CUCURU(ククル) > グルメ > 老舗茶屋が誇る和スイーツ!名古屋・中村区『shizuku』の濃厚抹茶かき氷

老舗茶屋が誇る和スイーツ!名古屋・中村区『shizuku』の濃厚抹茶かき氷

画像:shizuku

梅雨も明け、いよいよ夏本番! 暑い毎日ですが、こんなときに食べたくなるのが“かき氷”ではないでしょうか?

本日は、創業90年のお茶屋さんのお茶をたっぷり使ったかき氷や、甘味、日本茶を提供する『shizuku(シズク)』をご紹介します。

◾創業90年の芳茗園のお茶を使ったかき氷が人気『shizuku』

画像:河村弘子

名古屋市中村区役所から徒歩7分の場所にある、抹茶と甘味を楽しめるお店『shizuku』。

オーナーのご実家は、店舗隣にお店を構える創業90年のお茶屋さん『芳茗園』。 お茶をもっと幅広く知ってほしいという想いで、2016年に芳茗園の隣に抹茶とおやつのお店『shizuku』をOPENしました。

定番のお茶を使ったかき氷などが約7種類、季節ごとに販売される日本の調味料や食材等を使ったかき氷が2~3種類用意されています。 そのほかにも、あんみつ等の甘味や抹茶や和紅茶などの日本茶もあり、老若男女問わず人気です。

 

◾お茶の味を楽しめるかき氷

こちらで人気の商品が、抹茶を使用したかき氷です。 使うのはもちろん、芳茗園の抹茶です。石臼で丁寧に挽いた抹茶を“濃さ”、“甘さ”の違う3種類で用意しています。

画像:河村弘子

なかでも人気なのが、『上薄茶氷』(税別800円)です。白蜜だけで仕上げられた氷を使用し、通常の2.5倍の量を使用した抹茶の色鮮やかで苦味のないシロップがかかっています。加糖していませんので、すっきりとした味わいが人気。追加で練乳をかけてもおいしくいただけます。

その他には、shizuku特製の抹茶みつを氷全体にかけて仕上げた『薄茶氷』(税別700円)、別添えの濃く練り点てた抹茶のほろ苦さと旨味を味わえる『濃茶氷』(税別1,300円)があります。

どの商品も、お茶の旨味が感じられ、さっぱりとしているので食べやすいですよ。

 

◾おすすめ商品3選

『shizuku』では、抹茶のかき氷の他にも日本茶を使った商品や、男女人気の甘味がありますが、その中からおすすめ商品を3つご紹介いたしますね。

(1)梅と甘酒の氷 1,000円(税別)

画像:河村弘子

季節のかき氷として、この夏に登場したばかりの商品です。

和歌山の南高梅と、高山の米麹を使った甘酒シロップが交互に層になってかかっており、上に南高梅がトッピングされています。

梅のさっぱり感と、甘酒の甘味が2層になっていてそれぞれ楽しむのはもちろん、一緒に食べるのもおすすめです。

(2)日本茶ソーダ 各500円(税別)

画像:河村弘子

自家製の日本茶シロップと、炭酸で作った日本茶ソーダです。

抹茶、ほうじ茶、和紅茶を茶葉から煮出して作ったシロップと、炭酸がよく合います。炭酸で割っても、お茶の風味がしっかり残っていて子どもから大人まで幅広く愛される商品です。

(3)冷やしクリーム白玉ぜんざいと抹茶セット 1,000円+200円(税別)

画像:河村弘子

shizukuの甘味メニューのなかでも人気の、冷やしクリーム白玉ぜんざいと抹茶のセットです。

豆腐が練り込まれたもっちり食感の白玉とミルクアイス、削った氷を混ぜた北海道産の大納言小豆が乗っています。氷が混ぜられたシャリシャリ食感の小豆は、甘さが強すぎずさっぱりいただけます。

画像:河村弘子

通常は、日本茶の煎茶またはほうじ茶(温or冷)がセットで付きますが、+200円で抹茶に変更することができます。抹茶はテーブルの前で注文ごとに点ててもらえるので、目で楽しむこともできますよ。

 

いかがでしたか? お茶と甘味のお店『shizuku』をご紹介しました。ここでしか味わえない甘味と日本茶をぜひ楽しんでみてくださいね。

<店舗情報>
shizuku(シズク)
住所:愛知県名古屋市中村区太閤通6-8
電話:090-1981-0429
営業時間:12:00~18:00(L.O.17:30)
定休日:日・月曜日 、その他臨時休業あり
駐車場:近隣コインパーキングをご利用ください
アクセス:名古屋市営地下鉄桜通線中村区役所駅1番出口徒歩7分

【おすすめ記事】

人気ベーカリーの「冷やし中華パン」って!?

八百屋さんの「フルーツサンド」が絶品!

新鮮野菜が安い!日進市の「激安スーパー」

東京グルメ日帰り取材旅!(AD)

【画像】
※ shizuku、河村弘子

※ この記事は、公開日時点の情報です。