CUCURU(ククル) > グルメ > SNSで話題!セリアのアイテムで簡単に作れる「柄付きオムライス」がかわいい

SNSで話題!セリアのアイテムで簡単に作れる「柄付きオムライス」がかわいい

画像:藤波久仁子

今SNSで話題の“柄付きオムライス”。「作ってみたいけど、ちょっとめんどくさそう……」「難しそう……」と思っているあなたに朗報!

100円ショップにあるグッズを使えば、とっても簡単にかわいらしいオムライスを作ることができるんですよ。

そこで今回は、セリアの『わくわくオムライス 柄付きオムライスメーカー』を使って、おしゃれなオムライスを簡単に作る方法をご紹介します。

また、薄焼き卵をキレイに焼くための“お助けアイテム”も一緒にご紹介しますよ。

■『柄付きオムライスメーカー』で簡単 薄焼き卵!

画像:藤波久仁子

セリアで販売されている、『わくわくオムライス 柄付きオムライスメーカー』。

白と黄色の容器が入っており、これを使って白身と黄身を分けることができます。また、花・ハート・星の型も入っており、これを使ってオムライスに柄をつけていきます。

画像:藤波久仁子

卵を2個とボウルを一つ、そしてこの柄付きオムライスメーカーを用意します。それでは作っていきましょう!

(1)卵を、柄付きオムライスメーカーとボウルに1個ずつ割り入れます。

画像:藤波久仁子

(2)柄付きオムライスメーカーで白身と黄身を分け、黄身の方だけをボウル移します。

ボウルには卵1個+黄身1個分が入っており、柄付きオムライスメーカーには白身1個分が入っている状態です。

画像:藤波久仁子

(3)それぞれの器に入った卵をよくかき混ぜます。白身を切るように混ぜるのがポイントですよ。

画像:藤波久仁子

混ぜ終わったらこのまま焼いてもよいのですが、キレイな薄焼き卵を焼くために、ここでひと手間。

卵の白身には、“カラザ”と呼ばれる白いひも状のものが混じっていることが。爪楊枝などで取り除いておきましょう。特にボウル(黄身が入っている方)のカラザは、キレイな薄焼き卵に仕上げたいときは取り除いておくことをおすすめします。

さらに、カラザを取り除いた卵を茶漉しでこします。

画像:藤波久仁子

茶漉しでこしていないものと、こしたものを、それぞれ焼いてみました。

画像:藤波久仁子

茶漉しでこしていないものが写真左、茶漉しでこしたものが写真右です。比べてみるとその差は一目瞭然ですね!

(4)卵の準備ができたら、弱火のフライパンにうすく油をひき、薄焼き卵を焼きましょう。

卵が焼けたら、平らなところに移して型で抜きましょう。今回は花型を使いました。

画像:藤波久仁子

(5)弱火のフライパンに(4)の薄焼き卵を戻し、抜いたところに白身を流し入れます。

画像:藤波久仁子

(6)透明の白身が白くなったらできあがり!

画像:藤波久仁子

 

■オムライス弁当に!

画像:藤波久仁子

筆者は今回、柄付きの薄焼き卵を使って“オムライス弁当”にしてみました。

画像:藤波久仁子

また、薄焼き卵を作る工程の(4)で、花型に抜いた卵が余ると思います。

そんなときは、他の料理の飾りとして使ってみましょう!

 

◼️お家にある抜き型も使える

画像:藤波久仁子

画像:藤波久仁子

『柄付きオムライスメーカー』に付属の抜き型以外にも、自宅にある抜き型で柄を付けてももちろんOK。

お気に入りの抜き型で自由にアレンジしてみてくださいね。

 

いかがですか?

食べるのがもったいないくらいにかわいらしい柄付きオムライス。ぜひみなさんも作ってみてくださいね。

【おすすめ記事】

名古屋の「食パンがおいしいお店」9選

「天使のエビ」のパスタが大人気!

名古屋限定「たませんクレープ」とは!?

「花粉症の仕組みと対策」とは?(Sponsored)

【画像】
※藤波久仁子

※ 記事の情報は公開日時点のものです。