CUCURU(ククル) > エンタメ > 本当は誰にも教えたくない!マリメッコグッズだらけの隠れ家カフェとは

本当は誰にも教えたくない!マリメッコグッズだらけの隠れ家カフェとは

静岡県浜松市にある、無人駅舎をリノベーションした「MIYAKODA駅cafe」。地域で親しまれてきた都田駅が、マリメッコのテキスタイルデザインを取り入れた素敵な空間に生まれ変わり、地元住民のみならず各地から北欧ファンが訪れる場所になっています。

北欧の魅力が詰まったレトロな無人駅

「MIYAKODA駅cafe(ミヤコダエキカフェ)」は、築75年の無人駅をリノベーションしたカフェ。昔から変わらないひなびた雰囲気や鉄道駅としての機能は残しつつ、古材を活かしたおしゃれな空間に生まれ変わっています。

一面に200枚ものマリメッコの手づくりファブリックパネル

柱や梁はそのままにリノベーションした駅舎内には、200枚ものマリメッコのパネルが飾られています。また、天井には宮大工が手がけた巨大なシャンデリアアートも。その全体のすばらしさから、2015年度GOODDESIGN賞を受賞しました。

「都田駅は古くから親しまれてきた駅だからこそ、地域と自然、人と人が寄り添い、つながりを身近に感じられる場所を作りたかった」。そう話すのは、MIYAKODA駅cafeをはじめ、北欧をテーマとして人と自然が共存できる生き方やライフスタイルを発信する複合施設「ドロフィーズキャンパス」を手がけている都田建設のインテリアアーティスト 木野ゆり奈さんです。

オーガニックにこだわった体に優しいメニュー

MIYAKODA駅cafeでは、ランチやスイーツなど地元ならではのオーガニック素材にこだわったメニューを提供しています。
おすすめは無添加の手づくり米粉を使ったクッキーとオリジナルコーヒーのセット(500円)。米粉のクッキーはほのかな甘さを感じる優しい味わい。ドリンクにはオーガニックのジュースやビールも取り揃えています。メニューをマリメッコのかわいらしい食器で楽しむことができるのも嬉しいポイントです。

日本の建築文化と北欧デザインが楽しめる場所

マリメッコ好きな方はもちろん、知らない方でも気持ちを豊かに、華やかにしてくれるマリメッコの魅力が十分に感じられるほか、日本の建築文化と北欧のデザインが共存した世界を体感することができる日本で唯一の駅。毎月、第1日曜日(14:00〜16:00)にジャズライブの開催や、作品展示なども開催しています。

ぜひ足を運んで、ゆったりと流れる時間の中、手づくりで体に優しいオーガニックのクッキーとコーヒーをマリメッコの食器で楽しんでみてはいかがでしょうか。
writer / 渡邊 孝明 photo / DLoFre’s

※記事の内容(本文・画像など)に関しては、許諾を得て掲載しております。