CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > 子ども服つめ放題300円!? 愛知県尾張旭『お下がりマーケット』が話題

子ども服つめ放題300円!? 愛知県尾張旭『お下がりマーケット』が話題

みなさんは使わなくなったベビーカーや、着られなくなった子ども服はどうしていますか? 「友達の子どもにあげる」「リサイクル店に持っていく」などが多いかと思うのですが、捨てるに捨てられず困っている人もいるのではないでしょうか。

愛知県尾張旭市では、ママが発案したリサイクルイベントが、1時間あまりで100名以上が来場する名物イベントになっています。これから春物を買う前に知っておきたい、『お下がりマーケット』の魅力を取材してきました。

 

■始まりは2011年、たった5人からのスタート

画像提供:はぐママ

『お下がりマーケット』を主催しているのは、尾張旭市内のママコミュニティ『はぐママ~heart  good  mama~』代表の坂口麻生さん。最初は仲良しママ達5人で、おもちゃや子ども服の交換をしていたそうです。

その輪が口コミだけでどんどん広がると、今では開場1時間前から大行列ができ、尾張旭市外からの開催依頼も多数という人気イベントに。

お手伝いスタッフもみんなママなので、子どもの送り迎えの合間に荷物を搬入したり、抱っこひもで赤ちゃんを連れてお客さんを誘導したり、その雰囲気がまたとってもアットホームなんです。

 

■つめ放題参加料は300~500円

画像提供:はぐママ

お下がり品の大交換会なので、不要になった子ども服、おもちゃ、絵本などを持ち寄って参加します。何個持ってくるという規定はありません。持ち込み品の無い方は、500円でつめ放題に参加できます。

お下がりといっても侮るなかれ! 袖を通さないままサイズアウトしてしまったブランド子ども服や、2~3回しか履かせていない靴、未開封品、掘り出し物がたくさんあります。

子ども用品だけではなく、ギフト、インテリア、マタニティのアイテムを持ち込まれる方もいらっしゃいますよ。汚れがひどかったり、壊れていたり、下着、食品以外なら持ち込み可能だそうです。

画像提供:はぐママ

画像提供:はぐママ

袋の大きさは、ショッピングモールの福袋くらいでしょうか。これだけ詰めて300円は嬉しい!

 

■大型の人気アイテムはじゃんけんで100円!

画像提供:はぐママ

画像提供:はぐママ

ベビーカーやバウンサー、チャイルドシートなどの大型品は、代表の坂口さんとのじゃんけんに勝ち残った方の手に渡ります。

筆者は以前、「型が古くて値が付かない」とリサイクル店で言われてしまった、長男だけが使用したベビーカーを、お下がりマーケットに持ち込みました。値がどうこうではなく、大喜びで引き取ってもらえたことが嬉しかったです。

 

■3月6日はお下がりマーケットファイナル!

『はぐママ~heart  good  mama~』は、2017年3月に活動を終了するため、3月に『はぐママまつり3Days』として、ファイナルイベントが開催されます。そしてファイナルイベント3日目に、『お下がりマーケット』が開催されます。

 

クローゼットをスッキリさせたい方も、保育園用に着替えがたくさん必要な方も、新しい服を買う前に、ぜひ行かれてみてはいかがでしょうか?

 

【開催情報】

お下がりマーケットファイナル

日時:2017年3月6日(月)11:00~12:30
※時間内後半であっても、お下がり品は参加者によって随時追加されていきます
会場:愛知県尾張旭市旭ヶ丘町濁池1155-1 旭ヶ丘ふれあい会館
※駐車場はありますが混雑する可能性があります
お問い合わせ:hgmama@hotmail.co.jp
※その他:参加のルールやよくある質問は『はぐママのブログ』をチェックしてください

 

【画像】

※ はぐママ