CUCURU(ククル) > グルメ > 即完売の人気店も!名古屋で見つけた「ベーグルがおいしいお店」6選

即完売の人気店も!名古屋で見つけた「ベーグルがおいしいお店」6選

画像:CUCURU編集部

みなさんはどんなパンがお好みですか? たくさんの種類がありますが、特に“ベーグル”が好き!という方もいるのではないでしょうか。

名古屋にはベーグルのおいしいお店がたくさんあります。専門店はもちろんのこと、カフェの個性派メニューに至るまで、きっとお気に入りのベーグルを見つけられますよ。

そこで今回は、以前CUCURUでご紹介したお店の中から、名古屋市内にある“ベーグルのおいしいお店”をピックアップしてご紹介します。

■1:con amore(コナモーレ)

画像:大橋千珠

最初にご紹介するお店は、『con amore(コナモーレ)』。大高緑地からすぐのところにあり、お客さんが途切れる間のないほどの人気店なんです!

生地に卵・バター・牛乳・油脂を使用しておらず、しっとりもっちりした歯ごたえが印象的。

画像:大橋千珠

種類は30種類以上ありますよ。

なかでも、たっぷりのクリームチーズとはちみつの優しい甘みの『はちみつクリームチーズ』(180円)、おやつにぴったりな『濃厚チョコクリーム』(170円)が人気です。

画像:大橋千珠

『ごろごろフルーツ&ナッツのぜいたくベーグル』(250円)は、ごろごろ入ったナッツやドライフルーツの量に驚きます。

遅い時間だと種類が少なくなるので、たくさん買いたい方は、お昼ごろに行くのがおすすめですよ。

<店舗情報>
con amore(コナモーレ)
住所:愛知県名古屋市緑区倉坂1508
電話:052-629-5541
営業時間:10:00~17:00
定休日:月曜日
駐車場:3台

 

■2:CONO’S COFFEE(コノズコーヒー)

画像:Minaho

名古屋市瑞穂区の『CONO’S COFFEE(コノズコーヒー)』。地下鉄名城線『妙音通』駅2番出口を出てすぐのところにあります。

店内に入ってすぐに、パンがずらりと並んでいます。ショーケースのパンは店内で食べることもできますし、テイクアウトもできます。

パンメニューに使われている食材は国産にこだわっているんですよ。

画像:Minaho

ご紹介するのは、インスタ映え確実の『レインボーベーグル』(税込250円)です。

外側も断面もまさにレインボー! カラフルですが味はついていないので、自宅で食べる際はクリームチーズやはちみつを塗ってくださいね。

他にもフードメニューが豊富ですし、お得なコーヒーチケットもあります。ぜひ訪れてくださいね。

<店舗情報>
CONO’S COFFEE(コノズコーヒー)
住所:愛知県名古屋市瑞穂区妙音通3-45-1 大江ビル1F
電話番号:052-848-7077
営業時間:月~金7:00~18:30(L.O.18:00)、土・日・祝7:00~18:00(L.O.17:30)
定休日:不定休
駐車場:なし(近隣にコインパーキングあり)

 

■3:TABICAFE(旅カフェ)

画像:大橋千珠

“旅”をテーマにしたお店、『TABICAFE(旅カフェ)』。名鉄『神宮前』駅を出て徒歩3分のところにあります。

店内には全国のお土産・国内外のガイドブックが並び、旅行前に計画を立てたり、旅行後に余韻に浸ったりと楽しむことができます。

名古屋・熱田区『旅カフェ』

画像:大橋千珠

ランチメニュー一番人気は、『天然酵母の自家製パンとハーブチキンのプレート』(890円)。

手作りの天然酵母のベーグルはプレーンとチーズの2種類です。ハーブを効かせたチキンはとってもジューシー! 大満足なプレートです。

テイクアウト用の天然酵母のベーグルは、約100種類あるレシピから10種類くらいを選んで毎日焼いているそう。卵や牛乳を使用しておらずシンプルな材料で作られています。

人気のベーグルを味わいながら、次の旅行の計画を立てるのも素敵ですね。

<店舗情報>
TABI CAFE(旅カフェ)
住所:愛知県名古屋市熱田区三本松町7-18
電話:052-784-6352
営業時間:11:00〜21:00(日・祝は11:00~20:00)
定休日:月曜日、第1・3日曜日(日曜日はほとんど営業しています)
座席数:15席
駐車場:なし

 

■4:BAGEL&BAGEL名古屋栄三越店

画像:河村弘子

続いてご紹介するのは、『BAGEL&BAGEL名古屋栄三越店』。

名古屋三越栄店内にある厨房で毎日焼かれており、店頭には焼き立てのベ―グルが並びます。

常時30種類の商品を取り揃え、季節限定商品も人気ですよ。

画像:河村弘子

人気No.1は、『ブルーベリーベーグル』(税込191円)。

粒の大きなブルーベリーを使用し、果肉をしっかり感じられるように、粒を潰さないように製造されています。クリームチーズとの相性も抜群!

もっちり感が特徴の『もち麦ベーグル』(税込191円)や、宇治抹茶を使用した『抹茶ホワイトチョコベーグル』(税込191円)も人気です。

ベーグルは購入から1か月程度冷凍保存できるそう。定番商品をはじめ、気になるフレーバーに挑戦するのもいいですね。

<店舗情報>
BAGEL&BAGEL名古屋栄三越店
住所:愛知県名古屋市中区栄3-5-1 名古屋栄三越B1F
電話:052-252-1359
営業時間:10:00~19:30
定休日:名古屋栄三越店店舗休業日に準ずる

 

■5:Maru Bagel(マルベーグル)

画像:大橋千珠

中区・東別院のそばにある、『Maru Bagel(マルベーグル)』。

電話番号もHPもないのに、ほぼ口コミだけで行列ができるという、まさに隠れ家のようなベーグル専門店です。

営業は平日のみで、時間は9:00~。品切れ次第で閉店し、シャッターを下してしまうそうです。

朝一から、焼きたてベーグルを買い求めに行列ができます。

画像:大橋千珠

まん丸の形ではなく、細長い楕円形が特徴。全て手作りでかわいらしい形です。

従来のベーグルより大きめなので食べ応えがあります。

『オレンジチョコ』は、甘すぎないビターチョコがオレンジピールの味も活かしつつまとまっています。中にもゴロゴロと具が入っていますよ。

温め方のリーフレットをもらえるので、そちらも試してみてくださいね。

<店舗情報>
Maru Bagel
住所:愛知県名古屋市中区大井町3-21
営業時間:9:00~売り切れ次第閉店
定休日:土日祝

 

■6:coharu*bagel(コハルベーグル)

画像:かねお友香

最後にご紹介するのは、『coharu*bagel(コハルベーグル)』。

マルシェのブースには長蛇の列ができ、ウェブショップではあまりの人気ですぐ売り切れてしまうため“幻の商品”とも言われています。

画像:かねお友香

そのベーグルの特徴は、ちょっと大きめでずっしり重く、“皮バリ・中モチ”。

小麦の香りやおいしさとともに、モチモチ食感がたまりません。国産小麦と天然酵母を使用し、生地を一晩寝かせているからなのですね。

ベーグルは常時16~19種類。ベーグルサンドが5種類。『ナッツフル-ツギュンギュンベーグル』、『よくばりチョコ』、『黒ごま贅沢チーズ』といったネーミングもかわいいですよね。

男性客も多く、毎日通うという人も。行列にも納得のベーグル、完売前に足を運んでくださいね。

<店舗情報>
coharu*bagel(コハルベーグル)
住所:愛知県名古屋市名東区猪高台1-1407
TEL:052-777-7753
営業時間:11:00~17:00(売り切れ次第終了)
定休日:日曜日・月曜日
駐車場:店舗北側に2台分あり

 

いかがですか。

行列必至の専門店の人気メニューからカフェの個性派まで、さまざまなベーグルをご紹介しました。

「毎日でも食べたい!」、そんなお気に入りのベーグルを見つけてくださいね。

【おすすめ記事】

フルーツたっぷりポケットサンド!

おしゃれな「あいがけカレー」って?

余ったかき氷シロップで簡単デザート

「敬老の日」の贈り物に!(AD)

【画像】
※ 大橋千珠、minaho、河村弘子、かねお友香、CUCURU編集部

※この記事は、2017年2月~2019年6月に取材した情報です。