CUCURU(ククル) > グルメ > ほっこり心温まるランチ。名古屋の「キッシュがおいしいお店」6選

ほっこり心温まるランチ。名古屋の「キッシュがおいしいお店」6選

画像:CUCURU編集部

フランス料理の定番“キッシュ”。パイやタルトなどの生地の上に卵や生クリーム・野菜などを入れ、オーブンで焼いた一品。

名古屋にも、そんなキッシュのおいしいお店がたくさんあるんですよ!

そこで今回は、以前CUCURUでご紹介した記事の中から、名古屋の“キッシュがおいしいお店”ピックアップしました。

■1:カフェヴェリーヌ

画像:夏目佳代

名古屋市昭和区の住宅街に佇む、かわいらしいカフェ『カフェヴェリーヌ』は、フランス料理を気軽に楽しめるフレンチカフェです。

また、「ただおいしいだけでなく、外食でも体によいものを」と野菜がたっぷりなのが特徴です。そんな想いはランチなどのメニューに溢れています。

画像:カフェヴェリーヌ

さらに一番人気なのは、高さが7cmもある『自家製キッシュ』(+380円)。

運ばれてきたときからプルプルと揺れていて、その柔らかさにはびっくりです。

卵を減らしつつ生クリームを増やし、時間をかけてゆっくりと焼いているのだそう。

こんなキッシュを朝食に食べたら、一日中、幸せな気持ちで過ごせますね!

<店舗情報>
カフェヴェリーヌ
住所:愛知県名古屋市昭和区村雲町27-15 シャンブルムラクモ1F
電話番号:052-872-8224
営業時間:ランチ 11:00~15:00(L.O.14:30)、夜カフェ17:00~22:00
定休日:不定休
駐車場:あり(10台)

 

■2:エーテル

画像:近藤淳子

街の一角にさりげなく溶け込んでいる、暖かいレンガと緑の枝葉の風景に縁取られたお店。

足下の小さな黒板に書かれた“本日のキッシュ”のメニュー。そんな名古屋・名東区のキッシュがおいしいお店が『ether(エーテル)』です。

エーテルはキッシュやケーキをおいしく楽しむのはもちろんのこと、友達とゆっくりおしゃべりしたり、ひとりで本を読みながら過ごすのも素敵なお店です。

日によっては、夕方訪れて夕食用にとキッシュを購入することもできますが、売り切れていることも多いそう。

キッシュを手に入れるためには早めの来店がおすすめです。

画像:近藤淳子

キッシュには定番の『キッシュロレーヌ』と、季節ごとに変わるキッシュの2つのパターンがあります。

すべてテイクアウトが550円、イートイン750円はキッシュ単品でミニサラダ付きです。

キッシュロレーヌは中にベーコン、クリームチーズ、タマネギが入っています。ひと口食べてみると、外はカリッと中はふんわり。口の中で温かく濃厚なクリームと生地が溶け合っていきました。

ほかにも『キッシュセット』は1,150円~で、“お好きなキッシュ+ドリンクメニュー”のドリンクの合計金額から50円引きです。人気の『キッシュ&ケーキセット』は1,350円ですよ。

<店舗情報>
ether(エーテル)
住所:愛知県名古屋市名東区本郷2-54-1 本郷ミユキビル1F
アクセス:地下鉄『本郷駅』2番出口から徒歩約3分
電話番号:052-777-3330
営業時間:11:30~19:00
定休日:火曜日、第1・3月曜日
駐車場:2台

 

■3:メツァ

画像:dreaminy

おいしいキッシュが人気の『metsa(メツァ)』は、名古屋・東山公園の近くにあります。

お店の雰囲気は北欧風でほんわかと温かい感じなので、落ち着いて食事やティータイムを過ごすことができます。

お店に入るとすぐにショーウィンドーがあり、その向かって左側がイートインスペースになっています。

こちらではキッシュ以外にも、旬のフルーツを使ったタルトも人気。時期やその日によって提供されるタルトの種類が変わるので、いろいろな種類が楽しめそう。

画像:dreaminy

キッシュの素材も野菜やきのこ、帆立など、日によって変わります。

「今日は何のキッシュだろう?」と、食べに行くのが楽しみになりますね!

ランチは『好きなキッシュまたはサンドウィッチ+本日のスープ+サラダ』(税込1,080円)と『好きなキッシュ+好きなケーキ(タルト)+好きなドリンク』(税込1,600円)の2種類。

キッシュとケーキ(タルト)はショーケースから好きなものを選択できますよ。ぜひ足を運んでみてくださいね!

<店舗情報>
metsa(メツァ)
住所:愛知県名古屋市千種区東山通り5-19 カメダビル中2階
電話番号:052-781-8004
営業時間:11:30~18:00
定休日:火曜日(水曜日不定休)

 

■4:キムラカフェ

画像:minaho

名古屋・桜山にある『KIMURA CAFE(キムラカフェ)』では、ハコの形をした『ハコキッシュ』のプレートセットを食べることができます。

名古屋市営地下鉄 桜通線 桜山駅から徒歩10分、または名古屋市営地下鉄 鶴舞線 荒畑駅から徒歩15分です。

名古屋市バス『滝子』バス停からだと徒歩3分で行くことができますよ。

ランチを始める前はマフィンのみの販売をしていたそうで、こだわりのマフィンがいくつも並んでいます。

独自でブレンドした小麦粉を使用し、砂糖はきび糖にこだわるなど、マフィンからも目が離せません。

画像:minaho

こちらが『ハコキッシュプレート ドリンクSET 』(税込1,100円)。見た目は可愛いけど、中身はボリューミーです。

中にはキノコなどの具がたっぷりと入っており、食べ応えがあるのに、中身はふわふわとろとろ。具材やデリの内容は日々変わるそうなので、何度行っても飽きませんね。

キムラカフェではモーニングもやっているので、全時間帯で楽しめそうですね。

ハコキッシュは手作りのため数に限りがあるので、前日もしくは午前中に予約したほうが確実ですよ。

<店舗情報>
KIMURA CAFE(キムラ カフェ)
住所:愛知県名古屋市昭和区丸屋町 1-6-10
営業時間:9:00~18:00
定休日:第2・第4日曜日、 毎週月曜日
駐車場:2台

 

■5:キッサ マシマロ

画像:夏目佳代

『キッサ マシマロ』は、地下鉄鶴舞線平針駅の北西、閑静な住宅街のマンション2階にあり、入口も隠れ家的でちょっとワクワクします。

窓際に面したカウンター席からは目の前の公園の緑が眺められ、一人でゆっくりと過ごしたいときにはピッタリの場所です。

また両脇の壁には一面の本棚が。オーナーが買い集められた本に寄贈されたものも含め、なんと1,400冊以上もの本が並んでいます。「自由に本を読んで、いくらでも居てください」とのこと。

画像:夏目佳代

オーナーご夫妻の手作りのメニューはサンドイッチからスイーツまでおいしいと評判ですが、なかでも人気なのがキッシュ(税別650円)。

具材が月替わりなのも魅力的です。キッシュをお目当に来るお客様も多く、日によっては早く売り切れてしまうこともあるそうなのでお気を付けて。

ほかにもチーズケーキやシュークリームなど、手作りのスイーツもおすすめ。キッシュのおともにいかがですか?

<店舗情報>
キッサ マシマロ
住所:愛知県名古屋市天白区平針2-808 ガーデンハイツ平針2F
電話:052-680-9648
営業時間:7:00~20:00
定休日:水曜日
駐車場:無し(付近にコインパーキングあり)

 

■6:イトリ

画像:花井ゆり

みなさん、名古屋などに出店しているケーキとキッシュのお店『itori(イトリ)』をご存知でしょうか?

2017年までは実店舗を構えて営業をしていたそうですが、業務形態を変え、現在は愛知県愛西市の工房でお菓子の個別オーダー(ホールケーキ、焼き菓子、誕生日ケーキ)、店舗への卸し、作製代行などを手がけています。

イベントやマルシェへ催事出店すると、看板もどこにあるのか分からないほど控えめなのに、たちまち行列ができる人気ぶりなんだそうですよ!

画像:花井ゆり

こちらは『自家製スモークチキンとそら豆のキッシュ』(税込550円)。鶏肉と無農薬そら豆がたっぷり入ったキッシュです。

大ぶりで食べ応えがありますが、素材の素朴さを活かした優しい味わいなので、あっさりと食べることができるんですよ。

ケーキやキッシュは、季節によってメニューが変わります。今後のラインナップもどうぞお楽しみに!

<店舗情報>
itori(イトリ)
※ お菓子の個別オーダーや催事出店はInstagramからご確認ください。

 

調べてみると、名古屋にもたくさんキッシュのお店があります。実は近くにあったという方もいたのでは?

具が日替わり・月替わりのお店が多いので、いつでも飽きずに食べられそうですね! 一日にいろんなお店を回るのも楽しそう。

ぜひ足を運んでみてください!

【おすすめ記事】

フルーツたっぷりポケットサンド!

おしゃれな「あいがけカレー」って?

余ったかき氷シロップで簡単デザート

「敬老の日」の贈り物に!(AD)

【画像】
※ 夏目佳代、カフェヴェリーヌ、近藤淳子、dreaminy、minaho、花井ゆり、CUCURU編集部

※ この記事は、2018年8月~2019年4月に取材した情報です。