CUCURU(ククル) > ライフスタイル > チリでは女の子が足を組むのは「いいね!」!? 国が違えば価値観も違う

チリでは女の子が足を組むのは「いいね!」!? 国が違えば価値観も違う

出典: It Mama(イットママ)

南米のチリは、さすがラテンの国ということもあり、子どもは小さい頃から自己表現力が強い子が多い気がします。国が違えば求められるものも違うことを感じます。

そう語る鰐部さん、今回はチリで娘さんたちを育てながら女の子について感じたことを漫画でご紹介いただきます。

出典: It Mama(イットママ)

出典: It Mama(イットママ)

出典: It Mama(イットママ)

出典: It Mama(イットママ)

出典: It Mama(イットママ)

出典: It Mama(イットママ)

国が違えば社会から求められることも違う。日本とチリは地球の反対側で考え方が全然違う時に驚かされることもあるけれど、何が正しくて何が間違っているかではなく、ただ育った環境の違いでそれぞれの人たちの考え方が違うだけ。

2020年には日本でオリンピックも開催され、これからもっと国際交流が進んで行くと、色々な価値観の外国人もたくさんいる中で子ども達も育って大きくなっていくでしょう。

どこの国であれ、違いを受け入れて尊重できるような大人に成長していくと素敵だなぁと思います。

 

【イラスト・画像】
※ 著者、Kamira / Shutterstock