CUCURU(ククル) > ライフスタイル > え、素手で磨くの!? プロが教える驚き「トイレ掃除」の極意

え、素手で磨くの!? プロが教える驚き「トイレ掃除」の極意

画像:八田和子

幸せ収納デザイナーである筆者が、毎日行っていること。それは、トイレ掃除。トイレ掃除といっても普通のトイレ掃除とは、少し違うかもしれません。

今回は筆者がオススメするトイレ掃除の意外な方法を伝授しますね。

 

■トイレ掃除にブラシは使わない

筆者のオススメするトイレ掃除は、ブラシでゴシゴシ洗うのではなく、洗剤は使わず、ぞうきんで丁寧に磨く方法です。だから、素手で行います。

床、壁はもちろんのこと、便器の外側も内側も雑巾で磨き上げます。便器の中の水がたまっている場所にも、手を突っ込んで雑巾で磨きます。だから手首まで水に浸かっています。

理由は、ブラシでは洗い切れていない部分があるからです。実際に初めて雑巾で掃除したときは汚れていました。それ以降は、毎日磨くので汚れを感じなくなりますよ。

ブラシでは、どうしても行き届かない部分がありますが、手であれば、隅々までしっかりと拭き上げることができます。

 

■拭き掃除にハッカ油を使ってみる

画像:八田和子

筆者の場合、ただ水拭きをするのではなくて、ハッカ油を使っています。

バケツに水をはってハッカ油を2、3滴たらし、そこで雑巾をゆすいでから使用します。すると香りも爽やか。清涼感たっぷり。

ハッカ油の香りは、虫が嫌うそうです。あのゴキブリも寄ってこないそうですよ。

 

■毎日のトイレ掃除で運気UP!

画像:八田和子

トイレ掃除は金運など全体の運気をアップさせてくれます。実際に成功されている経営者さんの中には、自らトイレ掃除を毎日行っている方も多いようです。

筆者の場合、トイレ掃除は基本的に夜に行っています。ただ、仕事がお休みの時は、朝と夜の2回掃除しています。

筆者も、このようにキレイなトイレを維持するようになってから、良い仕事のお話が舞い込んでくるようになりました。それに、なんといってもキレイなトイレは気持ちが良いですよね。

 

いかがでしたか? 少し勇気がいるかもしれませんが、ブラシで掃除をしていたときよりも、素手ですみずみまで磨いた方が、トイレの扉を開けた瞬間のスッキリ感が全然違いますよ。

それに、ブラシで掃除していた時よりも、便器が汚れにくくなった気がします。ぜひ、挑戦してみてください。

 

【画像】

※ 八田和子

Recommend今あなたにおすすめ