CUCURU(ククル) > グルメ > 『御園座』を観劇する時だけじゃない『御園小町』を楽しむ方法3つ

『御園座』を観劇する時だけじゃない『御園小町』を楽しむ方法3つ

画像:木村 純子

2018年4月に生まれ変わった『御園座』。通り過ぎると、おしゃれな外観に自然と目が向いてしまいますが、まだ足を踏み入れたことがない方も多いのでは?

実は『御園座』の開場より一足早くオープンした『御園小町』という新しいお出かけスポットがあるんです。

『御園小町』は、外観の雰囲気から“ゴハンを食べられるのかな”、“お土産を買えるのかな”と、気になっている方も多いはず。

今回はあえて『御園小町』にクローズアップしてご紹介。特にオススメしたいポイントを3つご紹介します!

 

■ポイント1:カフェにも食事の場にもなる!実はビールも

御園座にミュージカルや歌舞伎の公演などを観にいく日は、ちょっと特別は日ではありませんか?

暇な時間に行くというよりは、その時間を最大限に楽しむために、時間に余裕をもって身だしなみを整えていく方も多いのではないでしょうか。

そんな公演の前後には、御園小町でくつろがれるのがオススメ。

時間があるのなら『御園ハンブルグ御膳 』1,280円(税別)など美味しくてお腹が満たせる食事メニューをぜひ召し上がってみてください。

カフェのようにゆったりドリンクや軽食を楽しむのももちろん楽しみ方のひとつ。コーヒーなどのカフェの定番メニューのほか、『抹茶ラテ』320円(税別)などの抹茶を使った和ドリンクも。

最近人気のタピオカドリンク『タピオカ抹茶ラテ』380円(税別)や『タピオカにごり紅茶ラテ』380円(税別)もありますので、メニューを選ぶのが困るほどです。

小腹がすいたときには、ちょっとした軽食もあります。サンドロールは約10種類、180円(税別)から選べますし、スイーツには『ひとくちフレンチトースト』480円(税別)や和スイーツの『小町あんみつ』380円(税別)もあって、“あれもこれも食べたい”と悩むことでしょう。

朝8:00から開店しているということもあり、朝食メニューもそろえているんです。

定食風の『小町和風朝ごはん』は480円(税別)、名古屋の朝らしい『小倉トーストモーニング』は380円(税別)と非常にお値打ちなんです。

画像:御園小町

せっかくだからアルコールで喉を潤したい、という方には、自慢のクラフトビールがオススメです。

のどごしよく飲めるシトラス系のフレーバーの『御園ビール』、やわらかな風味の『金しゃちプラチナエール』と赤味噌がコクをうむ『金しゃち名古屋赤味噌ラガー』。

それぞれ1杯680円(税別)ですが、3種類の飲み比べもなんと680円(税別)でできるので、ぜひお試しくださいね。

もちろんおつまみも300円(税別)から用意されています。ビールとセットで約1,000円でチョイ飲みができちゃいますね。

店内を見渡してみると、昼間から飲んでいる方もチラホラ。時間にかかわらず楽しんでください。

 

■ポイント2:お土産を購入できる!

画像:CUCURU編集部

御園小町の楽しさは、お土産も購入できること。御園座に来られた方以外にも、「海外の方へのお土産を探しに」など日本らしいものを探しにくる方も多いようですよ。

人気のお土産をご紹介します!

(1)コロンバン 御園座メルヴェイユ 1,000円(税別)

画像:CUCURU編集部

1924年に創業し、日本で初めて本格的なフランス菓子をあつかったコロンバンの、『御園小町』でしか買えないお菓子です。

味はもちろんのこと、隈取を大きくデザインしたオリジナルパッケージが目をひきます。

(2)松永製菓 生しるこサンド アソート 5個入 1,200円(税別)

画像:CUCURU編集部

『しるこサンド』はすっかり名古屋の定番お土産ですが、こちらは新しい食感の半生菓子。手作業で丁寧に作られているのも、大事なひとの贈り物へふさわしい点ですね。

(3)ショッピングバッグ 隈取り 498円(税別)

画像:CUCURU編集部

ふだんの何気ないお買い物に便利なショッピングバッグですが、インパクトのある隈取り柄や可愛らしい舞子柄は、海外の方に喜ばれそうですね。

人気の3点以外も、思わず自分で食べたり使いたくなったりするお土産ばかりですよ。

ちなみに御園小町の店内で食べられるシャチホコの形の『御園焼』は、4個以上のお買い上げなら、専用箱に無料で詰めてもらえるので、お土産としても人気なんだとか。

上新粉入りのもちもち生地のなかに、あんがたっぷり。粒あん・白あん・八丁味噌あんと3種類の味が楽しめますが、特に八丁味噌あんの“甘じょっぱさ”は癖になる味ですよ。

 

■ポイント3:電源のある席が便利!フリーWi-Fiも完備

画像:CUCURU編集部

古きよき伝統を感じる『御園座』と『御園小町』ですが、居心地のよさを追求した結果、とっても実用的になっているんです。

フリーWi-Fiも完備しており、席数120席もの広い店内の一部の席には自由に使える電源も設置しているんです。スマートフォンの電源が足りない……なんてピンチのときってありますよね。

『御園小町』のある伏見エリアは、オフィス街でもあるのでパソコン作業をしたいビジネスマンの救済スポットにもなっているんですよ。

※ フリーWi-Fiは「MisonoKomachi」におつなぎください。

画像:CUCURU編集部

ビジネスマンや学生もうれしいのは、コピーなどができるマルチメディアステーションもですね。銀行ATMまでそろっていて、生活のちょっとした“必要”にこたえてくれます。

画像:木村 純子

奥のカウンターには、はめこみ式のベビーチェアも用意されています。これなら向かい合って食事ができて、ママもベビーも安心ですね。

実は『御園小町』は、『御園座』に公演を観にくる方だけではなく、さまざまな方が利用しているんですよ。時間帯や曜日によって利用する方の雰囲気が変わるのって面白いですよね。

 

いかがでしたでしょうか?

『御園座』を目的にする方も、名古屋市・伏見エリアに用のある方もぜひお気軽に立ち寄ってみてくださいね。

<店舗情報>
御園小町
住所:名古屋市中区栄1丁目6番15号 御園座タワー1階
電話:052-218-5490
営業時間:8:00~22:00
定休日:不定休

【画像】
※ 御園小町、御園座、木村 純子

※この情報は2019年6月時点のものです。

Sponsored by 御園小町