CUCURU(ククル) > イベント情報 > 自然の中で好奇心を育てる!岡崎・旧額田地区『森のようちえん&森のがっこう』が楽しい

自然の中で好奇心を育てる!岡崎・旧額田地区『森のようちえん&森のがっこう』が楽しい

画像:森のようちえん&森のがっこう

子どもはとっても好奇心旺盛。でも親にとっては、「色んなことを体験させてあげたい」と思いつつも、つい「危ないからダメ!」と制止してしまったり……なんでも自由に子どもにさせるのは、少し心配なこともありますよね。

そんな子どもの“好奇心”を育てるのにぴったりの場所が、愛知県岡崎市・旧額田地区で毎月1回活動している『森のようちえん&森のがっこう』です。旧額田地区に住んでいる筆者が、さっそくご紹介します。

■子どもが主役!自由に遊ぶことを学べる

画像:ぬかちゃん

親は心配性なもので、筆者も同じです。

転ばぬ先の杖で「それはダメよ!」「危ないからやめなさい!」……これまで何度も子どもに言ってきました。

親心は優しさだと思いますが、ときには“叱ること”がストレスになり、“怒り”にすり替わってしまうことも。

ですが、子どもは「なんで?どうして?どうなる?」という“疑問”や“好奇心”の塊なので、いろんなことにチャレンジしたり体験したりしたいものですよね。

そんな素敵な成長期に子どもの適応力を信じ見守る機会を、自然の中でいろんな体験を準備して待ってくれているのが『森のようちえん&森のがっこう』なのです。

 

■昔は当たり前だった事を親子で体験

画像:森のようちえん&森のがっこう

蛍が飛び交うほど澄んだ川の側にある、旧大雨河小学校。

2010年3月に、惜しまれつつ136年間の歴史に幕を下ろしました。

筆者の母校ではありませんが馴染みのある学校が閉校してしまうことは、とてもさみしかったです。

そんな、こぢんまりとしたかわいらしい学校を有効利用したのが、『森のようちえん&森のがっこう』。大雨河地区の魅力や田舎での子育ての良さを体験できるプログラムが用意されているんですよ。

画像:森のようちえん&森のがっこう

たとえば4月は「フジバカマの苗を作る&春の野山で遊ぼう!」、5月は「田植え体験&どろんこ遊び!」、6月は「川遊び&さかなつかみ」が開催されました。

都会や街中ではなかなか体験できないものばかり。自然に囲まれた『森のようちえん&森のがっこう』だからこそのプログラムです。

 

■みんな初めてはドキドキワクワクがてんこ盛り

数週間前に終わったお茶刈り作業のときに、お手伝いをしてくれた高校生の娘がいちいち反応し、やかましかったのを見て笑いました。

川遊びやどろんこ遊び、畑などの土いじり、虫取り……自然豊かな旧額田地区で育った筆者には当たり前ですが、自然にあまり触れたことのないお子さんやご家族にとってはきっと新鮮な体験になるはず。

『森のようちえん&森のがっこう』を主催している『大雨河やまびこの会事務局』には、元教師の方など優しくて面白い方が多く、お子さんの「なぜ?どうして?」に丁寧に答えてくれます。

 

お子さんの時期にぜひ体験してほしい、『森のようちえん&森のがっこう』。

自然での体験を通して、“生きること”や“命の大切さ”にも触れられるかもしれません。

<活動情報>
森のようちえん&森のがっこう
対象:未就学児・幼児・小学生
時間:10:00~14:00
参加費:保険代、参加費実費
申し込み方法:公式HPにて案内
問い合わせ先:一般社団法人BLOOM

【画像】
※ 森のようちえん&森のがっこう

※ この記事は、公開日時点の情報です。