CUCURU(ククル) > グルメ > カロリーゼロ、糖質ゼロ…色んな「ゼロ食品」の違い&食べ方のコツとは?

カロリーゼロ、糖質ゼロ…色んな「ゼロ食品」の違い&食べ方のコツとは?

ゼロ食品

画像:野村純子

つい摂りすぎてしまいがちな糖質! これをコントロールすることが健康管理のカギになることは有名ですよね。

そんななか、これまで糖質抜きで作ることは考えられなかった、アイスや麺類にまで“ゼロ”のトレンドは広がっています。

今回はエステティシャンでもある野村純子さんが、商品選びの参考になるよう解説しながら3つの“ゼロ食品”をご紹介します。

■『プチ!プチ!海藻麺』(購入価格で税別98円)

プチ!プチ!海藻麺

画像:野村純子

海藻成分のアルギン酸から作られたもので、麺といっても長さやコシはなく、プチプチした食感です。

プチ!プチ!海藻麺

画像:野村純子

無色透明で無味無臭! 下ゆで要らずですぐ使えるから、工夫次第で“かさ増し”できそう。

プチ!プチ!海藻麺

画像:野村純子

エネルギー(いわゆるカロリー)は、たんぱく質、脂質、炭水化物の総量から算出されます。

この商品は、炭水化物2.3gから食物繊維2.3gを除いた糖質は0g、さらにたんぱく質や脂質も0gのようですよ。

 

■『おどろき麺0(ゼロ)』(税別215円)

おどろき麺0(ゼロ)

画像:野村純子

麺類の多くは小麦粉などの穀物を主原料に作られ、多少の食物繊維を含んでいても、麺の大半は糖質と考えるのが一般的。

こちらは寒天麺が入っており、見た目は切り干し大根のように短く、縮れています。

おどろき麺0(ゼロ)

画像:野村純子

この場合「麺の糖質がゼロ」だと言っているので、スープやかやくにはわずかですが糖質や脂質が含まれ、スープもまるごと飲みほすと“カロリーゼロ”ではありません。

生きるうえで糖質も一定量は必要です。「短期集中で糖質を一切抜く!」というのではなく、最近糖質を摂りすぎかも、という方が食事の一部を糖質ゼロ麺に置き換えるとよさそう。

 

■『ZERO アーモンド香るふんわりケーキ』(税別140円)

ZERO アーモンド香るふんわりケーキ

画像:野村純子

“砂糖ゼロ・糖類ゼロ”でここまでおいしいことに好評価のラクトアイス。極端に甘さ控えめでもなく、ミルク感もあります。

ZERO アーモンド香るふんわりケーキ

画像:野村純子

では“糖質ゼロ”と“糖類ゼロ”はどう違うのでしょうか?

“糖質”は炭水化物から食物繊維を除いたもの。そして“糖質”をさらに分類すると複数の“糖類”に分かれ、小麦などに含まれるでんぷんと砂糖は、それぞれ異なる“類”に属しています。

そうすると「砂糖はゼロでも小麦粉を使ったパンケーキ」というものがあった場合、“糖類ゼロ”だけど、“糖質ゼロ”とは違う、というちょっとややこしいことが起こるのです。

 

いかがでしたか? 「ゼロ食品」でも無条件に“ギルトフリー(後悔無し)”ではないようです。食べる時間帯や頻度は最低限守りつつ、上手に活用していきたいですね。

【おすすめ記事】

大人気ティースタンドが大須に登場!

うさぎのかわいい御朱印に胸キュン

『ワークマンプラス』中川区にOPEN

「花粉症の仕組みと対策」とは?(AD)

【画像】
※野村純子

【参考文献】
炭水化物/糖質-厚生労働省 e-ヘルスネット

※ 記事の情報は公開日時点のものです。