CUCURU(ククル) > グルメ > 海苔の味によってキャラが違う!新・名古屋土産「のり子さんシリーズ」

海苔の味によってキャラが違う!新・名古屋土産「のり子さんシリーズ」

画像:(株)荒木海苔店

愛知県は味付海苔・焼き海苔の生産量が日本3位で、愛知の海苔は香りが高く高品質だということをご存知ですか?

今回は名古屋市中村区にある創業87年の『荒木海苔店』が、もっと多くの人に海苔を食べてもらおうと本気で作ったユニークな商品についてご紹介します。

 

■まるで女優カタログ!『のり子さんシリーズ』

画像:(株)荒木海苔店

インパクト大の女優カタログみたいなこちらの商品は、題して『のり子さんシリーズ』。なんとそれぞれの味付け海苔のイメージにそったパッケージになっているそう。パッケージでどんな味なのか推測するのも楽しいですね。

左端の『ツーンとのり子さん』はわさび味、左から3番目の『名古屋マダムのり子夫人』は元祖味付け、右端の『のり子デラックス』は焼き海苔、他にもブラックペッパー味、塩味などがあります。

同店は平成24年と26年に全国海苔テイスティング大会で優勝するなど、歴史と実績のある名店。そのため、中に入っている味付海苔は当然とってもおいしく高品質なんです。

ネットでのお取り寄せもでき、おいしさとインパクト、そして手頃な価格(税別500円~)に加え、お土産としては軽いのも嬉しいところ。現在、新幹線地下街のエスカ『なごみゃ』、『中部国際空港 セントレア』、『星ヶ丘三越』などで発売中。『なごみゃ』では売り上げが常に上位だそうです!

画像:(株)荒木海苔店

最近、『とろけるのり子さん』(佃煮海苔)も発売(写真前列左)。また、『ふりかけのり子さん』は第20回全国加工海苔品評会で水産庁長官賞を受賞。

画像:(株)荒木海苔店

新発売の『塩味のり子さん』など、さらなる新作やリニューアルも行われているので目が離せません。

 

■店舗では様々な海苔に出会えます

画像:かねお友香

お写真は荒木社長。名古屋市中村区にある店舗には、贈答用から普段使いのものまで、さまざまな海苔が販売されています。海苔は生産地でかなり味が違い、ブランドとしては国内に400余りもあるそう。

ブランドごとに様々な特徴があるので、用途に合わせて料理店などに卸すのが同店の仕事のひとつ。味付け海苔用なら表面の凸凹が多くタレがのりやすいもの、海苔巻きならご飯を巻いて香る海苔、軍艦巻きならシャリを巻き具材を乗せても表面が崩れにくい海苔と、それぞれにあった海苔を提供しています。

 

いかがでしょうか? 『のり子さんシリーズ』以外にも、五種類の海苔を食べ比べられる『違いがわかる男の海苔』や、訳あり上等海苔ギフト『俺の手土産』、料理や豆腐にかけて楽しむ『ぶっかけのりちゃん』など、インパクト大のネーミングの商品ばかり。

子どものおやつにもご家庭用にも、ちょっとした手土産にもお勧めですよ!

 

<店舗情報>

株式会社荒木海苔店

住所:愛知県名古屋市中村区名駅5-21-6
TEL:052-582-0007
定休日:日曜、祝日、第2第4水曜日(詳しくはお問い合わせください)
営業時間:8:30~17:30
HP:http://www.arakinoriten.com/

 

【画像】

※ 荒木海苔店

※ かねお友香