CUCURU(ククル) > グルメ > 名古屋市天白区『ブランジェリーぱん・くまくる』は街の優しいパン屋さん

名古屋市天白区『ブランジェリーぱん・くまくる』は街の優しいパン屋さん

画像:田原 綾

皆さんは美味しいパンに出会えた時、とっても幸せな気持ちになりませんか? 焼きたてのパンの香ばしい薫りが漂うお店は、そこに居るだけで満ち足りた気分になるのではないでしょうか。

今回は、そんな幸せをもたらしてくれる安心・安全にこだわる素敵なパン屋さんをご紹介します。

 

■『ブランジェリーぱん・くまくる』

名古屋市営地下鉄桜通線野並駅からほど近くの『ブランジェリーぱん・くまくる』。ブランジェリーとは“職人が小麦を選び、そこで焼き上げたパンをそのまま売る店”のことです。

店名の“くまくる”は、オーナーのお名前が“くまの”さんで、“くまのさんのお店にお客様がみんな来る”という意味の造語なのだそうです。

おすすめのパンをお聞きすると、クロワッサンとバケットとブリオッシュとのこと。この3つがフランスパンの柱なのだと教えていただきました。基本となるパンがしっかり美味しいければ、そこから派生する商品がどれも秀逸なのは納得ですね。

画像:田原 綾

他にも「『くまくる』ならではのこだわりやおすすめはありませんか?」とオーナーにお話を伺ったところ、以下の3つこだわりを教えてくださいました。

 

■こだわり1:良質な素材を手間暇かけ、作り手の顔を見せることで「安心」を提供

画像:田原 綾

こちらのお店のこだわりは、良質な素材を使うこと。手間暇を惜しまず使うこと。バックヤードもフルオープンにすることで、製造者としての責任を示すこと。素材の質にこだわり、作り手の顔が見えるという安心感はとても大きいですよね。

 

■こだわり2:いつ誰が来ても焼きたてのパンに出会えるように

お店の営業時間は19時半までですが、なんと19時くらいまでは何かしらのパンを焼いているそうです。

午前中はお年寄り、お昼間は主婦OLさん、夕方以降は仕事帰りの男性……と、時間帯によって客層が異なる中、どの時間にお店を訪れても焼きたてのパンと出会えるように、という思いやりですね。

 

■こだわり3:「お母さんのお手伝い」のような存在を目指す

お子様にも安心、安全なものを提供したいという想いで、食品添加物は不使用。より家庭での手作りに近いものを提供することを心がけているそうです。

パンに使われているカレーやクリーム一つとっても、全てお店での手作り。家庭の延長のような、お母さんのお手伝いとなるような存在でありたいとのこと。

また特別に対応しているわけではないのですが、商品によっては牛乳やバターなどアレルギー製品を使っていないものもあるので、お店の方に相談すると丁寧にご説明していただけますよ。

 

優しい街のパン屋さんに、ぜひ皆さんも足を運んでみてくださいね。

 

<店舗情報>

ブランジェリーぱん・くまくる

住所:名古屋市天白区野並3-404メゾン野並1A
アクセス:地下鉄桜通線野並駅から徒歩1分
営業時間:8:00~19:30
定休日:日曜
TEL:052-893-9860
HP:http://www.pain-kumacle.jp/

 

【画像】

※田原 綾