CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 「PTAは負担…」と7割が回答! PTA会長パパが“スマートな関わり方”を伝授

「PTAは負担…」と7割が回答! PTA会長パパが“スマートな関わり方”を伝授

source:https://www.shutterstock.com/

“Yahoo!”の意識調査調べで「PTA活動、どのくらい負担に感じる?」という質問がありました。

「非常に大変だった」「大変だった」と回答した方は選択肢合計で約7割となり、PTAに関しては負担に感じている方が多いという結果が出ていました。(※)

PTAについては任意団体であり、加入の強制力はありませんが、誰も入ってこないと成り立たなくなるということで、半ば強制的に加入させるPTAもあるようです。

そんなPTAについてですが、どのように参加していけばよいか、PTA会長でもある三尾さんに、ご自身のご経験も踏まえてお話しいただきます。

先輩ママにPTAの様子を聞きこみ

まずPTAがどんな組織なのか、入ったことがなければわからないですよね。

地域やその学校や園によっても違ってくるので、ネットで検索して調べてみても実際には雰囲気や仕事が違うこともあります。

一番いいのは、地域の知っている先輩ママに聞いてみること。

どんな雰囲気だったのか、どういう形で入ればよいのか、知っている人に聞くのが一番早いです。

もし知り合いがいないようであれば、学や園の説明会に出席したり、問い合わせしてみるというのも1つの手です。

PTAの雰囲気がよいところは学校や園もきちんと回答してくれるところが多いと思います。

では実際にやることになった場合、どのような工夫をすれば上手に対応できるのでしょうか?

 

自分がやりやすい方法を選択する

source:https://www.shutterstock.com/

PTAに参加するとたいてい何かの係をやることになります。

係の中には平日に会議があったり、作業を行うこともあり、会社を休んででも出るように言われるところもあったりするようです。

本来であれば自分ができる範囲でやって、たまにどうしても「やらないといけないとき」にだけ休みをとり、PTAを優先するというような形で参加できるといいですよね。

PTAの係を受ける前にうまく自分にとってやりやすいように進める2つのポイントがあります。

(1)不安要素は無くしておく

本当に自分でそれができるのかどうかというところを考えること

できなければ、「こういう制約があるのですが、大丈夫でしょうか?」とPTAの役員に事前に相談してみてもいいと思います。

時間に制約があってできないのであれば、PTAにとっても自分にとっても不幸ですので、できるだけ自分がやりやすい係を選ぶといいですね。

(2)2人1組で係をやらせてもらう

お互い出れないときはもう一人にお願いするということもできますし、何かあったときに相談できるのも心強いですよね。

もし、自分が何もできないのであれば、できるときにボランティアで協力するなど、PTAに対して関わっていくとPTAや学校の方に喜ばれますので、意識してみてもいいかもしれません。

 

あまりネガティブに捉えすぎないことがポイント

source:http://www.shutterstock.com/

筆者自身もPTAに参加する前は、めんどくさいし、やりたくないとかなり“ネガティブ”にとらえていました。

でも実際にやってみると考え方は変わりました。

確かに何もしないよりは面倒なことはありますし、忙しい時もあります。

しかし、それ以上に“メリット”もあります。

学校や子どもの様子を知ることができますし、周りのパパやママ友も増えました。

もしPTAに関わってなければ、ここまで学校のことも知らなかったと思いますし、子どもの教育に熱心になれなかったかもしれません。

それに地域の方々とも顔見知りになりますので、いざというときには地域でも協力し合えるのではないかと思います。

こちらが積極的に取り組んでいれば、時間の制約に関する融通もきくことが多いので、一度PTAに参加してみて前向きに取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

(2016年08月11日の記事を再掲載しています)

【参考・画像】
※ Yahoo!意識調査「PTA活動、どのくらい負担に感じる?」
※  milatas、miya227、 metamorworks / Shutterstock