CUCURU(ククル) > グルメ > 毎日食べても飽きない!名古屋・大須『すゞ家』の絶品とんかつ

毎日食べても飽きない!名古屋・大須『すゞ家』の絶品とんかつ

すゞ家(すずや)赤門店【名古屋・大須】

画像:川口めぐみ

“とんかつ”と聞くと「がっつり食べるにはちょっと重いかな……」なんて思う方も多いのではないでしょうか?

今回おじゃました、名古屋・大須にある『すゞ家(すずや)』のとんかつは、毎日通うお客さんもいるくらい、軽くて食べやすい美味しいとんかつなのだそう。

その魅力を探ってきたので早速レポートします!

■大須赤門北信号すぐ!

すゞ家(すずや)赤門店【名古屋・大須】

画像:川口めぐみ

今回ご紹介するすゞ家は、矢場町方面から大須へ向かって大須赤門北信号すぐの場所にあります。

すゞ家(すずや)赤門店【名古屋・大須】

画像:川口めぐみ

お店の前に看板があるので分かりやすいですね。

 

■100席もある広い店内

すゞ家(すずや)赤門店【名古屋・大須】

画像:川口めぐみ

店内に足を踏み入れると、少し懐かしいような雰囲気を感じます。

今回、筆者は1階にじゃましたのですが、2階にもお席があり、なんと全部で100席もあるのだとか!

そのため、土日などの混雑時にもそこまで待たずにお店に入れるのだそうですよ。

 

■分厚いのに柔らかなとんかつに感激!

すゞ家(すずや)赤門店【名古屋・大須】

画像:川口めぐみ

毎日通うお客さんもいるという『すゞ家』のとんかつで、女性から人気があるメニューが『小ヒレカツ定食』(税込1,400円)。

筆者も早速カツをいただいてみると、今まで食べたことのないような、サックサクの薄い衣で驚いてしまいました! サクサク薄づきの衣は脂っぽくないので、女性や年配の方からも好評だとか。

とんかつのお肉自体はとっても分厚いのに、かなり柔らかくてスッと噛み切れてしまうほど。きめ細かで上質なお肉が口の中であっという間になくなります。

小ヒレカツ定食のソースは、もともと洋食店としてスタートしただけあって、さらりとしていて食べやすいのが特徴。

対して『味噌小ヒレカツ定食』(税込1,400円)の味噌は、隠し味に干し柿ペーストを加えているそうで自然な甘みがクセになります。

どちらでいただいても美味しいので、ソースか味噌かお好みでチョイスしてくださいね!

すゞ家(すずや)赤門店【名古屋・大須】

画像:川口めぐみ

また、小ヒレカツ定食は通常2つのカツがついてくるメニューですが、「CUCURUを見た」と伝えると、人気メニュー“ホタテ”がひとつ、小ヒレカツ定食の価格そのままでサービスされるとのこと!

すゞ家(すずや)赤門店【名古屋・大須】

画像:川口めぐみ

このホタテは甘みがかなり強く、口当たりは柔らかなのですが、貝柱の繊維がしっかり残っています。

というのも、生食用のホタテをさっと短い時間で揚げているそうで、半生くらいの状態だからなのだとか。かなり食感抜群でプリプリで、お店手作りのタルタルソースと相性抜群!

 

■毎日食べても飽きない!秘密は…

すゞ家(すずや)赤門店【名古屋・大須】

画像:川口めぐみ

『すゞ家』のとんかつなら、毎日食べても飽きない!という方や、遠方から熱心に通う方も多いのはどうしてか、お店の方に秘密を伺いました。

すると、「衣がかなり薄いので、油を余分に吸ってしまうことがないこと、半日に一回は油の交換を行っているため、常に新鮮な油で調理されていることがカギ」とのこと。

すゞ家(すずや)赤門店【名古屋・大須】

画像:川口めぐみ

昭和24年から愛され続ける『すゞ家』のとんかつは、胃にもたれたりすることなく、飽きがこない美味しさなので、毎日のように通ってしまうのですね。

 

いかがですか?

毎日通うお客さんもいるくらい、脂っこくなく軽い美味しさの『すゞ家』のとんかつ。

みなさんもぜひ足を運んでみてくださいね!

<店舗詳細>
すゞ家(すずや)赤門店
住所: 愛知県名古屋市中区大須3-11-17
アクセス:地下鉄上前津8番出口から徒歩6~7分
電話番号:050-5592-4928
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:30)、17:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:木曜日
駐車場:なし(近隣にコインパーキングあり)

【おすすめ記事】

あの『ミールカフェ』が移転OPEN!

大須で見つけた!絶品肉グルメ18選

八百屋さんの大人気フルーツサンド

「花粉症の仕組みと対策」とは?(AD)

【画像】
※ 川口めぐみ

※ 記事の情報は公開日時点のものです。