CUCURU(ククル) > エンタメ > 約30軒のお店でしか味わえない!? 静岡・浜松市でいただく「幻のうなぎ」とは

約30軒のお店でしか味わえない!? 静岡・浜松市でいただく「幻のうなぎ」とは

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

今回の旅の舞台は静岡・浜松市! 春の花満開の浜松市の魅力を、アジアン馬場園さんと渡辺直美さんが探ります。

果たして、どんな旅になったのでしょうか?

■おとぎ話の世界に入り込んだみたい!

2人は2018年4月にリニューアルオープンした『ぬくもりの森』へ。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

ぬくもりの森は、地元の建築会社のモデルルームと商業施設を兼ねたスポット。森の中にある建物は、自分で購入したり建てたりすることもできます。

そして、リニューアルによって新しく公開されるようになったのがモデルルームの『ぬくもりガレリア』。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

こちらは、創業者である建築家が実際に住んでいた自宅をほぼそのまま公開している場所! 他ではなかなか見られない、独特の建築様式が随所で見られます。

リニューアルによって、新たにジェラートの専門店もオープン! ジェラートは、その道一筋20年以上という職人さんの手作りですよ。

 

■全国的にも珍しい「共水うなぎ」とは?

続いて2人がやってきたのは、昭和41年に創業した『うなぎ大嶋』。こちらでは、全国でも30軒ほどでしか味わえないという“共水うなぎ”がいただけます。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

共水うなぎは、南アルプスのきれいな天然水で養殖されるブランドうなぎのこと。通常、養殖うなぎは半年ほどで出荷しますが、共水うなぎは自然に近い環境で2年間じっくり育ててから出荷します。

生産量がとても少なく、市場に出回らないことから“幻のうなぎ”と呼ばれているのだとか!

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

そんな貴重な共水うなぎの白焼きと蒲焼きを一度に味わえるのが『共水 白蒲重』。お米の量は通常のうな重一人前と同じなのに、うなぎは二人前も使われている超贅沢な逸品です!

他にも、ご主人がオリジナルに考案したという“うなぎハム”も要チェックですよ。2人の感想はぜひ本編でご覧くださいね!

 

いかがですか?

2人は他にも、『浜松市楽器博物館』で音楽を楽しんだり、およそ3,000種類、10万本の植物がそろう『はままつフラワーパーク』を楽しんだりしたそうです。

気になる旅の全容は、2019年4月20日(土)9:25放送の、CBCテレビ『花咲かタイムズ』でチェックしてくださいね!

【おすすめ記事】

厚焼き卵サンド店『金屋』新店オープン!

今話題のチーズティー専門店!

『伏見ミリオン座』が移転・新館オープン

「花粉症の仕組みと対策」とは?(Sponsored)

【画像】
※ CBCテレビ『花咲かタイムズ』

※ 記事の情報は公開日時点のものです。