CUCURU(ククル) > 美容・健康 > 【2019年夏秋版】プロが教える!今注目の「流行ネイルデザイン」6選

【2019年夏秋版】プロが教える!今注目の「流行ネイルデザイン」6選

画像:継田理恵

指先がキラキラしていると、気分が上がりますよね!

でも、いつも同じパターンのネイルをしていたり、すっかりネイル離れしていたり……なんてことはありませんか? せっかくおしゃれをするなら、洋服やメイクだけでなく、ネイルのトレンドも押さえておきたいところ。

そこで今回は、名古屋・名東区にあるプライベートネイルサロン『nailsalon ALLEY(アレイ)』の大河内奈津希さんを取材。押さえておきたいトレンドと、デザイン例をご紹介いただきました。

■プロに聞いた!今やるべきトレンドデザイン6つ

ネイリストの大河内さんによると、「今年も引き続き人気なのが、ニュアンスネイル」とのこと。ニュアンスネイルとは、これといった模様ではなく、抽象的なデザインを施したネイルのことです。

今人気のニュアンスネイルを作るキーワードは次の6つ!

(1)ミラー・・・光沢感のあるシルバーに仕上がる、ミラーパウダーを使ったデザイン。

(2)凹凸・・・硬いジェルを重ねて高さを出し、爪に凸凹のデザインを作ります。ウェーブ状や縦ライン、サークル状などさまざま。

(3)もやもや・・・複数カラーを使い、ぼかすように仕上げます。

(4)クリア・・・透明カラーで、自爪の色を活かします。

(5)くすみカラー(シアー系)・・・鮮やかな色ではなく、アースカラーと呼ばれるようなくすんだ色のデザイン。

(6)天然石・・・贅沢に天然石をオンします。

(7)ブリーディングインク・・・ジェルネイルでは叶わない絶妙な滲み感のある色を作り出すインク用インク。

「この6つのデザインを組み合わせてデザインするのがトレンドだと思います。当店でも評判がよく、他店でもオーダーが多いようです。カラーで季節感を出せば、秋冬も引き続き流行りそう!」と大河内さん(以下、「」内同)。

では、6つのデザインをどのように組み合わせたらよいか、おすすめネイルをご紹介しましょう。

 

■「どこのサロン?」と聞かれる!見惚れるトレンドネイル

(1)クリアベース×ミラーネイル

画像:継田理恵

「この夏、注目されているのがクリアカラー。自爪の色を活かした透明なネイルにデザインをしていきます。爽やかで涼しげな印象になるので、夏祭りや海にお出かけのときには特におすすめ!

クリアでもパールなどをのせると、華やかになり寂しい印象になりません。このデザインのように、ミラーネイルとアシンメトリーにすると一気にゴージャスでおしゃれ感が増します」

(2)くすみ系シアーカラー×ブリーディングインク×天然石

画像:継田理恵

「人気上昇中なのが、ブリーディングインクを使ったデザイン。シアーなくすみカラーと合わせると、インクのカラーは映えます。ジェルをぼかすだけでは生まれない絶妙なニュアンスで、最近注目している人が多いようです。

すべての爪にブリーディングインクを使わず、シアー系のくすみカラーだけの爪に天然石をのせて、色やボリュームのバランスをとって」

(3)もやもや×凹凸×ミラー

画像:継田理恵

「レッド系のカラーを組み合わせたもやもやに、縦の波状の凹凸を作ったデザインです。ミラーをアクセントに。やり過ぎ感はないのに、凹凸やミラーがあることでこだわったネイルに見えます。

もやもやはどんなカラーでもできるので、好きな色や洋服の系統、季節に合わせて、いろんなカラーに挑戦してみて」

(4)シアー系くすみカラーと天然石

画像:継田理恵

「シアーなくすみカラーに凹凸を作り、天然石を惜しみなく使ったデザイン。オーロラフィルムを敷いてから天然石をのせたり、箔を施してジェルを重ねたりすることで、奥行きを感じさせます。

角度によって違う輝き方をする、表情豊かなネイルです」

 

トレンドのデザインやカラーを組み合わせば、仕上がりパターンは無限大。流行を取り入れつつ、自分好みのネイルをオーダーしてみてはいかがでしょうか。

【おすすめ記事】

人気ベーカリーの「冷やし中華パン」って!?

八百屋さんの「フルーツサンド」が絶品!

新鮮野菜が安い!日進市の「激安スーパー」

東京グルメ日帰り取材旅!(AD)

【取材協力】

大河内奈津希・・・子連れで通える完全予約制プライベートネイルサロン『nailsalon ALLEY』主宰(地下鉄東山線上社駅より7分)。トレンドを押さえつつ、一人一人の好みに合わせてデザインを提案。爪の薄さやネイルの剥がれやすさなど、悩みに合わせた施術を行っている。JNEC1級、JNA上級取得済みの確かな技術と、たゆまぬ探求による豊富なデザインで支持されている。

【画像】
※ 継田理恵

※ 記事は公開日時点の情報です。