビーケアルーム『mamaro』。家族みんなで楽しめる、とっておきの施設になりそうです。

そこで、今回は『こどもぞ』と『mamaro』について詳しくご紹介します。

■心ゆくまでハイハイできる『こどもぞ。べビー』

子どもの施設が拡充したmoxo

画像:mozoワンダーシティ

今秋のリニューアルで注目したいのがキッズゾーンのパワーアップです。

新たに設置された『こどもぞ。べビー』は、赤ちゃんがハイハイできるスペースとなっています。

こちらは2019年8月10日(土)にすでに先行オープンしています。小さな赤ちゃんが自由に動き回れるスペースがあれば、お母さんも赤ちゃんもごきげんですよね。

 

■デジタルコンテンツに思わず驚き!『こどもぞ。ラボ』

子どもの施設が拡充したmoxo

画像:mozoワンダーシティ

小学生ぐらいの子どもたちには『こどもぞ。ラボ』。デジタルコンテンツを使った面白い遊びができる施設なんですよ。

常設のタブレット端末に自由にいきものを描いて、そのいきものに合う動きや鳴き声の情報を入れます。

そうすると、モニターの前の子どもがそのいきものに変身! 描いた動物がまるで生きているかのようにスクリーン内で動き回ります。

こちらは2019年9月13日(金)にオープン予定です。

 

■誰でも気兼ねなく使える!完全個室のベビーケアルーム『mamaro』

子どもの施設が拡充したmoxo

画像:mozoワンダーシティ

4Fベビースペース横には、パパママにうれしい完全個室のベビーケアルーム『mamaro』が設置されます。

小さな赤ちゃん連れのお母さんは赤ちゃんが泣いたり、騒いだりするので何かと気兼ねするもの。

また、従来の授乳室はママのためというイメージがあり、どうしてもパパが利用しづらい環境でした。

その点、完全個室は気兼ねなく使えるし、パパも気後れせず授乳室で赤ちゃんのケアをできるので魅力的ですね。

 

いかがですか?

大幅リニューアルにともなって『こどもぞ。KODOMOZO』と『mamaro』が新しくでき、ますます家族でのお出かけが楽しみになってしまいそうな『mozoワンダーシティ』。

週末のお買い物がてら、ぜひ遊びに行ってみてくださいね。

<施設情報>
mozoワンダーシティ
住所:愛知県名古屋市西区二方町40‐1
電話番号:052-505-1888(代表)
営業時間:ショップ・サービス10:00~22:00、レストラン11:00~23:00、イオンスタイルワンダーシティ9:00~23:00 ※ 一部営業時間が異なる店舗、売場あり
定休日: 年中無休

【おすすめ記事】

『八百屋の壮』の果物スイーツが魅力的

『リトル・マーメイド』の限定カフェ登場!

100均で買える「秋冬トレンドヘアアクセ」

『ティップス金山校』で始めるテニス(AD)

【参考】
「mozoワンダーシティ」大型リニューアルキャンペーン 「モゾボーーン!」9月13日(金)スタート  ~新店・改装19店舗オープン~-@Press

【画像】
※ mozoワンダーシティ

※ この記事は、公開日時点の情報です。