CUCURU(ククル) > グルメ > 本格台湾タピオカ『茶工廠(チャコウジョウ)』2号店が名古屋・大須にOPEN!

本格台湾タピオカ『茶工廠(チャコウジョウ)』2号店が名古屋・大須にOPEN!

画像:木村純子

お茶の本場中国から上陸した、台湾茶専門店『茶工廠(チャコウジョウ)』が名古屋・大須に7月13日(土)オープンしました! 日本では東京・自由が丘に続き2号店になります。

お茶のフレーバーはなんと12種類! さらに『爆爆玉』や『竹炭』などのユニークなトッピングも豊富で、オープンから話題になっているんですよ。

筆者もさっそくお店に伺い、おいしさの理由を伺ってきました。

■大須商店街にオープン!

画像:木村純子

お店の場所は大須商店街・新天地通、矢場町寄り角にあります。

以前は『大久保』があってチーズドッグに行列ができていた人気のお店、今回は『茶工廠』とご縁がありタピオカ専門店としてリニューアルすることになったんだとか。

 

■すべてが最新式ティースタンド!

お茶の本場から日本へ上陸したこちらのお店、なんとすべてが最新式なんです。

画像:木村純子

オーダーは壁に並んだタッチパネルで。商品画像を選んでタッチするだけなので直観的に操作ができ、迷っても自分のペースでゆっくり選べるのがいいですね。

注文を確定するとレシートが出てくるので、それをレジで精算してから商品を受け取ります。

画像:木村純子

注目すべきは独自開発をしたという抽出マシーン。茶葉のおいしさを最大限にひき立て、淹れたてのおいしさを楽しめます。

画像:木村純子

こちらはタピオカ専用の炊飯器。

画像:木村純子

専用釜で1時間じっくりと炊きあげることで“ぷるぷるもちもち”のタピオカに仕上がるんですよ。

 

■おすすめのタピオカドリンク2つ

画像:木村純子

茶工廠(チャコウジョウ)のタピオカドリンクは、定番のミルクがベース(各370円~)。お茶は12種類から選べます。ミルクは、牛乳・低脂肪・豆乳の3種類からカスタマイズが可能。タピオカがデフォルトで入ってこの価格はお値打ちですね。

お茶のフレーバーもトッピングも豊富で、どれを飲もうかと迷ってしまうほど。

おすすめのタピオカドリンク2つと、オリジナルのトッピングをご紹介しましょう。

波照間濃厚ミルク(550円)

画像:木村純子

迷ったらまずはこちら『波照間濃厚ミルク』(550円)。沖縄波照間黒糖タピオカは少し甘め、ミルクと相性抜群です!

ふわふわクリームフォーム『抹茶』(70円)のトッピングで和テイストに。

フルーツティー(680円)

画像:木村純子

3種類のフルーツティーもおすすめ! 筆者がいただいたのは『グレープフルーツティー』ですが、他に『キウイ』と『ライム』の3種類(各680円)から選べます。

フルーツティーに入っているのは黄金タピオカ。甘さ控えめで味わいも色合いもフルーツティーにぴったりです。

画像:木村純子

フルーツティーは最新マシーンで、フレッシュフルーツを目の前で絞ってくれます。果実もたっぷり入って果物の味をしっかりと味わえますよ。

 

■トッピングのおすすめはコレ!

茶工廠はオリジナルのトッピングが豊富! あれこれ試してみてはいかがでしょう。

竹炭(70円)

画像:木村純子

おすすめは『竹炭』(70円)。グレイの竹炭クリームはさっぱりとしてクセになる味わいです。

筆者はベースに『英国式ミルクベース(Tall)』(420円)を選びました。お茶を変えるとまた違った色合いと味を楽しめますよ。

爆爆玉(70円)

画像:木村純子

こちらは、かわいらしいクレヨンカラーの『爆爆玉』(70円)。種類は5つで筆者がいただいたのはイチゴとマンゴー。口に入れるとプチッと弾けて果実の味が広がりますよ!

 

いかがですか。

本社からトレーナーを呼んでしっかりと研修を重ねたスタッフさんが作るタピオカドリンク。本場台湾の味を日本で楽しめますよ。

お茶もトッピングもバラエティ豊かでご紹介しきれないほど! ぜひ足を運んでくださいね。

 

<店舗情報>
茶工廠(チャコウジョウ)
住所:愛知県名古屋市中区大須3-30-1
電話:052-263-1107
営業時間:11:00~19:30
定休日:火曜定休
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)

【おすすめ記事】

人気ベーカリーの「冷やし中華パン」って!?

八百屋さんの「フルーツサンド」が絶品!

新鮮野菜が安い!日進市の「激安スーパー」

東京グルメ日帰り取材旅!(AD)

【画像】
※ 木村純子

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。