CUCURU(ククル) > グルメ > 30年以上愛される一品!名古屋・大曽根「正林堂茶舗」の作りたて抹茶ソフト

30年以上愛される一品!名古屋・大曽根「正林堂茶舗」の作りたて抹茶ソフト

名古屋・北区【正林堂茶舗】

画像:夏目佳代

名古屋市北区大曽根にある『正林堂茶舗』は、地域の人に愛され続けている老舗の日本茶専門店。

おじいちゃん、おばあちゃんからお孫さんへと3代に渡って買いに来る方も多く、緑茶から、ほうじ茶、和紅茶まで幅広いお茶が揃えられています。

お茶はもちろんのこと、大人気なのが、お店で毎日作られている抹茶ソフトクリーム。その本格的な味を筆者も味わってきました。

■西尾の抹茶のみを使った濃厚『抹茶ソフト』

名古屋・北区【正林堂茶舗】

画像:夏目佳代

正林堂茶舗の『抹茶ソフト』(280円・カップ300円)は期間限定で販売されます。ファンが多く、毎年発売を心待ちにしているそう。

今年は4月1日から10月中旬ごろまで販売される予定です。

社長自ら、お店の奥で毎日手作りしている抹茶ソフトは、30年前から販売され、多くの人を魅了してきました。

試行を重ね、西尾の農家から直接買い付けて厳選した抹茶のみを、独自の配合で使っています。見ただけでも、その色合いから抹茶の濃さがうかがえますが、一口食べると濃厚な抹茶の味と香りが広がります。

抹茶の程よい苦みが感じられます。抹茶の味そのものを味わえる、まさに本物の『抹茶ソフト』といえるでしょう。

 

■「ほうじ茶ソフト」も人気

名古屋・北区【正林堂茶舗】

画像:夏目佳代

さらに、昨年から『ほうじ茶ソフト』(300円)も登場!

こちらも試作を重ねてできあがった、日本茶専門店ならではの逸品。自家焙煎のほうじ茶の葉から、ほうじ茶として抽出したものをベースに、アクセントとして“かりがねほうじ茶粉末”を少量加えてあるのだそう。

ほうじ茶の香りと味そのものを堪能できる、他にはないソフトクリームです。

希望があればコーンで食べることもできますが、おすすめの食べ方はカップ。コーンに合わせるよりも、より一層ほうじ茶の香ばしさが味わえるという理由からだそう。

ここにも、日本茶専門店ならではのお茶への愛が感じられますね。

 

■自宅に持ち帰るなら「アイスモナカ」を

名古屋・北区【正林堂茶舗】

画像:正林堂茶舗

「このおいしい抹茶ソフトを持ち帰りたい!」という方には、ソフトを固めのアイスにした“モナカ”も販売されています。

種類は、まんまるの『丸モナカ』(240円)と、少し大きめで、真ん中から二つに割れる『角モナカ』(280円)の2つ。

筆者が訪れたときにも、ソフトクリームはお店で食べて、お土産にモナカを買っていく方もいました。

他にも、『抹茶シェイク』(330円)、『ほうじ茶シェイク』(330円)がありますよ。平日の夕方には、学校帰りの高校生も立ち寄って賑わっています。

 

■お茶も買いたい!専門店ならではの品揃え

名古屋・北区【正林堂茶舗】

画像:夏目佳代

店内には、種類豊富なお茶がズラリと並んでいます。

毎日飲みたい一般的なお茶(100g 540円~)から、少し高級な深蒸し煎茶(100g 1,080円~)、高級な玉露(100g 4,320円)のほか、ほうじ茶や麦茶、玄米茶などが揃っています。

名古屋・北区【正林堂茶舗】

画像:夏目佳代

もちろん、お抹茶も揃っています。好きな茶葉を選ぶと、各銘柄を工場で挽いたものをお店で計り売してくれますよ。

名古屋・北区【正林堂茶舗】

画像:夏目佳代

さらに、この季節におすすめなのは、水出しの緑茶。冷やしてすっきりといただけます。

フィルターインボトルとセットになった贈答品もあるので、お中元や父の日のプレゼントにもぴったりですね。

名古屋・北区【正林堂茶舗】

画像:夏目佳代

また今年は、お茶が最もおいしいとされる“八十八夜”が5月2日にあたり、元号が令和に変わったまさに翌日でした。

そこで、4月に摘んだ“平成”のお茶と、5月に入ってから摘んだ“令和”のお茶がセットになった『新茶・時代巡り』(2,800円)も登場。

ただ、“令和の八十八夜摘み新茶”は現在完売してしまったため、また違う令和新茶になる予定です。

 

■日本茶インストラクターが淹れるお茶が試飲できる

名古屋・北区【正林堂茶舗】

画像:夏目佳代

正林堂茶舗の若旦那さんは、日本茶インストラクター。お茶の種類や、淹れ方などを教えていただけますよ。

また、混雑時以外は、若旦那さんが淹れてくれたお茶を一杯、試飲できます。筆者が訪れたときには、令和元年を祝して、祝いの枡で出してくださいました。

お茶そのものもおいしいと思うのですが、やはり淹れ方で味が全く違うと感じました。まろやかで甘味を感じるとってもおいしいお茶でしたよ。

若旦那さんはお茶の販売のみでなく、日本茶インストラクターとして日本茶の普及にも努めており、小学校の家庭課の授業の特別講師などに出向くこともあるそうです。

お店に行ったらぜひ、いろいろ質問してみてくださいね。また、月替わりで、いろんなイベントも開催されています。6月には『豆菓子総選挙』や『抹茶ソフト抹茶トッピングデー』などが日付限定で行われています。

 

名古屋・北区【正林堂茶舗】

画像:夏目佳代

「週に2、3回は来ています」と言いながら抹茶ソフトを食べているお客さんや、「ここのソフトが大好き」と、おばあちゃんと一緒にやって来た小さなお子さんなど、ひっきりなしにお客さんが訪れていました。

おいしいお茶と、社長や若旦那さんの温かい人柄で70年続いてきたお店には、お客さんの笑顔とお茶のいい香りが充満しています。リピートしたくなること間違いなしですよ。

<店舗情報>
正林堂茶舗
住所:名古屋市北区大曽根2-3-21
電話:052-981-0341
営業時間:9:00~18:30
定休日:日、祝
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)

【おすすめ記事】

大人気ティースタンドが大須に登場!

うさぎのかわいい御朱印に胸キュン

『ワークマンプラス』中川区にOPEN

「花粉症の仕組みと対策」とは?(AD)

【画像】
※ 正林堂茶舗、夏目佳代

※この記事の情報は公開日時点のものです。