CUCURU(ククル) > イベント情報 > 音楽と自然を一緒に楽しめる!『第2回夏山八幡宮フェス』愛知・岡崎市で開催

音楽と自然を一緒に楽しめる!『第2回夏山八幡宮フェス』愛知・岡崎市で開催

画像:夏山八幡宮 フェスティバル2019

昨年5月に、愛知県岡崎市・夏山町ではじめて開催された『夏山八幡宮フェスティバル』が、秋風が心地良い2019年10月6日(日)に戻ってきます。

今回は、とよなつ・応援団長に『百万本のバラ』『知床旅情』など心に響く音楽を奏で続ける歌手の加藤登紀子さんが就任されました。この秋に歌手生活55周年を迎えられる加藤登紀子さんと、次女のYae(ヤエ)さんのライブとトークショー! さっそくご紹介しましょう。

 

■歌声から伝わるパワー

画像:夏山八幡宮 フェスティバル2019

2017年2月19日に、岡﨑市市政施行100周年記念事業の一環として音楽フェス『ENERGY FES.』が行われました。多くのアーティストの方々や地域の小学生、高校生、大学生も参加した素晴らしいものでした。

筆者の子供もコラボレーション企画のエナージーフェスキッズ合唱団に参加させていただいたので、もちろん観戦しました。

そのとき、参加されていた加藤登紀子さんとYaeさんの唄の波動を体感させていただきました。山間部に暮らし続けている筆者ですが、いろいろなアーティストのライブに参戦してきましたが、幼い頃から耳にしていた加藤登紀子さんの名曲を聴いたとき、自然と涙が溢れてきました。

 

■透き通る光のようなミュージシャン

ご存じの方も多いと思いますが、Yaeさんをご紹介。

・故・藤本敏夫さんと加藤登紀子さんの次女

・2001年アルバム『newAeon』でデビュー

・2011年9月に公開されたディズニーアニメーション映画『くまのプーさん』の日本語吹替え版で主題歌と挿入歌を歌唱

・千葉県南房総鴨川市の山中に1980年設立『鴨川自然王国』で“食”と“農”を中心とする自然共生型を実践

ざっくりと筆者が調べた情報ですが、2011年9月に公開された映画の『くまのプーさん』を映画館で観ていたのでサントラ盤を聴きなおしました。

2016年に発表されたアルバム『Yae alive』に収録されている『名も知らぬ花のように』(2016Ver.)は、秋から冬によく見られる雲の隙間から差し込み日の光“天使のはしご”のイメージが浮かんできます。

 

旧額田地区の全体に当てはまることですが、高齢化・過疎化がものすごいスピードで進んでいます。耕作放棄地、空き家が増加しています。

小規模な小学校や中学校の子供達の素晴らしい輝きを見ていただく機会となってほしいです。

 

<イベント概要>
夏山八幡宮フェスティバル2019
日時:2019年10月6日(日)13:00(開場)、14:00(開演)
場所:岡崎市立夏山小学校(愛知県岡崎市夏山町)
問い合わせ先:0564-57-8636(とよなつ・みんなござらっせ実行委員会事務局)
シャトルバス:名鉄 本宿駅(11:00~)と岡崎東インター出口付近の(株)高木製作所、アイシン・エイ・ダブリュ(株)の2箇所の臨時駐車場(11:30~)から会場まで、シャトルバスが各10分間隔で19:00まで運行

【おすすめ記事】

大須『辰杏珠』のキラキラ光る飲み物

『ブルースターカフェ』のぶどうパフェが絶品

ダイソーの「ゆめかわ」掃除アイテム4選

「御園座」できいた歌舞伎を楽しむ方法(AD)

【画像】
※ 夏山八幡宮 フェスティバル2019

※ この記事は公開日時点の情報です。