CUCURU(ククル) > グルメ > 暑い夏でも涼やかな気分に!飛騨高山『高山プリン亭』の雪国プリンとは

暑い夏でも涼やかな気分に!飛騨高山『高山プリン亭』の雪国プリンとは

画像:株式会社打保屋

岐阜県・飛騨高山の観光の中心、古い町並み近くに店舗を構えるプリン専門店『高山プリン亭』では、雪国高山をイメージした“雪国プリン”が大人気!

そんな話題のお店で、雪国の高山をイメージしたプリンが3週連続で発売されるのだとか。ここでしか食べられない絶品スイーツについてご紹介します。

■プリン専門店『高山プリン亭』とは?

画像:株式会社打保屋

2019年4月19日にオープンしたばかりの『高山プリン亭』。「囲炉裏でホッと一息できる、古き良き日本のプリン専門店」をコンセプトにしたお店です。

歴史ある古い町並みで空き家になっていた大正時代の建物をリノベーションし、店舗として活用。昔ながらの雰囲気がたまりません。

画像:株式会社打保屋

また、大正時代の建物に合わせて看板もレトロな雰囲気のものを使っているほか、店舗のメインカラーは、高山の赤い中橋に合わせた朱色に。ムードあふれるお店に、なんだかわくわくしてしまいます。

 

■3つの雪国商品シリーズ

店内工房で作られるプリンは、飛騨高原牛乳などの地元素材だけでなく、最高級のマダガスカル産バニラビーンズを使用するなど、素材にこだわっています。

なかでも目玉商品は、雪国高山をイメージした『雪国プリン』。7月5日(金)から順次新商品が登場するとのこと、さっそくご紹介しましょう。

7月5日(金)発売『大雪プリン』(税込400円)

画像:株式会社打保屋

一面真っ白な大地をイメージした『大雪プリン』(税込400円)。なめらかな食感が特徴で、素材の味がそのまま楽しめます。

シンプルで混じりけのないプリンで、どんな人でもおいしく食べられるように仕上げられており、高山の新定番として定着しそうです。

7月12日(金)発売『雪国珈琲プリン』(税込430円)

画像:株式会社打保屋

『雪国珈琲プリン』(税込430円)は、地元の自家焙煎珈琲専門店とのコラボ商品。プリン専用に珈琲豆を焙煎、調合しているのだとか。

この特別な珈琲豆をじっくり抽出した薫り高く香ばしいコーヒーゼリーは、下層のプリンと一緒に食べることで、まろやかな味わいを感じることができます。

7月19日(金)発売『雪国いちごプリン』(税込450円)

画像:株式会社打保屋

『雪国いちごプリン』(税込450円)は、その時々で手に入るいちごを使用し、いちごの果実なども加えた1日数量限定販売のプリンです。

見た目にも鮮やかで涼やかな印象。また、いちごの甘酸っぱさとプリンの甘さが絶妙にマッチして、いちごのショートケーキを思わせるような味わいです。

 

いかがですか?

高山に訪れた人が昔ながらの日本家屋でくつろげる空間では、暑い夏でも涼やかな気分になれる雪国をイメージしたオリジナルのプリンが発売されます。

気になる方は、ぜひ足を運んでみてくださいね。

<店舗情報>
高山プリン亭
住所:岐阜県高山市上三之町95
電話:0577-70-8490
営業時間:10:00~16:00
定休日:不定休
駐車場:なし

【おすすめ記事】

人気ベーカリーの「冷やし中華パン」って!?

八百屋さんの「フルーツサンド」が絶品!

新鮮野菜が安い!日進市の「激安スーパー」

伏見駅すぐの『御園小町』が便利(AD)

【参考】
夏の高山観光で冬の気分が味わえる!? 飛騨高山のプリン専門店「高山プリン亭」で、 7月5日より3週連続雪国・高山をイメージした新商品を発売!‐@Press

【画像】
※ 株式会社打保屋

※ 記事の情報は公開日時点のものです。