CUCURU(ククル) > 美容・健康 > 実はまだまだ使える!「少し残ったリップグロス」を最後まで使い切る小ワザ

実はまだまだ使える!「少し残ったリップグロス」を最後まで使い切る小ワザ

画像:野村純子

まだ残っているのに隅の方までなかなかすくえない……チップ式のリップグロスによくありがちですよね。少し残っているけど、諦めて新調していませんか?

そこで今回は、リップグロスを無駄なく最後まで使い切る方法を、美容ライターの野村純子さんがお伝えします。

■なぜ隅っこまですくえないの!?

画像:野村純子

キャップは大半がスクリュー式になっており、チップの先を容器の底に近づけるには、フタを閉める必要があります。

一番下に到着するころには、チップは身動きが取れず、隅までかき出すことができないのです。

とろみの少ないものは容器を傾け、チップが届くところまで中身がじわ~っと流れてくるのを待つこともできるかもしれませんが、ぽってりとした硬めのグロスは傾けても下りてきません。

画像:野村純子

柄の長いリップブラシやメイクチップなら届くかというと、入口が狭すぎて侵入できず……。

 

■まずはココをチェック!

画像:野村純子

お手持ちのコスメ容器をよく見てみましょう。中ブタが外れるものが意外に多いのです。たっぷりすくって適量に“しごく”役割もあるのですが、これを外すとチップの可動域が広がります。

画像:野村純子

中ブタを外したままでも、スクリューキャップは開閉できるのでご安心を!

 

■それでもとりづらくなった時は

画像:野村純子

先端が“耳かき型”になっている綿棒なら、すくいやすいし、汚れたら取り換えて衛生的。

画像:野村純子

先ほどは中に入らなかったリップブラシも、中ブタを取り外したことで使えるかもしれませんね。

 

■リップスティックの場合は?

画像:野村純子

「これ以上繰り出すことができない」ところまで使っても、まだ容器には中身が残っています。そのままでは塗ることができなくなった中身を掘り出してみたところ、深さ1センチ分ほど出てきました。

画像:野村純子

メーカーにより容器の特徴が違うとは思いますが、爪楊枝を挿してみるとまだまだ奥行きがありそうです。リップブラシや耳かき綿棒を使えば、あと2週間は使えるでしょう。

 

いかがですか?

リップグロスに限らず、同タイプのアイカラーやコンシーラーでも同じです。お気に入りのカラーだったら、なおさら諦めずに使い切りたいですね。

【おすすめ記事】

あの『ミールカフェ』が移転OPEN!

大須で見つけた!絶品肉グルメ18選

八百屋さんの大人気フルーツサンド

「花粉症の仕組みと対策」とは?(AD)

【画像】
※ 野村純子

※ 記事の情報は公開日時点のものです。