CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 母の日にばぁばへサプライズ!親子でできる「簡単キャンディブーケの作り方」

母の日にばぁばへサプライズ!親子でできる「簡単キャンディブーケの作り方」

出典: It Mama(イットママ)

新元号「令和」になって初めてとなる今年の母の日。そんな記念すべき母の日に、いつもお世話になっているお母さんやお義母さんへ贈る物はもう決まっていますか?

母の日の贈り物と言えば、カーネーションを思い浮かべる方が多いと思いますが、昨今は母の日に贈るギフト内容も多様化しているようです。

さらに今年は、直前に最長10日の大型連休があったり、5月1日には元号が変わるなど、いつもとは少し違った状況の中で迎える母の日。

そこで、中村さんが楽天市場の母の日商戦・トレンド発表会に潜入して母の日に贈りたいギフトについて調査してきましたので、ご紹介いただきます。

また、同時開催された、フラワーギフトワークショップで紹介された手作りブーケの作り方もあわせてご紹介いただきますのでお楽しみに!

2019年の母の日ギフトのトレンドは?

毎年4月上旬には母の日特集ページを開設する楽天市場。マーケティング担当者瀬川さんによれば、今年の母の日のトレンド予測は、“フライング母の日ギフト”“元号改定記念ギフト”“進化系フラワーギフト”の3つとのこと。

●フライング母の日ギフト

瀬川さんによれば、「母の日ギフト」に関する意識調査で、3人に1人がゴールデンウィークに母の日のギフトを贈ると回答しているそうです。

そんな「帰省に併せてもらえるギフトで嬉しいものは?」という問いには、約4割の人が一緒に楽しめる「体験型ギフト」を挙げています。お花やスィーツではなく、旅行や食事、また親子で受けられるエステと言った、一緒に楽しく過ごせる“体験型ギフト”が今年のトレンドになりそう。

●元号改定記念ギフト

そして5月1日に「令和」へと元号が変わることを意識したギフトも前年に比べると大幅に売り上げを伸ばしているようです。

そこで注目されているのが、「皇室御用達」アイテム。皇室の慶事の際に引き出物として配られる漆器「ボンボニエール」や皇室御用達のスィーツも、今年の母の日にはタイムリーで喜ばれるのではないでしょうか。

出典: It Mama(イットママ)

●進化系フラワーギフト

出典: It Mama(イットママ)

そして、やはり定番となっているお花も多くの方に選ばれています。今年は、これまでの花束や鉢植えではなく、“進化系フラワーギフト”と呼ばれるものが注目を集めそうとのこと。

“お花を贈る”と一言で言っても、贈る人のライフスタイルや好みに寄り添った選び方次第で、その選択肢は広がります。

 

ひと手間で様変わり!親子で作る♪手作りのフラワーギフト

出典: It Mama(イットママ)

「母の日」に贈る物を選ぶとき、「喜んでもらえる物を贈りたい」という気持ちが1番最初に浮かぶと思います。また、今年はいつもと違ったギフトを贈りたいと考えている人には、手作りのフラワーギフトがおすすめ。

“【楽天ママ割】ママの学校ワークショップ”では、日比谷花壇 楽天市場店担当 市川夏海人さんに楽天ママ割と日比谷花壇のコラボ新商品「POPキャンディブーケ」を子どもも簡単に作れるようにアレンジした作り方を教えていただきました。

出典: It Mama(イットママ)

会場でも、ママとお子さんが市川さんに教えてもらいながらブーケを作っていました。

出典: It Mama(イットママ)

●用意するもの

出典: It Mama(イットママ)

・カーネーション 3本
・ドラセナの葉 3本
・新聞紙(25cm×25cm)
・折り紙
・ストロー
・モール
・ラッピング用紙
・リボン
・キッチンペーパー
・アルミホイル
・ホッチキス
・セロハンテープ

【ステップ1】
(1)新聞紙を丸めてボールを作る
(2)ストローとモールで作った棒に丸めた新聞紙をテープでつける

出典: It Mama(イットママ)

(3)新聞紙に折り紙を巻き付け、両端を軽く絞る
(4)絞った部分にテープを巻く

出典: It Mama(イットママ)

【ステップ2】
(1)ドラセナの葉を丸めて、ホッチキスでとめる

出典: It Mama(イットママ)

(2)カーネーションと作ったキャンディ、ドラセナの葉を束ねて輪ゴムで縛る

出典: It Mama(イットママ)

(3)水で濡らしたキッチンペーパー、アルミホイルを茎の部分に巻きつける

【ステップ3】
(4)ステップ2で作った花束をラッピングペーパーで包む

出典: It Mama(イットママ)

(2)花束とラッピングペーパーをテープで固定する
(3)リボンを結び、完成。

出典: It Mama(イットママ)

実際にママと一緒に作っている子どもたちは、とっても楽しそうでした。

出典: It Mama(イットママ)

自分で作った花束をおばあちゃんに嬉しそうに渡すときの表情からは、少し誇らしげな気持ちも感じられ、受け取るおばあちゃんもとっても嬉しそうでした。

出典: It Mama(イットママ)

「いつも、ありがとう」の気持ちを伝える母の日。お子さんをいつも可愛がってくれているお祖母さんへは、ぜひお子さんと一緒に手作りのものを作ってプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

 

【参考・画像】
※ 楽天市場母の日特集2019
※ 著者撮影