CUCURU(ククル) > グルメ > 季節のメニュー満載!名古屋・緑区『山田餅なるみ』の絶品こだわり和菓子

季節のメニュー満載!名古屋・緑区『山田餅なるみ』の絶品こだわり和菓子

画像:山田餅なるみ

和菓子を食べると季節を感じられますね。

今回ご紹介するのは、名古屋市緑区にある『山田餅なるみ』。愛知県に何店舗か『山田餅』はありますが、素材の選定、仕入れ、販売している和菓子はそれぞれお店によって違います。

今回伺った山田餅なるみでは夏限定でかき氷も販売していました。季節の和菓子や量り売りのわらび餅もあり、ワクワクする売り場ですよ。さっそくお店の魅力をお伝えしますね。

■最寄駅は鳴海駅。駐車場完備

画像:大橋千珠

山田餅なるみは名鉄鳴海駅を出て、鳴海コミュニティーセンターや鳴海城跡公園の方面に進んだ先にあります。花井の交差点の角にありますよ。

画像:大橋千珠

駐車場はお店の西側の山田餅と書かれたところに4台止められますし、東側にピザハットさんとの共同駐車場もあります。

画像:大橋千珠

お店に入るとショーケースにずらっと並ぶ和菓子。

画像:大橋千珠

店内にもおかみさんのこだわりが詰まっています。ステンドグラスが店内にあり、目でも楽しんでもらえるような工夫をされています。

画像:大橋千珠

ハンドメイドのアクセサリーも販売しているので欲しい方は購入できますよ。

画像:大橋千珠

包むことにもこだわっており、包み紙はおかみさんがデザインしたものだとか。掛け紙は季節に合わせたものを使っているそうです。持っていく人ももらう人もワクワクしますね!

 

■定番から季節限定まで、人気の和菓子は?

山田餅なるみの和菓子は、製法は昔ながらでありながら、見た目は新しい、現代風の和菓子が売っています。

画像:山田餅なるみ

山田餅といえば、『草もち』(1個税別150円)が有名ですよね。山田餅の草もちや大福は餅生地に砂糖を入れずにつくことで柔らかくしているそう。

塩気を感じる餅生地は中のあずきの甘さと合わさると最高! 2個3個と食べたくなりますよ。

画像:山田餅なるみ

一番人気は『くるみ餅』(税別150円)。柔らかい餅の中にゴロゴロと入ったくるみが香ばしくて、おいしい!

画像:大橋千珠

『わらびもち』は量り売り。100gで税別165円。量り売りから始まる会話も楽しめます。お餅屋さんのわらび餅は他のお店とは違い、もっちりとろける食感で絶品!

販売期間はゴールデンウィーク明け〜8月31日までです。

画像:山田餅なるみ

土用の入りからお盆明けまで販売される『土用餅』(1個税別150円)も人気です。おはぎとは違い、中のお餅は粒が残らないタイプ。

画像:山田餅なるみ

『鬼まんじゅう』は鹿児島の新芋しか使用していないため、期間限定の販売です。7月〜12月中頃までで1個税別150円。

画像:山田餅なるみ

8月の『楽しむ和菓子』(税別1,150円)はほおずきや朝顔、スイカなど夏を感じられるラインアップです。限定品なので、欲しい方は早めがおすすめ。

 

■30度を超えたら販売開始!こだわりのかき氷

画像:山田餅なるみ

3年前に販売を始めたかき氷は2種類。まずは、『抹茶金時白玉』(税別500円)。白玉とあんこ、西尾産抹茶がたっぷりかかった一品。

抹茶はシロップの上からさらに抹茶がかかっているので濃厚な抹茶を味わえます。白玉はもちもち。あんこは上品な甘さでかき氷のおいしさを引き立てています。

画像:山田餅なるみ

そして、『黒糖金時白玉(税別500円)』。黒糖はミネラル豊富なので夏にぜひ食べたいですね!

他にも氷が乗った『冷やし白玉ぜんざい』(税別450円)もあるので、ちょっと甘いものを食べたいときにもいいですね!

かき氷は彼岸入りまでの提供となっています。

 

いかがですか?

こだわりの詰まった山田餅なるみの和菓子やかき氷。季節によってどんどんメニューが変わるので、季節ごとに通いたいですね!

 

<店舗情報>
山田餅なるみ
住所:愛知県名古屋市緑区鳴海町字花井町14-1
電話:052-622-3081
営業時間:9:00~18:00
定休日:火曜日(8月5日〜9日はお盆休み)
駐車場:お店の西側に4台と東側にピザハットさんとの共同駐車場あり

【おすすめ記事】

人気ベーカリーの「冷やし中華パン」って!?

八百屋さんの「フルーツサンド」が絶品!

新鮮野菜が安い!日進市の「激安スーパー」

東京グルメ日帰り取材旅!(AD)

【画像】
※ 山田餅なるみ、大橋千珠

※ この記事は、公開日時点の情報です。