CUCURU(ククル) > グルメ > 販売直後に完売!?入手困難な新食感の絶品スイーツとは

販売直後に完売!?入手困難な新食感の絶品スイーツとは

那須の新たなお土産として注目を集めている「バターのいとこ」というスイーツをご存知ですか?イベントに出店した際は、販売直後に完売することもある売り切れ必至の大人気商品です。「ふわっ・シャリッ・とろっ」という新食感の中にどこか懐かしさを感じさせる味わいで、一度は口にして欲しい一品。

那須のバターで食卓を豊かに

「バターのいとこ」を手がけるのは、栃木県の那須町で地元食材を中心とした直売所やレストラン・宿泊施設を運営している「Chus(チャウス)」です。
「那須で採れたおいしい牛乳から作った良質なバターで、世の食卓をより豊かなものにしたい」という想いが、スイーツ作りを始めるきっかけとなったのだそう。

喜びの連鎖を生み出すお菓子

バターは牛乳からたった5%しか採れない貴重なもので、その残りのほとんどが無脂肪乳となり、安価に販売されています。愛情込めて作られた牛乳の一部である無脂肪乳の価値を高めたいと考え、生まれたのがバターのいとこです。

バターのいとこの主原料に無脂肪乳を使うことで、生産者が喜びます。美味しいお土産が手に入ると、観光客も嬉しい。それによって観光客が増えれば、地域が活性化します。バターのいとこは生産者・観光客・地元の人など、皆を笑顔にするスイーツなのです。
また生産者が元気になることは、より美味しいバターを作り出すことにも繋がり、世の食卓がより豊かになっていく。美味しいだけではない、可能性に満ちた商品です。

「ふわっ・シャリッ・とろっ」の新食感

気になるのは、その味。
外側はバターの香りが立つゴーフル(ワッフル生地)です。想像以上に柔らかく、ふわっとした食感に驚きます。中に挟まれているのは、無脂肪乳で作ったとろっとしたミルクジャムと濃厚なバタークリーム。クリームの中に入った砂糖の粒がシャリシャリとした舌触りで、アクセントとなっています。
「ふわっ・シャリッ・とろっ」の3つが合わさった食感は、今まで体験したことのないような新鮮さ。
食感の新しさの一方で、ミルククリームの甘さとバターの塩気が絶妙にマッチした味わいは、どこか懐かしさを感じさせます。大人から子どもにまで好まれる味は、お土産やギフトとしても喜ばれそうですね。

那須を訪れたら立ち寄りたい

2019年4月には、バターのいとこの販売店が那須高原にオープンしました。
お土産として購入するのはもちろん、買ってそのままテラス席で食べたり、食べ歩きしながら周辺の散策をするのもおすすめですよ。
店頭からは地方発送も受け付けているそうなので、遠くに住む家族や友人へ贈ることも出来ます。那須に訪れた際には、是非立ち寄りたいスポットです。

通販やイベント出店も

その他、公式オンラインショップやイベントで購入することもできます。

少人数のスタッフですべての工程を手作業で行っている上に大人気商品のため、通販で注文した場合は、手元に届くまで数週間かかることも。それでも味わいたいほどの美味しさなので、待つ間もワクワクと楽しい時間になりそうですね。
通販で注文できるのは、バターのいとこのほかに、「いとこのラスク」と「Chusのグラノーラ」もセットになった詰め合わせです。バターのいとこに使われるゴーフル生地をカリッと焼き上げたラスクは、香ばしく程よい甘さで、食べ始めたら止まらないので要注意。グラノーラは、ドライフルーツがたっぷりと入っていて、ヨーグルトに合わせれば朝食にぴったりですよ。

新食感を是非味わって

生産者も買い手も那須の人々も笑顔にするバターのいとこ、いかがでしたか?
大人気で入手困難ではありますが、都内のイベントに参加することもあるそうなので、味わってみたいと思った方はSNSをチェックしてみてくださいね。
writer / カナ photo / Chus

※記事の内容(本文・画像など)に関しては、許諾を得て掲載しております。