CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > 岐阜の地酒とグルメを堪能!『岐阜地酒バル』アクティブGに期間限定オープン

岐阜の地酒とグルメを堪能!『岐阜地酒バル』アクティブGに期間限定オープン

画像:森ビル都市企画株式会社

毎年好評の『岐阜地酒バル~美濃の食・飛騨の食~』が、7月18日(木)から8月31日(土)までの間、岐阜市の体感型文化商業施設『アクティブG』の2階ふれあい広場南特設会場で開催されています。

岐阜県産食材を使用した料理や地酒が楽しめる期間限定バル。3回目の開催となる今年は、どんなイベントにパワーアップしているのでしょうか?

■岐阜地酒バル~美濃の食・飛騨の食~

画像:森ビル都市企画株式会社

今年は「岐阜の食通になれる場所」をコンセプトに、地酒のほか、岐阜県産のビールやジンなどが用意されるとのこと。

日本酒は、三千盛・鯨波・天領・竹雀など県内10種類以上が用意されています。そして今年は、飛騨の天然水を使用した『飛騨高山麦酒』など5種類以上の地ビールも初お目見え。

さらに、700以上の醸造所・蒸留所を巡り修行してきた辰巳祥平さんがつくる、郡上市『辰巳蒸留所』のクラフトジン『アルケミエ』も数量限定で登場! こちらは、日・月・火曜日限定でいただけるそうなので、曜日にご注意くださいね。

また、そんなお酒たちと合わせて楽しみたいのが、アクティブGの飲食店10店舗が提供する、美濃と飛騨の食材を活かした料理。“東京とんかつキララ”の『奥美濃古地鶏とり天』(600円)や“円相くらうど”の『飛騨牛朴葉焼き』(1,600円)など、どれも地酒に合う一品ばかり。

豊富な種類の地酒を飲み比べながら、おいしい料理に舌鼓……贅沢な時間が過ごせそうですね。

 

■岐阜の食を堪能するワークショップ

期間中は、岐阜の食に関する5つのワークショップも開催。

高山市の味噌を使用したコースにごり酒『白川郷』のペアリングを楽しむイベントから、醤油や漬物など岐阜の発酵食品の製法を生産者から学ぶものまで多種多様。

ワークショップに参加することで、より深く岐阜の食を知ることができるでしょう。

 

岐阜県内では、全国に誇れる食材や地酒がいっぱい!

お酒や料理などを通して、岐阜の魅力を堪能してみてはいかがでしょうか?

<イベント情報>
岐阜地酒バル~美濃の食・飛騨の食~
開催期間:2019年7月18日(木)~8月31日(土)
会場:アクティブG(岐阜市橋本町1-10-1)2階 ふれあい広場南特設会場
営業時間:17:00~22:00(閉店時間)
席数:40席
電話:058-266-6124

【おすすめ記事】

人気ベーカリーの「冷やし中華パン」って!?

八百屋さんの「フルーツサンド」が絶品!

新鮮野菜が安い!日進市の「激安スーパー」

東京グルメ日帰り取材旅!(AD)

【参考】
岐阜県産食材と地酒が堪能できる期間限定バル。今年は県産のビールやジンもご提供。岐阜の食に関するワークショップも実施!「岐阜地酒バル~美濃の食・飛騨の食~」-PR TIMES

【画像】
※ 森ビル都市企画株式会社

※ 記事の情報は公開日時点のものです。