CUCURU(ククル) > グルメ > 秋が来るまでに絶対食べたい!愛知県にある「おいしい桃パフェのお店」8選

秋が来るまでに絶対食べたい!愛知県にある「おいしい桃パフェのお店」8選

画像:CUCURU編集部

プリっとした食感に溢れる果汁。ついに桃が旬の季節となりました! そんな桃とスイーツの王様“パフェ”の組み合わせを待ちわびた人が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、以前CUCURUでご紹介したお店の中から、愛知県にある“桃パフェ”が話題のお店をピックアップしてご紹介します。

■1:東海市『和田珈琲店 季楽』

和田珈琲店 季楽【愛知・東海市】

画像:大橋千珠

はじめにご紹介するのは『和田珈琲店 季楽』。店内は木目と白を基調として木のぬくもりの感じられる空間です。

大きな窓からはお庭の木々が見えて気持ちいいですよ。

和田珈琲店 季楽【愛知・東海市】

画像:大橋千珠

桃パフェ(1,100円)は、7月~8月の期間限定での販売となっています!

桃をまるっと1個使用し、すっきりしたコクのあるソフトクリームの下には紅茶のゼリーと桃のゼリー。

カスタードも入っていて、桃がより一層おいしく食べられる一品ですよ。

おいしいコーヒーと一緒に楽しんでみてくださいね。

<店舗情報>
和田珈琲店 季楽
住所:愛知県東海市富貴ノ台2-120
電話番号:052-601-5557
営業時間:8:00~18:00(L.O. 17:30)
定休日:年末年始
駐車場:20台

 

■2:春日井市『coco de cafe(ココ デ カフェ)』

画像:大橋千珠

続いてご紹介する『coco de cafe(ココ デ カフェ)』は、春日井市総合体育館の近くにあります。

常連さんでにぎわっているカフェで、ゆったりくつろげるお店ですよ。

画像:大橋千珠

こちらの桃パフェ(1,200円)に使われる桃は、小牧市の農家さんから直接仕入れているそう。

中はしっかりとした甘みがある完熟桃と生クリーム、アイス、紅茶のゼリー、シフォンケーキなどで構成されており、最後までおいしく食べられます!

画像:大橋千珠

上から見ると、まるでお花が咲いたよう! 見た目のかわいさも楽しめるパフェです。

また、パフェとセットのドリンクはコーヒー、紅茶、ソーダ水、ミルク、カルピス、コーラから選べますよ。

ぜひこの時期だけのパフェを食べてみてくださいね。

<店舗情報>
coco de cafe(ココ デ カフェ)
住所:愛知県春日井市岩野町2-12−24
電話番号:0568-84-0013
営業時間:8:00~18:00
定休日:金曜日
駐車場:4台

 

■3:名古屋市南区『DEUX DE BOIS(ドゥ・ド・ボワ)』

名古屋市南区『ドゥ・ド・ボワ』

画像:大橋千珠

『DEUX DE BOIS(ドゥドボワ)』が提供する桃パフェはインスタグラムでも話題で、連日桃パフェを求めてたくさんの方が訪れています。

イートインスペースはテイクアウトの場所と区切られているので、ゆったり過ごせます。テラス席もあるので、天気の良い日はそちらで食べるのも良いですね。

名古屋市南区『ドゥ・ド・ボワ』

画像:大橋千珠

こちらが超人気の期間限定スイーツ、桃パフェ(税別1,200円)。その中身が超豪華なんです。

まず、パフェの一番上には完熟のランボワーズがのっていて、ささやかな酸味としっかりとした甘みがあります。

桃の下には桃のソルベがあります。桃の爽やかな香りと風味豊かな味わいを閉じ込めているので、ソルベだけでも十分なおいしさです。

また、フランボワーズのソースが華やかで目を引きますが、生クリーム、カスタード、パリパリに焼いたクレープを砕いたロイヤルティーヌなども入っています。

そして、大本命である桃はジューシーでみずみずしく、ほどよい甘みがありおいしい! 中にもカットした桃が入っており、1つの桃パフェで桃を丸ごと味わうことができました。

注文できるのは12:00〜18:00の間なのでご注意を。贅沢な桃パフェを味わてみてくださいね。

<店舗情報>
DEUX DE BOIS(ドゥ・ド・ボワ)
住所:愛知県名古屋市南区加福本通1-1
電話:052-614-5507
営業時間:9:30~19:00
定休日:水曜日

 

■4:岡崎市『ミールカフェ Brasserie Cafe Мир 岡崎本店』

ミールカフェ Brasserie Cafe Мир 岡崎本店【愛知県・岡崎市】

画像:ミールカフェ Brasserie Cafe Мир 岡崎本店

愛知県岡崎市のパフェで有名な『ミールカフェ』。その本店が移転し、新店舗が登場しました。

店内にはガラス張りの広々とした空間が! テラス席もあり開放的な印象です。

画像:Cafeくろねこ

初夏からは大人気の桃パフェがスタートしています(※ 写真は移転前のものです)。

『極桃パフェ』という名前の通り、究極の桃が使われています。フルーツ等級のなかでも最上級ランクの『白鳳』を仕入れており、味わいは格別!

果汁が多くて肉質は柔らかく、繊維が少ないのが特徴。一言でまとめるならば、果汁がぼたぼたと滴るジューシーで甘い桃です!

最高レベルの味をぜひ堪能してみてくださいね。

<店舗情報>
ミールカフェ Brasserie Cafe Мир 岡崎本店
住所:愛知県岡崎市下佐々木町宮畑51-7
電話番号 : 0564-83-5882
営業時間:morning 8:30~10:30、lunch1 11:00~13:00、lunch2 13:30~15:30、dinner 18:00~22:00(L.O.21:00)
定休日 : 水曜日
駐車場:あり

 

■5:名古屋市中村区『ミールカフェ 名古屋店』

画像:イセタンハウス(名古屋)

さきほど紹介した『ミールカフェ』が、6月6日(水)に名古屋にもOPENしました!

吹き抜けに面したガラス張りの店内は、とても明るく開放的な空間です。

お一人様でもショッピングの途中で気軽に楽しめる雰囲気ですよ。

画像:ミールカフェ 名古屋店 (Мир cafe)

そして、あの大人気の桃パフェが名古屋の店舗でもいただけます!

『桃パルフェ』(税込1,080円)は、岡崎本店の桃よりも一回り小さめですが、同じ最上級の桃を使用。

さらに嬉しいのが、名古屋店では行列に並ぶ必要がないんです!

店頭に順番受付機が設置してあり、人数を入力するだけで受付が完了。後はスマホで順番待ちの状況がわかるので店頭で待つ必要なし!

究極の一品をよりお手軽に楽しみたい方は、ぜひ足を運んでみてくださいね。

<店舗情報>
ミールカフェ 名古屋店
住所:愛知県名古屋市中村区名駅3-28-12 大名古屋ビルヂングイセタンハウス2F
電話:052-224-2222(イセタンハウス代表電話)
営業時間:11:00〜21:00(L.O.20:30)
定休日:大名古屋ビルヂングに準ず
駐車場:大名古屋ビルヂング有料駐車場

 

■6:知多郡美浜町『フレーベルラデュ』

画像:かねお友香

美浜町にある『フレーベルラデュ』は、なんと朝10時の開店前から、すでに行列ができるほど人気のお店です!

ステキな橋を渡り、庭園を抜けた先にお店があります。まるで夢の世界に入り込んだ気分になりますよ。

画像:かねお友香

こちらが桃ををまるごと1個使った桃パフェ!

相当なボリュームで、きれいにカットされた桃の下にはゼリーや自家製アイスがぎっしり!

フォトジェニックなパフェが席に運ばれると、思わず歓声が上がっていましたよ。

行列にならぶ価値大アリの絶品パフェ。ぜひその味を確かめてみてくださいね。

<店舗情報>
フレーベルラデュ
住所:愛知県知多郡美浜町大字北方字立戸14-1
アクセス:名鉄河和駅から北へ徒歩10分 知多半島道路美浜ICから車で8分
営業時間:10:00~18:00
定休日:水曜日、第2・第4火曜日
電話:0569-82-3568

 

■7:半田市『シャンドール

画像:大橋千珠

半田市にある『シャンドール』は、筆者が開店ジャスト到着したところすでに180分待ち。相当な人気ぶりが伺えます。

開店と同時にネットで当日予約が取れるようになり、お店の外にも座るスペースがあるので自分のペースで待つことができます。

画像:大橋千珠

こちらの桃パフェ(税別1,080円)は、シュッとした見た目で10切れの桃が丁寧に盛り付けられています。

桃がちょうどいい具合に熟しているので、一口かじると果汁が溢れてきます。

トップには生クリーム、グラスの中にはバニラアイス、フローズン桃、桃シャーベットと桃づくし。乳製品のコクがあるんですが、くどくなく桃のジューシーな味わいと絶妙にマッチしています。

桃好きな人にはたまらないパフェ。心ゆくまで桃を満喫してくださいね。

<店舗情報>
シャンドール
住所:愛知県半田市有楽町3-164
TEL:0569-22-6487
営業時間:10:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:月曜、第1・第3火曜(月曜日が祝日の場合火曜日が定休)

 

■8:名古屋市天白区『Laid Back(レイドバック)』

画像:夏目佳代

最後にご紹介するのは、天白区にあるアメリカンなカフェ『Laid Back(レイドバック)』。

音楽好きのオーナーがアメリカの酒場をイメージして作られた店内は、壁にギターがかかっていたり、アメリカの雑貨がたくさん並んでいて、本当にアメリカの片田舎に来たような感じ。

画像:夏目佳代

季節のパフェ(1,000円)を提供していて、今の時期は桃となっています。

コーンフレークなどの入らない王道のパフェで、バニラアイス、生クリーム、ヨーグルトが入っていて、てっぺんには焼き立てのワッフルが乗っています。

桃はお店で寝かせて一番おいしい熟し加減で出されているので、果実そのものも最高においしいですよ。

桃が提供されるのは8月いっぱいくらい。途中で黄桃に代わり、旬とともに終了します。ぜひお早めに足を運んでみてくださいね。

<店舗情報>
Laid Back(レイドバック)
住所:名古屋市天白区原2丁目202 びい6植田
電話番号:052-848-7667
営業時間:11:30~21:00 (8月以降は7:00~19:00)
定休日:火曜日
駐車場:あり(3台)

 

いかがですか?

具材の種類や盛り付け方など、それぞれのお店でこだわりがありますよね。

この季節を逃せばまた1年間出会えないものたちばかり。ぜひ夏が終わるまでに好きなパフェと思い出を作ってくださいね。

【おすすめ記事】

人気ベーカリーの「冷やし中華パン」って!?

八百屋さんの「フルーツサンド」が絶品!

新鮮野菜が安い!日進市の「激安スーパー」

東京グルメ日帰り取材旅!(AD)

【画像】
※ 大橋千珠、Cafeくろねこ、ミールカフェ Brasserie Cafe Мир 岡崎本店、イセタンハウス(名古屋)、ミールカフェ 名古屋店 (Мир cafe)、かねお友香、夏目佳代

※ この記事は、2017年7月~2019年7月に取材した情報です。