CUCURU(ククル) > 美容・健康 > ヒミツは「100均ブラシ」にあり!? 毛穴レス肌に見せたいときのベースメイクテク

ヒミツは「100均ブラシ」にあり!? 毛穴レス肌に見せたいときのベースメイクテク

画像:継田理恵

ベースメイクで毛穴レス肌に見せられたら素敵ですよね。

そこで今回は、100均のブラシを使ったベースメイクテクを、美容ライターの継田理恵さんがご紹介。皮脂崩れに負けたくないときにおすすめのアイテムと合わせて、チェックしていきましょう!

■100均のマイクロファイバーブラシを有効活用

画像:継田理恵

メイクで毛穴レスに見せたいときにおすすめなのが、極細ファイバーブラシ。極細毛が集まったブラシで、肌の凹凸をキレイにカバーしやすいアイテムです。

有名メイクブランドからも同形状のものが発売されていますが、筆者が使っているのはセリアで買えるこちらのマイクロファイバーブラシ。

パウダーファンデーションでもリキッドファンデーションでも、どちらのタイプも使用可能です。

有名ブランドのものとは差があるかもしれませんが、セリアのマイクロファイバーブラシでファンデーションをつけると、スポンジや手でつけたときとは大きな違いが!

画像:継田理恵

筆者が使っているパウダーファンデーションを、普段通りスポンジでつけるとやや毛穴が気になります。

しかし、スポンジでファンデーションを軽くつけたあと、気になる毛穴部分や細部をマイクロファイバーブラシで仕上げると、毛穴が目立ちにくくなりました。

時間があるときは、毛穴が気になる部分に初めからマイクロファイバーブラシで丁寧につけていくと、使うファンデーションの量を節約することもできます。

キレイに仕上がるうえ、節約にもなるなんて、100均でゲットするしかないですよね!

 

■スキンケア後の仕込みも丁寧に

マイクロファイバーブラシで仕上げても、メイク前の仕込みが甘いと皮脂崩れで毛穴が目立ちやすくなることが。いわゆる“毛穴落ち”ですね。

毛穴落ちすると、ファンデーションとの相性が気になりがちですが、毛穴落ちはメイク前の仕込みで防げることも。

0円ですぐにできるのが、スキンケアとメイクのあいだに少し時間を置くこと。難しい場合はティッシュで軽く肌表面を押さえるとよいでしょう。

画像:継田理恵

さらに筆者がおすすめしたいのは、“塗るあぶら取り紙”との異名をもつm.m.mの『スキンスムーザー』(写真左)。

メイクの最初にTゾーンに塗ると、余分な皮脂にアプローチできます。

広範囲のテカリや崩れが不安なとき、皮脂が気になるけれど乾燥もするという方には、alima PUREの『スムージングプライマー』がおすすめ(写真右)。

皮脂と水分のバランスを整えることを考えて、シリカをバランスよく使用しています。さらに、ただの水ではなくセージウォーターを使用。

このメイク前の仕込みと合わせて、マイクロファイバーブラシでメイクをすれば、より一層毛穴が目立ちにくくなることに期待が持てます。

 

1アイテム、1手間プラスすることで、ベースメイクの仕上がりにきっと差が出ます。ぜひ試してみてくださいね。

【おすすめ記事】

あの『ミールカフェ』が移転OPEN!

大須で見つけた!絶品肉グルメ18選

八百屋さんの大人気フルーツサンド

「花粉症の仕組みと対策」とは?(AD)

【画像】
※ 継田理恵

※ 記事の情報は公開日時点のものです。