CUCURU(ククル) > グルメ > 和菓子に日本茶はもう古い?新しい楽しみ方を提案する和菓子屋さんとは

和菓子に日本茶はもう古い?新しい楽しみ方を提案する和菓子屋さんとは

沖縄県の和菓子屋さん「羊羊(ようよう)」は、和菓子と、和菓子によく合うオリジナルブレンドのコーヒーなどを提供しているお店。落ち着いた雰囲気の店内では、豆大福やどら焼きといった定番商品から、桜餅や赤しそジュースなどの季節限定のメニューまで、さまざまな味わいが楽しめます。

和菓子とコーヒーを提供する沖縄の和菓子屋さん

平成30年に創業したばかりの「羊羊(ようよう)」は、沖縄県にある和菓子屋さん。豆大福やどら焼きといった和菓子と、その和菓子によく合うオリジナルのブレンドコーヒーなどのドリンクを販売しているお店です。

関西風で作られる、やさしげな色合いの桜餅

いつも並んでいる定番メニューのほか、季節ごとにさまざまな和菓子を楽しめる羊羊。やさしげなピンク色をしたこちらの和菓子は桜餅です。桜餅は関東と関西で作り方が異なるそうですが、羊羊では関西風の桜餅を提供。関東はクレープのように餡を生地で挟んで作りますが、関西はもち米を一度蒸して乾燥させ、粗く砕いた「道明寺粉」を使った皮で餡を包み込むのだそうです。つぶつぶとしたお米の食感が残る桜餅を、ぜひ店頭にて味わってみてください。

定番どら焼きにお餅とナッツを挟んだ「もちどら」

こちらは、定番商品のどら焼きにつきたてのお餅とカシューナッツを挟んだ「もちどら」。もちもちとしたお餅の食感とカシューナッツの香ばしさが甘い餡によく合い、他にはない味わいが楽しめます。お餅は翌日には固くなってしまうそうなので、購入した当日に早めに召し上がってくださいね。

羊羊では、和菓子ひとつからでも電話にて予約を受け付けているとのこと。お目当ての和菓子が売り切れてしまう可能性もあるので、心配な方は予約をすることをおすすめします。

和菓子によく合うコーヒーの豆は、店頭でも購入可能

和菓子といえば日本茶が合うのでは?と思う方も多くいると思いますが、その概念を変えてくれるのが羊羊オリジナルブレンドの深煎りコーヒー。コクがあるビターな味わいが口に広がり、和菓子の上品な甘さとのバランスが抜群です。同じ沖縄県のコーヒーショップ「YAMADA COFFEE」で作られているそうで、羊羊の店内でコーヒー豆を購入することもできます。気に入った方は、ぜひお店で尋ねてみてください。

夏が待ち遠しくなる赤しそジュース

和菓子同様、ドリンクにも季節に合わせたメニューが。店内にはイートインスペースがあるので、和菓子やドリンクとともにひと休みしていくことも可能です。これからやって来る夏の季節には、赤しそジュースも登場。透明感あふれる鮮やかなレッドが夏らしく、隣に並ぶ和菓子のビジュアルをより美しく引き立てます。その日の気分によって、選んだ和菓子に合わせたいドリンクを選ぶのも楽しいですね。

落ち着いた店内で心ゆくまで和菓子とコーヒーを味わって

店内は広々としていて、落ち着いた雰囲気が漂っています。沖縄に訪れた際にはぜひ立ち寄ってみてください。コーヒーの香りが漂う空間で味わう和菓子は、きっとあなたの心をやさしく癒してくれることでしょう。
writer / ひの photo / 羊羊

※記事の内容(本文・画像など)に関しては、許諾を得て掲載しております。