CUCURU(ククル) > 美容・健康 > 女性らしい華奢な後ろ姿に♡「背中美人」へと導く3つのエクササイズ

女性らしい華奢な後ろ姿に♡「背中美人」へと導く3つのエクササイズ

自分からは見えにくいからこそ、意識が薄い背中のお肉。これから薄着になっていくと、気づかなかった「たるみ」があらわに…。背中にお肉がついていると、華奢さが失われ、ともすれば老けて見える原因にもなってしまうそう。そうならないように、今から少しずつエクササイズをして、引き締まった背中を手に入れましょう。

まずは簡単な「背中のストレッチ」から

まずは座ったままで出来る簡単な動きから。ゆっくりと身体を動かすことで背筋を鍛えて、さらに左右の姿勢のゆがみや腰痛の改善にも効果が期待できますよ。

ストレッチの手順

1) 背筋を伸ばして、あぐらをかきます。
2) 片方の脚を斜め前に伸ばし、腕を持ち上げます。息を吐きながら、持ち上げた腕を斜め上に伸ばすようにして反対方向にゆっくりと倒していってください。無理をせず、背中が気持ちよく伸びるところで止めます。

3) 25秒ほどその体勢を保ったら、反対側も同じように行います。

少し負荷の高い「ベントオーバーツイスト」

次は肩を大きく動かすことで背筋を鍛えるエクササイズを。肩甲骨を寄せて、胸をしっかりと開くことを意識しながら丁寧に行ってください。続けることで姿勢も良くなり、基礎代謝UP効果も期待できます。

エクササイズの手順

1) 直立の体勢から膝を曲げて、身体を少し前方に倒します。胸を張って、頭からお尻を一直線に保つように心掛けてください。

2) 身体を倒した状態で前ならえをして、片腕ずつ腕を後ろに引き上げます。この時、目線は前に固定したままにしてください。真後ろまで腕を振りあげたら少しだけ動きを止めて、元の体勢に戻してください。

3) (2)の動きを左右交互に片側10回ずつ行ってください。

最後は背中全体を引き締める「バックエクステンションW」

最後は上半身を大きく使うエクササイズを行いましょう。脇をしっかりと締めて、肩甲骨を寄せることを意識してください。背中を最大限使うためには、脚が浮かないように注意して行ってくださいね。

エクササイズの手順

1) うつ伏せになり、手はバンザイの状態にしておきます。
2) 上半身だけ起こしながら肘を曲げ、脇を締めるように引きます。

3) 上がりきったところで肩甲骨が寄せきれているか確認し、床にゆっくり戻します。10回行ってみましょう。

WEBGYMアプリでは、今回ご紹介したエクササイズを動画で配信中。そのほかにも、短時間・カンタンで効果的なメニューが豊富に揃っていますので、ぜひチェックしてみてください。
writer / WEBGYM photo / 東急スポーツオアシス

※記事の内容(本文・画像など)に関しては、許諾を得て掲載しております。