CUCURU(ククル) > グルメ > 「飲むおにぎり」に「食べるコンポタ」!? 意外すぎる便利フード2つを実食レポ

「飲むおにぎり」に「食べるコンポタ」!? 意外すぎる便利フード2つを実食レポ

画像:野村純子

スーパーで目を引く存在だった『飲むおにぎり』と『食べるコーンポタージュコーン』。ネーミングのインパクトもさることながら、中身がどうなっているのか、どういう時に食すのか、とても気になりますよね。

今回はこちらの2品を実食レポしてみました。

■『食べるコーンポタージュコーン』(徳永製菓株式会社)

画像:野村純子

“食べる+汁物”の名がつくものには、具だくさんのスープ類を指すものが多くありますが、こちらは少々違うようです!

画像:野村純子

豆菓子に入っている大きめコーンに、コーンクリームパウダーがたっぷりコーティング。

画像:野村純子

他のコンポタ味のお菓子と違うのは、牛乳やお湯をかけるとコーンポタージュになるところ。豆菓子に牛乳をかけるのはやや抵抗がありましたが、コーンフレーク+牛乳の風味に似ています。

1袋128円(税別)で購入しました。

 

■『飲むおにぎり』(株式会社ヨコオデイリーフーズ)

画像:野村純子

2019年3月に発売されて以来、あちこちで話題になっていました。スパウト付パウチに入ったゼリードリンクはよく見かけますよね。

画像:野村純子

側面はカワイイおにぎり柄。おにぎりをイメージして作られた栄養補給ドリンクなのでしょうか?

画像:野村純子

吸い口から飲んでしまうと分かりにくいので、中身を絞り出してみました。

国産のうるち米や海苔、和歌山県産の南高梅肉、細かいけれど肉眼でも味でもリアルにおにぎりです。“ゼリー寄せ”にしたような、トゥルンとした食感。

咬まずに飲めますが、“ノドの渇きをうるおす”というよりは“エネルギーチャージをする”という感覚が近いでしょう。

画像:野村純子

冷たいままより、少し加熱したほうが“とろとろに煮込まれたおかゆ”のよう! 酸味もあるので、あまり食欲がないとき、消化のいいものを少しだけ食べたいときにもいいですね。

“梅かつお”と“梅こんぶ”の2種類があり、1袋158円(税別)で購入しました。

 

いかがでしたか? 糖質ひかえめブームが続いていますが、毎日必要なエネルギーは摂りたいですね。忙しい方のエネルギー補給になるだけでなく、災害時用の保存食としても重宝するかも!

気になる方はぜひお試しください。

【おすすめ記事】

大人気ティースタンドが大須に登場!

うさぎのかわいい御朱印に胸キュン

『ワークマンプラス』中川区にOPEN

伏見駅すぐの『御園小町』が便利(AD)

【画像】
※野村純子

※記事内の商品は公開日時点で販売されていたものです。