CUCURU(ククル) > グルメ > 町屋カフェからヴィーガンカフェまで!岐阜市にある「おすすめのカフェ」6選

町屋カフェからヴィーガンカフェまで!岐阜市にある「おすすめのカフェ」6選

画像:CUCURU編集部

食事でもデザートでもドリンクでも楽しめる空間、カフェ。

岐阜市には重要文化財にも登録されているお店から体に気を遣ったメニューが楽しめるところまでいろいろなカフェがあるんですよ。

そこで今回は、以前CUCURUでご紹介したお店の中から、岐阜市内にある“おすすめのカフェ”をピックアップしてご紹介します。

■1:『Pain Chinon(パンシノン)』

Pain Chinon(パンシノン)【岐阜県・岐阜市】

画像:dreaminy

最初にご紹介するのは、『パンシノン』。

店内右側にはテイクアウト用のパンがずらりと並んでいて、迷ってしまうほど。

素材は表記してあるので、アレルギーが気になる人も安心して選ぶことができます。

Pain Chinon(パンシノン)【岐阜県・岐阜市】

画像:dreaminy

こちらで食べていただきたいのが絶品ランチ!

特に人気が高いのは、『おまかせランチプレート』(税別920円)。

ドリンク付きで、プレートには温かいスープと野菜もたっぷり。もちろんパンもたくさんのっています。

セットドリンクの選択肢には、コーヒーやジュースに加えてグラスワインもあるんですよ!

ぜひワイン片手に優雅なランチタイムを過ごしてみてくださいね。

<店舗情報>
Pain Chinon(パンシノン)
住所:岐阜県岐阜市神田町3-4
電話番号:058-215-1028
営業時間:10:00~21:00、イートイン11:30~21:00、ランチ11:30~14:30
定休日:日曜日、月曜日

 

■2:『Dip Cafe(ディップカフェ)』

画像:dreaminy

次にご紹介するのは、『Dip Cafe(ディップカフェ)』。

盛りすぎずに程よい量感の、かわいくおいしい素敵メニューが豊富なんですよ。

画像:dreaminy

こちらは、季節によって素材やデザインが変わるパフェ。

筆者が訪れたときのパフェは、『ミルフィーユパフェ』(税込800円)でしたよ。

美的センス輝く見た目だけでなく、風味や食感も抜群。量的にも程よく食べやすいです。

他にも各種ケーキや涼しげできらりとかわいらしい『ジェリーサイダー』(税込600円)、ラテアートが楽しめるドリンクなども提供。

おしゃれでおいしい料理をぜひ堪能してみてくださいね。

<店舗情報>
Dip Cafe(ディップカフェ)
住所:岐阜県岐阜市鏡島西2-14-20
電話:058-201-1117
営業時間:11:00~23:00
定休日:火曜日

 

■3:『vegetus cafe novem(ノウェム)』

vegetus cafe novem(ノウェム)【岐阜県・岐阜市】

画像:花井ゆり

続いてご紹介するのは、おしゃれなヴィーガンカフェ『vegetus cafe novem(ノウェム)』。

こちらには、ヴィーガンでない人も虜になってしまうスイーツがあるんですよ。

vegetus cafe novem(ノウェム)【岐阜県・岐阜市】

画像:花井ゆり

店内にはスコーンやマフィンなどが並んでおり、すべて植物性食材使用。また、可能な限り有機栽培のものを使っているのだとか。

筆者は『お好きなスコーン2つとドリンクのセット』(税込850円)を注文し、“チョコチップ&クルミ”と“カカオニブ×カシューナッツ”をセレクト。甘さ控え目で、全粒粉の香りや風味をダイレクトに感じる味わいです。

イートインだけでなくテイクアウトも可能なので、家でもヴィーガンの味を気軽に楽しむことができます。

ぜひ足を運んでみてくださいね。

<店舗情報>
vegetus cafe novem(ノウェム)
住所:岐阜県岐阜市柳川町36
電話番号:058-213-0170
営業時間:11:30~18:00
定休日:月曜日、火曜日、水曜日
駐車場 :あり

 

■4:『川原町屋(かわらまちや)』

川原町屋(かわらまちや)【岐阜県・岐阜市】

画像:dreaminy

岐阜の長良川畔にある『川原町屋(かわらまちや)』は、130年以上の歴史がある町屋造りカフェ。

靴を脱いで入る蔵内のカフェで、ランチやティータイムをゆっくりと過ごせますよ。

画像:dreaminy

オリジナルブレンドの八方茶(税込800円)は、ポットの中にジャスミンの花が開いており、他にはトマト、クコの実、レーズンや白いちじくのドライフルーツなどがブレンドされています。

持ち手のハートがかわいいミルクティー(税込650円)もおすすめ。ドリンクにはお菓子も付いてきます。

鮎のお粥(ほうじ茶付)(税込1,080円)や、まっしろ玉子のオムライス(税込1,200円)などの食事メニューもありますよ。

伝統工芸品が展示されているギャラリーも見ておきたいところ。ぜひ歴史を感じながらゆったりとした時間を過ごしてみてくださいね。

<店舗情報>
川原町屋(かわらまちや)
住所:岐阜県岐阜市玉井町28
電話:058-266-5144
営業時間:冬期(11月~4月)平日10:00~17:30、土日祝10:00~18:30、夏期(5月~10月)平日9:00~18:30 、土日祝9:00~19:00
定休日:年中無休

 

■5:『ラスティコフォー』

画像:dreaminy

格子戸が特徴的な、風情ある町屋のような『ラスティコフォー 』。

看板もサインもなく、お店というよりかは旅館のようにも感じます。

こちらで食べるモーニングがとてもお得なんですよ。

画像:dreaminy

『ブレンドコーヒー』(税込680円)、『カフェラテ』(税込700円)、『アメリカンbigcup』(税込700円)などからお好きなドリンクを選ぶと、モーニングサービスとしてワンプレートいっぱいのパンがついてきます。

食べられなかった分は、袋に入れてテイクアウトできるのもポイント。

複数人でいけばなるべく違う種類のパンを提供してくれるので、シェアするのもおすすめですよ。

古風な外観とスタイリッシュな内装がギャップの『ラスティコフォー 』。ぜひ訪れてみてくださいね。

<店舗情報>
ラスティコフォー
住所:岐阜県岐阜市玉井町12
電話番号:058-213-3383
営業時間:8:30~19:00
定休日:無休
駐車場:あり

 

■6:『薬膳カフェみずとき』

薬膳カフェみずとき【岐阜県・岐阜市】

画像:dreaminy

最後にご紹介するのは、体を気遣ったおいしいランチが楽しめる『薬膳カフェみずとき』。

こちらの薬膳メニューは、薬剤師と料理人、パティシエが連携して、“だれもがおいしく食べやすいメニュー”を目指してアイデアを出し合っているんですよ。

薬膳カフェみずとき【岐阜県・岐阜市】

画像:dreaminy

定番のランチメニュー『mizutokiランチ』。この日のメニューは、小エビとのり・モッツァレラチーズの春巻、菜花のおひたし・ヒハツの香り、豚フィレ肉のハイビスカスマリネ イチゴとアーモンドのソースでした。

盛りだくさんの内容なのにお値段1,000円(税別)と、コスパ抜群のメニューとなっています。

第4のチョコレートともいわれている“ルビーカカオ”を使ったロールケーキなど、スイーツも丁寧に作られています。

ぜひ『薬膳カフェみずとき』で、体にやさしいランチを食べてみてくださいね。

<店舗情報>
薬膳カフェみずとき
住所:岐阜県岐阜市八代1-3-3
電話番号:058-232-6611
営業時間:モーニング8:30~11:00、ランチ11:00~15:00、ティータイム15:00~18:00(L.O.17:30)
定休日:日曜日

 

いかがですか?

一口にカフェといってもその魅力はさまざまですね。

ぜひお気に入りのお店を見つけて、足を運んでみてくださいね。

【おすすめ記事】

人気ティースタンド『茶千歳』が初出店

Eggs ’n Thingsの熱くて冷たい新メニュー

即完売!?セリア「新バインダー&リフィル」

「敬老の日」の贈り物に!(AD)

【画像】
※ dreaminy、花井ゆり、CUCURU編集部

※この記事は、2019年2月~2019年4月に取材した情報です。