CUCURU(ククル) > グルメ > 野菜で美味しくおなかいっぱいに!? 豊橋のサラダ&スープショップがすごかった

野菜で美味しくおなかいっぱいに!? 豊橋のサラダ&スープショップがすごかった

画像: BIBIKO

本格的な夏が到来しましたね! 食欲も落ちがちになってくる夏本番の時期には、辛さのスパイスや、彩りの美しいさっぱり食べられる旬の野菜を食べたくなりますよね。

イオン豊橋南店フードコート 2Fに今年4月にオープンした『サラダ&スープ ショップ』。「サラダなのにおなかいっぱいになる!」と美容や健康への意識が高い方に人気で話題なんです!

オープン以来、野菜を楽しめるサラダやスープのラインナップが中心でしたが、7月31(水)からさらに“野菜をおいしく食べる”メニューのバリエーションが増えるということで、さっそく取材に行ってきました!

■「野菜を食べなきゃ」って思っていませんか?

画像: BIBIKO

 

実は、 47都道府県中、 愛知県が最も野菜摂取量の少ない県だそうですよ。意外と1日に必要な量の野菜を摂るのって難しいですよね。

野菜をたっぷりとれるサラダ&スープ ショップでは、“野菜を食べなきゃ、から野菜を食べたい”へとおいしさで選んでもらえるようなメニュー作りをしているんだとか。

しかし、「サラダだけでは、おなかいっぱいにならないのでは?」と思う方も多いのではないでしょうか。

筆者もそう思っていたのですが、サラダ一皿に使用する具材の総量を220g、そのうち60gをお肉という割合で作られているため、ちょうどいい具合におなかいっぱいになりました。

さらに野菜をおいしく食べられる満足度の高いメニューが増えるというと、期待が高まりますね。

実際にどんなメニューかご紹介します。

 

■夏らしい新メニューとは?

(1)彩野菜のトマトカレー(ミニサラダ付き) 税込価格900円(本体価格834円)

はじめにご紹介するのが、カットトマト・トマトペースト・乾燥トマト・ミニトマトの4つのトマトをルーに使用した『彩野菜のトマトカレー』。

夏といえばカレー! 夏の暑さで減退ぎみの食欲も、カレーに含まれるスパイスの刺激で食が進んじゃいますね。

まず、食材の彩りの美しさに圧倒されます! そしてトマト、オクラ、パプリカなどゴロゴロっと大きくカットされた夏野菜はビタミン、ミネラルが豊富に含まれていてヘルシーです。

鮮度抜群の野菜はそのまま食べてもおいしいですし、隠し味にピーナッツバターを使ったカレーは旨味とまろやかさが増していて雑穀ごはんに良く合い、どこか記憶に残る、癖になる味ですよ。

(2)ガパオ風エスニックサラダ 税込価格700円(本体価格649円)

続いては、辛み、酸味、甘味を堪能できるエスニック好きにおすすめの『ガパオ風エスニックサラダ』です。

ガパオライスのライスの代わりに野菜がぎっしりベースにあり、ほんのり甘辛味の豚そぼろがアクセントになって、おなかいっぱいになるメニューです。
えびせんや春雨などの具材に、コクのある辛みのスイートチリドレッシングを合わせることで香りや食感がバランス良く絡み、箸がとまらなくなってしまいますよ。

 

どちらもちょっと刺激がほしくなる夏にピッタリのメニューですね。
雑穀ごはんと一緒にしっかり食べるトマトカレーは男性に、野菜たっぷりガパオ風サラダは女性に、人気がでそうです。

■定番のサラダもおすすめ!ドレッシングも選べる

もちろんオープン当時からの人気メニューもおすすめです。人気No.1は『ジャークチキンサラダ』(税込700円)。

ロメインレタス、紫キャベツのマリネ、レンズ豆のサラダなどたっぷりの野菜に、食べやすいサイズにカットされた香ばしさ漂うジャークチキンがよく合い人気のメニュー。雑穀ごはんとスープもセットでオーダーされる方が多いそうですよ。

メインのジャークチキンは、しっとりしており、野菜にもジャークチキンの味がしみていて、“野菜×ジャークチキン”の食べ応えがあり格別おいしいんです。

画像:BIBIKO/左からスイートチリドレッシング、コブサラダ風ドレッシング、野菜ドレッシング

サラダといえばドレッシング! サラダ&スープ ショップでは、使用する食材の味を引き立てるこだわりのレシピで毎日丁寧に3種類が作られています。

そのときの気分でドレッシングの味を変えられるのも、飽きが来ずに何度も通っちゃう理由のひとつですね。

 

■券売機で簡単に注文できる!

注文は券売機が設置されているので、簡単です。

お好きなメニューを選んで券売機で購入し、注文口でお店の人に券を渡します。

野菜がずらっと並んだケースから野菜を盛りつけしてくれるので待ち時間もつい見入っちゃいますよ!

『サラダ&スープ ショップ』は、おいしいサラダを単純に食べるという感覚ではなく、ひとつの完成されたメインディッシュとして楽しめるのが特徴です。

今回の新メニューのように、野菜がたくさん食べられるメニューのバリエーションもどんどん増やしていく予定なんだとか。

 

サラダ専門店というと、女性のお客さんが多いイメージがありますが、フードコート内ですので家族連れや男性も入りやすいですよ。

お買い物のついでにぜひ立ち寄ってみてくださいね。

 

 

【参考】
※ 国民健康・栄養調査(2012年)―厚生労働省