CUCURU(ククル) > グルメ > 300本がすぐに売り切れる!? 三重・四日市『ピーグリーン』の完売必至な食パン

300本がすぐに売り切れる!? 三重・四日市『ピーグリーン』の完売必至な食パン

シンプル食パン

画像:池畑美鈴

朝食はパン派という人も多いのではないでしょうか。毎日食べるものだから、安心なもの、そして飽きないおいしさにこだわりたいですよね。

今回ご紹介するのは、三重県四日市市の食パン専門店『Pea Green(ピーグリーン)』。

「人間、最後は食パンに戻りますよね」と話してくれた、齋木店長。毎日飽きずに食べられて、自分の好きなアレンジもできる『ピーグリーン』の食パンを求めて、お店には途切れることなくお客さんがやってきます。

それでは、ご紹介します。

■8月5日、移転オープン

シンプル食パン

画像:池畑美鈴

『ピーグリーン』は、近鉄湯の山線『桜』駅から徒歩15分ほどのところにあります。

車ですと、四日市インターチェンジから5分ほど。駐車場も20台分あるので、車でのアクセスが便利です。

シンプル食パン

画像:池畑美鈴

2019年8月5日に、同じ桜地区から移転した新しい店舗。

入口を入って、左手がベーカリー(持ち帰り用)の購入場所、右手はカフェスペースになっています。

 

■1日300本が完売するという、食パン!

『ピーグリーン』で販売されるパンのラインナップは、いたってシンプル。

『角食』(税抜500円)、『塩パン』(税抜100円)、『塩あんバター』(税抜150円)。

日替わりの食パン1種と日替わりの塩パン1種も、上記3つにプラスして登場しますよ。

シンプル食パン

画像:池畑美鈴

角食は1日に300本製造していますが、それでも15時ごろには完売してしまい、泣く泣くUターンするお客さんもいるそうです。

齋木店長は、「1日500本作れるよう、目指しています」とおっしゃっていました。

シンプル食パン

画像:池畑美鈴

そんな人気の角食を筆者も購入、自宅でいただきました。

材料は、国産小麦・フランスのゲランド塩を使用。ふわふわ、かつ、モチッとした食感です。

齋木店長に食べ方について伺ったところ、当日・2日目はそのまま、3・4日目はトーストするのがおすすめだそうです。

「耳もおいしいと評判ですよ。薄くカリッと焼いて、パテやクリームチーズを添えると、ワインのおともになりますよ」とも教えてもらいました。

 

■グリーンがあふれるカフェスペース

移転した新しい店舗には、カフェスペースが併設されました。

シンプル食パン

画像:池畑美鈴

グリーンが印象的な店内。

齋木店長の旦那さんがガーデンデザイナーということもあり、カフェスペースは店内でありながら、外にいるような空間に仕上げたと言います。

レンガや古材、ブリキなど、庭にあるような資材を使っているのもこだわり!

シンプル食パン

画像:池畑美鈴

カフェの人気メニューは、『食パン+バター&ジャム3種食べ比べ』(税抜580円)。

ジャムはピーグリーンの自家製ジャム6種(いちご・オレンジ・りんご・ブルーベリー・パイナップル・みるく)から選べますよ。

筆者は、『カフェラテ』(税抜480円)と一緒に、いただきました。太陽光をいっぱいに取り込んだ明るい店内で、ほっと一息つけるのがいいですね。

 

いかがですか。

開店前からお客さんが並ぶという人気店。齋木店長によると、開店1時間後から昼前が狙い目だそうです。

ぜひ、お店に訪れてくださいね。

<店舗情報>
Pea Green(ピーグリーン)
住所:三重県四日市市智積町6716-2
電話番号:059-340-6701
営業時間:9:00~18:00
定休日:日曜・月曜
駐車場:有(20台)

【おすすめ記事】

水・日のランチ限定!瑞穂区にある幻のカレー

『ヤオカネ』の新鮮フルーツサンド&パフェ!

IKEA長久手店の「レジ横」エリアが便利

『ティップス金山校』で始めるテニス(AD)

【画像】
※ 池畑美鈴

※記事の情報は公開日時点のものです。