CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 2歳児が喜ぶ!卵、さつまいも、かぼちゃを使った「黄色いおかず」3選

2歳児が喜ぶ!卵、さつまいも、かぼちゃを使った「黄色いおかず」3選

source:https://www.shutterstock.com/

連休や運動会などでお弁当を作る機会が増える時期ですね!

大人のものと違い、子どものお弁当は見た目や栄養など何かと気を遣うもの。

自我がでてきた2歳頃は特に好き・嫌いがはっきりしてくる時期なので、バランスよく食べてもらえるように考えるのが大変だったりします。

そこで今日は、甘味があって、2歳児も好きな子が多い、卵、さつまいも、かぼちゃの”黄色いおかず”3種をつかったおかずレシピをヤナイさんにご紹介いただきます。

お弁当作りでママが気をつけていることは?

冷凍食品などを扱うマルハニチロ株式会社が行った「お弁当に関する調査2018」(月1回以上お弁当を作る全国の20〜59歳の女性1000人を対象に調査)で、お弁当を作るときに工夫していること聞いたところ、「色のバランス(赤、緑、黄色を入れるなど)」が51.4%で最も多く、次いで「食べやすさ(おかずの形や大きさなど)」が43.5%、「栄養のバランス」が40.1%、「冷めてもおいしく(味付けやおかずの種類を工夫するなど)」が39.0%、「汁漏れ防止」が37.6%となりました。(※1)

お弁当を作る際、見た目や食べやすさ、栄養バランスを工夫している人が多いのがわかりますね。

 

2歳児に食べさせたいおすすめの黄色い食材

先の調査で発表された、お弁当のおかずランキングでは“お弁当によく入れるおかず”“自身がお弁当で食べたいおかず”“お弁当の節約メニューに欠かせないおかず”を聞いたところ、「玉子焼き」が三冠を達成(※1)

黄色いおかずの代表とも言える「玉子焼き」の人気の高さが伺えます。

黄色い食材は、お弁当をパッと明るくしてくれるので、見た目にも食欲が湧くほか、栄養面から見ても以下3つの食材はお弁当に取り入れたいおかずです。

【卵の卵黄】・・・丈夫な骨と歯をつくるビタミンDが豊富。

【さつまいも】・・・エネルギー源なる糖質が豊富で、体、脳、神経組織を動かすエネルギー源。脳が急速に発達する2歳児には糖質の一種であるブドウ糖が大量に必要なため、積極的に取り入れたい食材です。

【かぼちゃ】・・・風邪を予防するビタミンAが豊富で、目や皮膚の健康を保ち、体のさまざまな粘膜を強くする働きが。風邪ウイルスの侵入も防いでくれます。

(※2)

 

お弁当を彩る黄色いおかず3選

2歳児に食べさせたい黄色い食材・卵、さつまいも、かぼちゃの3種は、甘味があるので好んで食べる子どもも多いはず。今回はこの3つの食材使って、お弁当向きの食べやすいおかず3品つくってみました。

1.メインになる!「鶏そぼろとコーンのオープンオムレツ」

出典: It Mama(イットママ)

【材料】(縦20×横14×高さ4cm程度の耐熱用バット1台分)

鶏挽き肉・・・150g
コーン・・・100g
卵・・・4個
マヨネーズ・・・大さじ1
オイスターソース・・・小さじ1
塩、胡椒・・・少々

【つくり方】

(1)バットにオーブンシートを敷き、卵を割り入れ、鶏挽き肉、コーン、塩胡椒、マヨネーズ、オイスターソースを入れて、よく混ぜ合わせる。

(2)200℃に予熱したオーブンで約25分焼く。粗熱が冷めたら好きな大きさに切る。

 

2.残りがちなジャムを活用!「さつまいものマーマレード煮」

出典: It Mama(イットママ)

【材料】(作りやすい分量)

さつまいも・・・中1本
マーマレードジャム・・・大さじ1〜2(ジャムの甘さによって調節を)
醤油・・・少々

【作り方】

(1)さつまいもは皮をむき、1cm幅の半月切りにする。水にさらしてアクを抜く。

(2)小鍋に(1)とかぶる程度の水、マーマレードジャムを加えて火にかける。

(3)さつまいもが柔らかくなったら、醤油を一回し、味を調えて出来上がり。

 

3.火を使わず簡単!「かぼちゃでハムチーズサンド」

出典: It Mama(イットママ)

【材料】(6〜8個分)

かぼちゃ・・・150g程度
切れてるチーズ(溶けないタイプ)・・・3〜4枚
ハム・・・2枚

【作り方】

(1)かぼちゃは皮を包丁でそぎ落とし、5mm幅程度に切る。

(2)(1)をラップに包み、レンジ2分ほど加熱して柔らかくする。

(3)(2)の粗熱が取れたら、かぼちゃの大きさに切ったチーズとハムをのせ、かぼちゃで挟む。さらに半分に切り、ピンチョスで止めて出来上がり。

 

いかがでしたでしょうか。

毎日お弁当をつくっている筆者ですが、お弁当のおかずは、夕飯の支度と平行してつくれるくらいの手軽なもので十分と思っています。

ぜひ参考にしていただけたらうれしいです。

 

【参考・画像】
※1 マルハニチロ「お弁当に関する調査2018」
※2 たまひよ新・基本シリーズ 初めての幼児食(ベネッセコーポレーション刊)
※ Irena Misevic / Shutterstock