CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 突然始まった!歯並びに悪影響するかもしれない!? 赤ちゃんの癖 #54

突然始まった!歯並びに悪影響するかもしれない!? 赤ちゃんの癖 #54

出典: It Mama(イットママ)

“42歳専業イクメン、初めて赤ちゃん育てます!” 限界集落の片隅で人知れず育児業にいそしむ男、イクメン野郎がYouTubeにて配信中の体当たり育児実践番組『イクメンやってます』。

今回は“そのクセやめて!赤ちゃんが一日中唇を吸い続けるワケ”編をお送りします。

突然始まった「下唇を吸うクセ」

お座りやたっち、喃語など、赤ちゃんの成長は、前触れなくふいに始まるものも多いですよね。

まあ、発育に関するものならこちらも大歓迎ですが、時には親が“望まない行動”が突然始まることもあるわけで……。

愛娘が11ヶ月になったある日のこと、私ことイクメン野郎はあることに気づきました。

愛娘のほうを見るたび、彼女は自分の下唇をチューチュー吸っているのです。

観察してみると、飲んだり食べたりしてるとき以外はほとんどしている感じ。驚いたことに寝つかせ中、うとうとしている時も、さらには就寝中ですら吸い続けています。

気になって過去の映像を調べてみると、愛娘10ヶ月の頃の動画に唇を吸っている様子がバッチリ映っていました。

では愛娘はもう1ヶ月も、朝から晩まで暇さえあればチュッチュチュッチュやっているのか……。

 

やめさせたくても打つ手なし…

試しに指を使ってやめさせようとしたら、その手をがっしと掴まれ、振り払われてしまいました。

むむ、愛娘は思った以上にこのクセにご執心のよう……。

仕方がないので寝ている間に唇を引っ張り出してみると、小さな唇は赤く充血し、ほんのり腫れていました。ヒマさえあれば吸っているのだから当然ですよね。

さすがに心配になり、せめて吸う時間を減らせないかと対策を考えてみたものの……。

おしゃぶりも歯がためも卒業していた愛娘には、今更それらを与えても、「私もう子どもじゃないから」と言わんばかりの表情で突き返されます。

まだ言葉で言って聞かせるには早いし、厳しく叱るというのも、自分が怒られる理由が理解できなくて混乱するだけでしょう。

う~ん、もうお手上げ。まったく打つ手なしです……。

出典: It Mama(イットママ)

こんなに長期間、しかも一日中続けて大丈夫なんだろうか? 赤ちゃんは骨や歯もまだ弱いだろうし、もしかして歯並びに悪影響が出るんじゃ……。

無心で唇を吸い続けるわが子を見ながら、新米イクメンの不安はみるみる膨らんでいきました。

 

いざ初めての歯医者へ!

夫婦で相談した結果、思い切って歯医者さんに相談に行くことに。

医師に状況を説明し、愛娘の口の中を見てもらった結果は……、まったく問題なし! よかった!

そもそも、赤ちゃんがチューチューと吸うぐらいの力では歯並びに影響は出ないそうです。

子どもが何かを吸う行為で注意が必要になってくるのは、3歳ぐらいから。

唇やおしゃぶり、指などを長時間吸い続けたり、特に“両手の指”を同時にしゃぶる場合は、影響が出ることがあるので気をつけてください、とのことでした。

専門家の説明も聞けてやっとひと安心です。思えば初めての歯医者体験も出来たし、結果オーライな今回の一件でした。

出典: It Mama(イットママ)

 

それでは、「やめてほしいクセ」動画本編をどうぞ!


 

「やめてほしいクセ」で、イクメン野郎が感じたコト

今回の「やめてほしいクセ」で感じたことは以下の2つです。

(1)愛娘のクセの原因は、奥の歯が生えかけのときに起こる、“歯ぐずり”によるものでした。ある程度歯が生えてきた後は、このクセも自然と見られなくなりましたよ。

(2)今回のことは、愛娘が初めて歯医者さんへ行くいいきっかけになったと思います。幸い“医療費助成制度”で診察費も無料でしたし、将来お世話になるであろう、医師や医院についても予習することができました。

赤ちゃんのクセも原因はそれぞれ。皆さんも、心配なことがあればぜひ専門家に見てもらってはいかがでしょうか。

※本サイトにおける医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療に代わるものではなく、正確性や有効性を保証するものでもありません。また、医学の進歩により、常に最新の情報とは限りません。個別の症状について診断・治療を求める場合は、医師より適切な診断と治療を受けてください。

 

(2017年05月29日の記事を再掲載しています)

【参考】
※ やめてほしいクセ ~ 11カ月の赤ちゃんの育児 【イクメンやってます #111】/下唇・吸う・歯並び
※ イクメンやってます – YouTube