CUCURU(ククル) > グルメ > ヘルシーでかわいい!名古屋・昭和区『ベジデコサラダ(R)ラボ』の野菜ケーキ

ヘルシーでかわいい!名古屋・昭和区『ベジデコサラダ(R)ラボ』の野菜ケーキ

ベジデコサラダラボ【名古屋・昭和区】

画像:夏目佳代

「スイーツ大好き!いっぱい食べたいけど、健康面が気になる」という方や、「普段から野菜をたくさん摂りたいと思っているけれど、なかなかたくさんは食べられない」という方にぴったりの、今までにない新しいサラダ『ベジデコサラダ(R)』をご存知ですか?

見た目はとってもかわいいデコレーションケーキですが、素材は野菜。美と健康を考えられたサラダなんです。

そんなベジデコサラダ(R)のお店、名古屋市昭和区の『ベジデコサラダ(R)ラボ』をご紹介します。

■野菜本来の色合いだけで作られるデコレーション

画像:夏目佳代

『ベジデコサラダ(R)』(15cmホール6,048円)は、とてもカラフルで、見ただけでテンションが上がってしまいます。

見た目はケーキそのものですが、カットしてびっくり! カラフルな野菜がきれいに層になっています。これらの色は、すべて野菜本来のナチュラルな色合いだけで作られているんですよ。

例えば、『紅芯大根』や『紅くるり』というピンク色の大根や、紫いもやビーツなどが使われています。クリームに見えるのは、豆腐のクリームに、野菜を使って色を付けています。

小麦粉と砂糖を使わずに、野菜や豆腐、ごまやカカオニブなどを使って栄養面にもこだわって作られているんです。

画像:夏目佳代「ベジデコサラダ(R)プティ」

『ベジデコサラダ(R)』はホールのみでなく、カットでも購入できます。野菜は旬のものを使っているので、その時によって変わってきますが、筆者が訪れたときには、大豆粉で作ったスポンジに、ビーツ、紫キャベツ、玉ねぎのムース、紫芋の豆腐クリームがきれいな層になった『ベジデコサラダ(R)プティ』(648円)などが販売されていました。

 

■腸活の手助けにぴったり

画像:夏目佳代「さくらスフレ」

画像:夏目佳代「花見通サンド」

『ベジデコサラダ(R)』を考案された森安美月さんは、ご自身が胃腸が弱く、また、ご家族の体調不良などから、小麦を2週間食べずに試してみたところ、体調が良くなったと感じたそうです。また、周りにも小麦が合わない人が多いことから、グルテンフリー、ノンシュガーのメニューを考案しました。

なので、店内には、大豆粉で作ったスフレや古代米を使ったお米パンなども。

スフレは季節限定の『さくらスフレ』や『ほうれん草スフレ』、『ニンジン&パプリカスフレ』、『ハニースフレ』など種類も豊富。古代米のお米パンは、サンドイッチとしても販売されています。

砂糖を入れずに炊いたあずきと抹茶の生クリームを使ったサンドは、お店のある通りから名付けられた『花見通サンド』(270円)。他にも『ひよこ豆ベジカレーサンド』(324円)などがあります。

画像:夏目佳代「ごろごろ野菜のキッシュ」

ベジデコサラダラボ【名古屋・昭和区】

画像:夏目佳代「さつまいもタルト」

小麦を使わないグルテンフリー、ノンシュガーの製品は、他にも、米粉のタルト生地を使った『ごろごろ野菜のキッシュ』(378円)や『さつまいもタルト」(486円)などもありましたよ。

 

■ベジデコサラダ(R)を作れる教室も

画像:夏目佳代

画像:夏目佳代

そんな『ベジデコサラダ(R)』が購入できるのは、地下鉄川名駅から徒歩5分、昭和区花見通にある『ベジデコサラダ(R)ラボ』。ピンクのかわいい外観が目印です。

オープンは金・土・日のテイクアウト専門店ですが、店内にはキッチンスタジオもあり、月に一度、『ベジデコサラダ(R)』の作り方が学べる教室も開催されています。10cmホールの『ベジデコサラダ(R)』をお持ち帰りできますよ。

 

画像:夏目佳代

美と健康を追求しただけでなく、見た目もかわいくて楽しくなってしまう『ベジデコサラダ(R)』をぜひ、体験してみてくださいね。ホールケーキは予約することをおすすめします。

<店舗情報>
ベジデコサラダ(R)ラボ
住所:名古屋市昭和区花見通1丁目96
電話:052―753―7775
営業日:金・土・日
営業時間:11:00~18:00
定休日:月~木
駐車場:有り(2台)

【おすすめ記事】

フルーツ屋さんのお得な果物モーニング!

名古屋パルコに宝石のようなスイーツ店OPEN

専門店でいただくムレスナティー。

懐かしおやつ「五平餅&芋けんぴ」レシピ(PR)

【画像】
※ 夏目佳代

※この記事は2019年3月時点の情報です。