CUCURU(ククル) > グルメ > おはぎ&コーヒーをカフェスタンドで。名古屋サクマチ商店街『OHAGI3(おはぎさん)』

おはぎ&コーヒーをカフェスタンドで。名古屋サクマチ商店街『OHAGI3(おはぎさん)』

OHAGI3(おはぎさん)【名古屋・北区】

画像:dreaminy

体を気遣った食材を使用したおしゃれなおはぎでおなじみの『OHAGI3(おはぎさん)』が、名古屋・尼ケ坂駅の高架下『SAKUMACHI商店街』にもオープンしました!

この3店舗目の尼ケ坂店は、おはぎと一緒にオリジナルブレンドのコーヒーを飲めるカフェスタンドです。

■甘さ控えめなおしゃれOHAGI

OHAGI3(おはぎさん)【名古屋・北区】

画像:dreaminy

入って正面のレジカウンター中央のショーウィンドーには定番のおはぎが並んでいます。

日本では昔から親しまれている和菓子のおはぎ。世界中の人にも食べてもらいたいという想いからOHAGIと命名したそうです。

甘さ控えめで体を気遣った素材を使用しているので、小さなお子さんからお年寄りまで幅広い層に親しまれています。

OHAGI3(おはぎさん)【名古屋・北区】

画像:dreaminy

定番の6種のおはぎが入ったBOXも割りばしが持ち手になっていて、グッドアイデアでとってもおしゃれです。

定番以外に、季節ごとのおはぎも登場します。そのときに相応しい素材を使用しています。日々のなにげない生活の中にとけこむような、親しみあるお店を目指しているそうです。

OHAGI3(おはぎさん)【名古屋・北区】

画像:dreaminy

筆者は、定番の『6種のおはぎ』(税込780円)をテイクアウトしました! おはぎは2個(税込260円)からテイクアウトできます。

OHAGI3(おはぎさん)【名古屋・北区】

画像:dreaminy

それぞれ月になぞらえたネーミングです。向かって左から、粒あんのOHAGIが『暁月(あかつき)』、ココナッツをまぶしたOHAGIが『新月(しんげつ)』、黒ごまのOHAGIは『宵月(よいづき)』。

OHAGI3(おはぎさん)【名古屋・北区】

画像:dreaminy

向かって左側、みたらし餡をトッピングしてあるOHAGIが『夕月(ゆうづき)』、白餡と赤餡に抹茶をトッピングしたOHAGIが『半月(はんげつ)』、京きなこに黒糖くるみがのったOHAGIが『満月(まんげつ)』。

それぞれに魅力があるネーミングが素敵です。いろいろ食べてみたくなりますよ。

 

■豆にこだわるオリジナルブレンドコーヒー

OHAGI3(おはぎさん)【名古屋・北区】

画像:dreaminy

こぢんまりとした店構えの窓辺には、カップがずらりと並んでいます。

カフェスタンドで飲めるコーヒーは豆にこだわるオリジナルブレンドで、おはぎにも合います。注文をしてから淹れてくれますよ。

 

■コーヒーに合うスイーツも

OHAGI3(おはぎさん)【名古屋・北区】

画像:dreaminy

和と洋が上手くマッチしたスイーツも必見。写真は『きなこおはぎのパフェ』(税込600円)です。他に『つぶあんおはぎのパフェ』(税込600円)もありますよ。

わらび餅とアイスの上におはぎがのっている、ユニークで欲張りな和パフェはコーヒーにも合います。

コーヒーは、『OHAGI3ブレンドコーヒー ホット』(税込300円)や『アイスコーヒー』(税込350円)など。

 

いかがですか?

新店舗の尼ケ坂店は桜並木の通りに面していて、春には桜の花が、夏には新緑が美しく、和菓子のおはぎが似合います。ぜひ訪れてみてくださいね!

<店舗情報>
OHAGI3(おはぎさん)
住所:愛知県名古屋市北区大杉1-19-10
電話番号:052-898-2888
営業時間:11:00~18:00
定休日:水曜日

【おすすめ記事】

名古屋の「食パンがおいしいお店」9選

「天使のエビ」のパスタが大人気!

名古屋限定「たませんクレープ」とは!?

「花粉症の仕組みと対策」とは?(Sponsored)

【画像】
※ dreaminy

※ 記事の情報は公開日時点のものです。