CUCURU(ククル) > グルメ > 喜ばれること間違いなし!岐阜県で見つけた「手土産にもぴったりのスイーツ」7選

喜ばれること間違いなし!岐阜県で見つけた「手土産にもぴったりのスイーツ」7選

画像:CUCURU編集部

家族や友達などに、ちょっとした贈り物を選ぶときに悩んでしまいませんか?

そんな方におすすめしたいスイーツが、実は岐阜県にたくさんあるんです。

そこで今回は、以前CUCURUでご紹介したお店のなかから、岐阜県で見つけた“手土産にもぴったりなスイーツが買えるお店”をピックアップしてご紹介します。

■1:『菓子工房さっちん』

さっちん【岐阜県・岐阜市】

画像:dreaminy

最初にご紹介するのは、岐阜市柳津にある『菓子工房さっちん』。

素材の風味を大切に、甘さ控えめで優しい味わいのお菓子作りがモットーです。

さっちん【岐阜県・岐阜市】

画像:dreaminy

こちらは、スワンの形のシュー 『シーニュ』(税別500円)。かわいい見た目に思わず釘付けになってしまいます。

カスタードと生クリームのダブルクリームが入っており、優しい甘さ。マダガスカル産バニラビーンズを使用しているのでコクもあります。人気商品なんだそう。

他にも希望のイメージでオーダーできるアイシングクッキーやオリジナルバースデーケーキがありますよ。気になる方はお店に相談してみてくださいね。

<店舗情報>
菓子工房さっちん
住所:岐阜県岐阜市柳津町東塚4‐10
電話:058-388-1234
営業日は不定期、インスタグラムに案内しています。
駐車場:並びのお店との共通駐車場が4台

 

■2:『nagara tatin(ナガラタタン)

agara tatin(ナガラ タタン)【岐阜県・岐阜市】

画像:dreaminy

続いてご紹介するのは、岐阜県『ナガラガワフレーバー』内にある『nagara tatin(ナガラタタン)』。

おしゃれでおいしいバターサンドが食べられると人気です。

agara tatin(ナガラ タタン)【岐阜県・岐阜市】

画像:dreaminy

こちらがその人気商品『Tatin’s Dachs(タタンズダックス)』。

6つのフレーバー(ベリーベリー、ピスタチオ、ラムレーズン、トロピカル、ローストチョコ、キャラメルナッツ )があり、1本税抜270円です。

カラフルで新しいタイプのスティック型バターサンドは、パキっと折ってみんなでわいわい、おしゃべりしながらシェアできますよ。

モーニングやランチも楽しめるカフェもあるので、ぜひそちらでもゆったりしていってくださいね。

<店舗情報>
nagara tatin(ナガラタタン)
住所:岐阜県岐阜市西材木町41-2(ナガラガワフレーバー内)
電話番号:058-214-3077、タタンカフェ058-263-5916、タタンベーカリー058-263-3326
営業時間:10:00~18:00、モーニング9:00~11:00、ランチ11:00~14:30
定休日:火曜日(祝日は営業)

 

■3:『vegetus cafe novem(ノウェム)』

vegetus cafe novem(ノウェム)【岐阜県・岐阜市】

画像:花井ゆり

岐阜市にあるおしゃれなヴィーガンカフェ『vegetus cafe novem(ノウェム)』。

こちらにはヴィーガンな食生活でない人も虜になるようなスイーツがありますよ。

vegetus cafe novem(ノウェム)【岐阜県・岐阜市】

画像:花井ゆり

ノウェムのメニューは、すべて植物性食材使用。また、可能な限り有機栽培のものを使っているのだとか。

ヴィーガンであること、そしてヴィーガンな食生活をしていない人にとってもおいしくあることにこだわって、ひとつひとつお店で手作りされたお菓子の数々。心と体が喜ぶ、魅力的なラインナップですね。

イートインだけでなくテイクアウトも可能です。手土産にもいかがでしょうか。

<店舗情報>
vegetus cafe novem(ノウェム)
住所:岐阜県岐阜市柳川町36
電話番号:058-213-0170
営業時間:11:30~18:00
定休日:月~木
駐車場 :あり

 

■4:『御菓子 つちや 俵町本店』

岐阜県大垣市『御菓子 つちや』

画像:御菓子 つちや

岐阜県大垣市『御菓子 つちや本店』は風情を感じる外観が特徴のお店。

大垣といえば“水の都”ともいわれる、とても水のきれいな街です。

そんな街に、「水を表すお菓子をもっと増やしたい」ということで社長さんが考案した和菓子が話題なんですよ。

岐阜県大垣市『御菓子 つちや』

画像:御菓子 つちや

それが『みずのいろ』という、伝統的な寒天の和菓子を極力薄く伸ばして作られた和菓子。

ハーブティーをベースに、天然の着色料などを加えて美しい色合いを出しています。

食べてみると、とても薄い水飴の中に寒天のゼリーが入っているような感じがします。それぞれのハーブティーが口の中に広がり、豊かな味わいです。

予約販売のみとなっていて、2週間ほど時間がかかるそう。気になる方は早めに予約するのがおすすめですよ。

<店舗情報>
御菓子 つちや 俵町本店
住所:岐阜県大垣市俵町39
電話番号:0584-78-2111(代)
営業時間:8:30~19:00
※ その他岐阜県内に多数店舗あり

 

■5:『saco』

saco【岐阜県・岐阜市】

画像:水野アキ

岐阜市にあるフランスの伝統菓子カヌレの専門店『saco』。

アンティークショップのような店内には、バニラの優しい香りがふんわりと漂っています。

saco【岐阜県・岐阜市】

画像:水野アキ

定番の『バニラカヌレ』(税込270円)は、口の中に香ばしさとバニラの甘さが広がります。甘すぎずペロリと食べられますよ。

外はバリッとしていて、中はふわふわ、もっちり。

他にも抹茶やチョコレートなど6種類あり、全種類購入していく方がたくさんいますよ。

持ち帰るときにはギフトバックに入れてもらえます。かわいいデザインで、手土産にも喜ばれますね。

カヌレ好きのオーナーがつきつめた味を、ぜひ多くの人とシェアしてみてくださいね。

<店舗情報>
saco
住所:岐阜県岐阜市加納村松町4-14-3
電話番号:058-208-2638
営業時間:10:00~16:00(売り切れ次第終了)
定休日:水、木、金
駐車場:2台

 

■6:『Cafe de Realite(カフェ ド リアリティ)』

Cafe de Realite(カフェ ド リアリティ)【岐阜県・各務原】

画像:栗木史乃

岐阜県各務原市にあるフラワーケーキ店『Cafe de Realite(カフェ ド リアリティ)』。

バタークリームでできた“フラワーアート”をふんだんに使用したケーキが食べられるお店です。

Cafe de Realite(カフェ ド リアリティ)【岐阜県・各務原】

画像:cafe de Realite

ケーキのフラワーは、バタークリームで花びらの一枚一枚細かく表現。

繊細でリアルなフラワーケーキは思わず歓声が出てしまうほどのかわいさです。

こちらの『フラワーカップケーキ』(税込600円)はテイクアウトも可能。

また、『フラワーケーキ(13cm)』(税込5,400円~)をはじめ、『飼っているペットの似顔絵ケーキ』(税込4,320円~)や『アニメのキャラクターケーキ』(税込4,320円~)、『3Dケーキ』(税込20,000円~)などもオーダーできます。

手土産から大切な日のプレゼントにまで選べるスイーツが揃う『Cafe de Realite(カフェ ド リアリティ)』。ぜひハイクオリティなスイーツを購入してみてはいかがでしょうか。

<店舗情報>
Cafe de Realiteカフェ ド リアリティ
住所:岐阜県各務原市尾崎北町5-38
電話番号:058-372-2247
営業時間:火~木11:00~18:00、金11:00~22:00、土日11:30~18:00(時期によって変動あり)
定休日:月曜日(ケーキ引渡・教室除く)

 

■7:『ラ パティスリー ダリオール(La ptisserie Dariole)』

画像:ラ パティスリー ダリオール

最後にご紹介するのは、岐阜県安八郡神戸町にある『ラ パティスリー ダリオール』。

絶品モーニングがいただけるケーキ屋さんは、ケーキ以外にもテイクアウトできるスイーツが充実しています。

画像:古川諭香

こちらはケーキだけでなくプリンやダックワーズ、マカロンなども購入できますよ。

ショーケースの横には焼き菓子コーナーも設けられており、クッキーやパウンドケーキなども並んでいます。

いろいろな種類のスイーツがあるので、あなたのお気に入りがきっと見つかりますよ。ぜひ足を運んでみてくださいね。

<店舗情報>
ラ パティスリー ダリオール(La ptisserie Dariole)
住所:岐阜県安八郡神戸町柳瀬1051-2
電話:0584-51-2311
営業時間:9:30~19:00
定休日:火曜 ※ 月に1回連休あり

 

いかがですか。

さまざまなスイーツを前に、どれにするか迷ってしまいますね。

ぜひお気に入りのお店を見つけて、足を運んでみてくださいね。

【おすすめ記事】

フルーツたっぷりポケットサンド!

おしゃれな「あいがけカレー」って?

余ったかき氷シロップで簡単デザート

「敬老の日」の贈り物に!(AD)

【画像】
※ dreaminy、花井ゆり、御菓子 つちや、水野アキ、栗木史乃、cafe de Realite、ラ パティスリー ダリオール、古川諭香、CUCURU編集部

※この記事は、2017年12月~2019年6月に取材した情報です。