CUCURU(ククル) > グルメ > 売り切れ御免!3時間で1000個を売り上げた大人気プリンとは

売り切れ御免!3時間で1000個を売り上げた大人気プリンとは

餃子や鰻などが有名な静岡県浜松市。実はお花の名産地でもあるのをご存知ですか?この春、誕生した「浜松プリン Priful(プリフル)」は食べられるお花が入ったプリン。県内の食材をふんだんに使った、見た目があざやかなプリンをご紹介します。

浜松に生まれた大人気のプリン専門店

「はままつフラワーパーク」などの人気スポットがある浜松市。実は、ガーベラをはじめとしたさまざまなお花の名産地なのですが、全国的にはあまり知られていません。
お花の町である浜松の魅力をたくさんの方に伝えたいと、この春オープンしたのが、プリン専門店「浜松プリン Priful(プリフル)」。食べられるお花が入ったプリンなど、色とりどりのおしゃれなプリンを販売しています。
3月のオープン初日、たった3時間で1,000個を売り上げ、その味を求めて何度も訪れるリピーターが続出しているそう。店内の工房で毎日丁寧に作られる、新鮮なプリンを早速チェックしましょう。

バラをはじめ、静岡の名産品で作られるプリン

浜松プリンは、全部で5種類。
中でも1番の人気を誇るのは、浜松プリンの代表「フラワー」。手のひらサイズの小さな瓶に、真っ赤なバラをぎゅっと閉じ込めたかのよう。バラの果実であるローズヒップが香るジュレに、食べられるエディブルフラワーを加えたプリンです。
蓋を開けた瞬間、漂うのはバラの香り。ジュレとプリンを絡めて食べれば、濃厚なバニラとローズヒップの甘酸っぱさが口いっぱいに広がります。大人の女性が満足できる、華やかな見た目と爽やかな味わいです。
すべてのプリンのベースになっている「プレーン」は、天然のバニラビーンズを使い、上品な甘さととろけるような食感にこだわって仕上げられたもの。シンプルだからこそ、卵の味とバニラの香りがしっかりと感じられます。

静岡といえばお茶というイメージにこたえたのが「抹茶」。厳選された県内産の抹茶の、青々とした香りと渋みがそのまま活きています。抹茶の苦味とプリンの甘さがちょうどよく絡み合う深みのある味わいはクセになりそう。県内でとれたフルーツのジュレを贅沢に乗せたものも。
静岡県の名産いちご・紅ほっぺを毎朝取り寄せて作る「いちご」、浜松でとれたみかんで作る「三ケ日みかん」はどちらも果肉がたっぷり。最初はフルーツをそのまま食べているかのような瑞々しいジュレを味わい、少しずつ下のなめらかなプリンと合わせ、味を変化させて楽しむのがおすすめです。

浜松に寄ったら、ここにしかないプリンを味わって

店内にはイートインスペースもあり、色とりどりのお花が飾られた空間で、作りたてのプリンを味わうことができます。プリン以外に、ブーケをイメージしたお花の香りのソフトクリームも販売されていますよ。
プリンの賞味期限は2~4日間。手土産にもおすすめなので、浜松周辺に立ち寄った際にはぜひ、ここにしかないプリンを味わってみてくださいね。

writer / ミハル photo / 浜松プリン Priful

※記事の内容(本文・画像など)に関しては、許諾を得て掲載しております。