CUCURU(ククル) > 美容・健康 > 1分でできる!「肩甲骨の筋膜リリース」方法

1分でできる!「肩甲骨の筋膜リリース」方法

今話題の“筋膜リリース”をご存知でしょうか? 誰でも簡単にできるポーズで、筋膜リリースを終えてみると「重かった体が軽くなった!」とかなり体がスッキリ気持ちいいと人気です。

そこで今回は、ヨガインストラクターの筆者がレッスンにも取り入れ、生徒さんたちにも好評な”肩甲骨の筋膜リリース”をご紹介しましょう。

 

気持ちよくて病みつきになる筋膜リリース

筋膜とは簡単にいうと、全身にある筋肉を連動させて体を動かす為に筋や筋群を包み込んでいる膜のことです。この筋膜は体の使い方のクセから起こる歪みなどで、縮んだり引っ張られたりしてアンバランスな状態になると、体のコリや張りに繋がるのです。

筆者のヨガのレッスンでもこの筋膜のバランスを整えるようなポーズを取り入れ、体を調整するレッスンを心がけています。体の負担も少なく本当におすすめです。

 

筋膜リリースの準備とやり方

まずは、“薄いフェイスタオル2枚”または“テニスボール2つ”ご準備できる方をご用意ください。テニスボールは100円ショップで手軽に手に入れることもできます。

 

薄いフェイスタオルの場合

薄い生地のタオルの2本用意しましょう。タオルに結び目をキツく作ります。結び目のコブが同じ場所に出来るように2回ほど作ります。二本とも同じように作っておきます。

テニスボールの場合

二つのテニスボールを横並びにして、ガムテープなどで動かないように固定しておきます。

肩甲骨と肩甲骨の間にセット

コブタオルを使う場合は、両肩甲骨のキワにコブの尖ったところが当たるように配置します(肩甲骨のコリが強い位置に置くと良いでしょう)。

テニスボールの場合は、テニスボール2つ分がほど肩甲骨の間のスペースに収まります。

簡単!あとは寝転ぶだけ

(1)コブタオルかテニスボールを肩甲骨の適切な場所に当たるように仰向けに寝転がります。

(2)ゆっくりと両腕を頭上へ引き上げたり降ろしたりを繰り返します。

ゴリゴリとコリを感じるひどい肩こりの方は、最初は痛みが伴うかもしれません。ほぐれてくると気持ち良くなってきます。

それでも痛い場合は無理をせず、障害物をよけて、仰向けに寝転がったまま左右の肩甲骨を軽く揺らす程度の刺激でもOK。

 

いかがでしたか? 筆者のヨガレッスンでも好評の”肩甲骨筋膜リリース法”。朝の目覚めにも眠る前にも血行を良くしてくれます。筆者一押しのケア方法を試してみてくださいね。

【画像】

※ AnemStyle / shutterstock

Recommend今あなたにおすすめ