CUCURU(ククル) > グルメ > ふわふわの氷が最高!名古屋駅周辺で見つけた「おすすめかき氷」5選

ふわふわの氷が最高!名古屋駅周辺で見つけた「おすすめかき氷」5選

画像:CUCURU編集部

うだるような暑さとじめじめした湿気がつらい夏……。毎年この季節がつらいという方も多いのではないでしょうか?

そんな季節を乗り切るには、冷たくておいしい“かき氷”がおすすめ! ひんやりとした食感が、頭と体をスッキリとさせてくれますよ。

そこで今回は、以前CUCURUでご紹介したお店のなかから、“名古屋駅周辺のかき氷のお店”をピックアップしてご紹介します。

■1:カフェ・ド・サリュー

カフェ・ド・サリュー【名古屋市・中村区】

画像:木村純子

ジェイアール名古屋タカシマヤ『カフェ・ド・サリュー』。人気の理由は“自分の好みと気分に合わせて自由に食べられる”かき氷があるからなんだとか!

お店の場所はジェイアール名古屋タカシマヤ9Fとアクセス抜群。お買い物の休憩やランチに終日賑わっています。

店内はラグジュアリーな雰囲気。ゆったりくつろぎながら、素材にこだわったかき氷や、個性豊かなパフェなどがいただけます。

カフェ・ド・サリュー【名古屋市・中村区】

画像:木村純子

人気のかき氷は『藤吉抹茶』(税込1,296円)。丹波の牛乳を使ったミルク氷に中村藤吉のお抹茶をたっぷりとふりかけ、北海道小豆をのせています。

2色の白玉とわらび餅、さらには黒糖と抹茶の2種類のシロップも別添でついています。絹のようなミルク氷はやさしい口どけ。そのままでもおいしいかき氷ですが、黒糖や抹茶シロップをお好みでかけて味の変化を楽しめます。

他にもランチメニューや、ティータイムにオススメな紅茶・コーヒーなども提供されているので、かき氷のお供にいかがでしょうか?

<店舗情報>
カフェ・ド・サリュー
住所:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 ジェイアール名古屋タカシマヤ 9F
電話:052-566-1101(代表)
営業時間:10:00〜20:00(L.O.19:30)
定休日:不定休
駐車場:タワーズ駐車場1,300台(30分320円)※ 5,000円以上利用で60分、20,000円以上利用で120分、50,000円以上利用で180分無料

 

■2:文の助茶屋

画像:木村純子

名古屋駅のジェイアール名古屋タカシマヤ6Fにある『文の助茶屋』は、明治末期から京都東山で愛されてきた甘味処です。

創業以来受け継がれた手作りの伝統技法で作る看板商品の甘酒、ニッキの効いたわらび餅は京都のお土産としても人気なんですよ。

お店では一年を通してみぞれ氷・いちご氷・宇治金時などの定番かき氷がいただけます。他にもパフェが人気なのだとか。

画像:木村純子

こちらは夏限定のかき氷『きながくれ』(税込1,080円)。三重県美里町の天然水で作られた氷を使ったかき氷は、ふわふわのパウダースノー。真っ白で上品なミルクのかき氷です。

食べ進めると中には、粒あん、寒天、わらび餅、そしてきなこソフトが隠れているんです! どれもこだわりの素材を使った自家製でお店で毎日手作りしているそう。

定番のかき氷は通年楽しめますが、ご紹介した『きながくれ』などの夏限定メニューは、9月中旬ごろまでの販売です。気になる方はぜひお早めに足を運んでくださいね。

<店舗情報>
京甘味 文の助茶屋 名古屋店
住所:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 ジェイアール名古屋タカシマヤ6F
電話:052-566-1101(代表)
営業時間:10:00~20:00(ラストオーダー19:30)
定休日:不定休
駐車場:タワーズ駐車場1,300台(30分320円)※ 5,000円以上利用で60分、20,000円以上利用で120分、50,000円以上利用で180分無料

 

■3:赤福茶屋

画像:赤福

『赤福茶屋』は、ジェイアール名古屋タカシマヤの地下1Fの食料品フロアにあります。お持ち帰りの赤福もこちらで購入することができますよ。

その赤福茶屋で例年4月中旬ごろに始まるのが『赤福氷』。昭和36年に二見浦で海水浴客に提供しようと考案したのが始まりで、改良を加えながら50年以上も愛されているかき氷です。

かき氷の販売は夏期限定で例年10月上旬くらいまでとなります。お早めに足を運んでくださいね。

画像:木村純子

抹茶蜜がたっぷりとかかった『赤福氷』(税込520円)。氷の中には“こしあん”と“お餅”がたっぷり。温かいほうじ茶と一緒にいただきます。

赤福餅のお餅は冷たい氷にのせると固くなってしまうため、かき氷用に特別に作っています。こしあんも赤福そのものではなく、かき氷になじむように工夫しています。だからこそおいしいんですね!

ぷるんとつややかなお餅となめらかなこしあん、そしてさっくりとした抹茶蜜の氷。3つの絶妙な相性がおいしさの理由です!

<店舗情報>
赤福茶屋 ジェイアール名古屋タカシマヤ
住所:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 ジェイアール名古屋タカシマヤ地下1F 和菓子売場
電話:052-566-1101(代表)
営業時間:10:00~20:00(喫茶L.O.19:30)
定休日:不定休
駐車場:タワーズ駐車場1,300台(30分320円)※ 5,000円以上利用で60分、20,000円以上利用で120分、50,000円以上利用で180分無料

 

■4:青柳総本家 KITTE名古屋店

画像:木村純子

愛知県・名古屋駅にある『青柳総本家 KITTE名古屋店』では、KITTE名古屋店でしか味わえない『青柳 かき氷』が、夏季限定で提供されています。

パウダースノーのようなふわふわの氷に、和テイストの自家製オリジナルシロップのかかったかき氷には、特別なレシピで作られた口どけの良い“ういろう”がトッピングされているんですよ。

お店の横にはイートインスペースもありますが、お店の前にもテーブルと椅子があり、どちらでもかき氷がいただけるのがうれしいですね。

画像:木村純子

自慢の自家製オリジナルシロップのかき氷は3種類。『和三盆ミルク』『さくらミルク』『濃茶ミルク』(各税別800円)と、どれも和テイストのやさしい味わいのかき氷です。

写真の『さくらミルク』には、桜葉の入った淡いピンクの桜シロップとほんのり甘いミルクが。雪のようにふわふわのかき氷は口どけもなめらか、ミルクがかかっているのでマイルドです。

どのかき氷にも、口どけにこだわったもっちりとした“ういろう“がついています。かき氷があっさりしているので、食感も楽しめていいですね。中にソフトクリームも隠れているので、最後まで飽きずにおいしくただけますよ!

<店舗情報>
青柳総本家 KITTE名古屋店
住所:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 KITTE名古屋1F
電話:052-433-8112
営業時間:10:00~20:00、イートイン 11:00~19:00
定休日:1月1日

 

■5:両口屋是清

画像:夏目佳代

創業から380年以上。名古屋で和菓子といえばやはり『両口屋是清』ですよね。そんな両口屋是清ですが、なんと“かき氷”も楽しめるのをご存じでしたか?

かき氷が食べられるのは名古屋市内の限られた店舗のみ。栄店、八事店、東山店喜蝸庵(きっかあん)、JRセントラルタワーズ花の茶屋の4店舗です。

さらにこちらの4店舗、実は各店舗限定のかき氷があるんです! どれも厳選した素材を全国から取り寄せて作られたもの。全店巡ってコンプリートしたいですね。

画像:夏目佳代

JRセントラルタワーズ13階にある『花の茶屋店』では、『北海道ミルク(粒あん入)』がいただけます。2種類のミルクシロップをかけた贅沢なかき氷は、中に入っている粒あんと溶け合って、牛乳本来のコクと甘みが引き立つ味わいです。

4つの店舗全てで頂けるのは『紀州南高梅(ヨーグルトアイス入)』と『西尾抹茶(粒あん入)』。どちらもこだわりの素材を使った、贅沢な味わいのかき氷です。

どの店舗も地下鉄の駅から近いので、4店舗巡りも難しくありません。全国から選りすぐりの素材を取り寄せたかき氷、ぜひ一度味わってみてくださいね。

<店舗情報>
両口屋是清 花の茶屋
場所:名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ13階
TEL:052-551-3113
営業時間:11:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:JRセントラルタワーズに準ずる

 

お出かけ中に暑さで疲れたとき、ぜひ食べてみていただきたいのが“かき氷”。

食欲がないときでもするするといただけますし、おいしいものを食べれば、気分もリフレッシュできますよ。

夏季限定のものも多いので、ぜひお早めに足を運んでくださいね!

車でおでかけの場合は、駐車場予約サービス『akippa』を使うのもおすすめ。ネットで事前に予約し決済ができますよ。

【おすすめ記事】

人気ベーカリーの「冷やし中華パン」って!?

八百屋さんの「フルーツサンド」が絶品!

新鮮野菜が安い!日進市の「激安スーパー」

東京グルメ日帰り取材旅!(AD)

【画像】
※木村純子、赤福、夏目佳代

※この記事は、2019年6月~2019年7月に取材した情報です。